上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
(2006/06)
乙一

商品詳細を見る


あーい久々の読書日記です。
乙一です。

実はこれ、小池徹平さんの映画を見る前に予習で『傷』を読むために買いまして…
で、最初『傷』だけ読んで、「ああ、乙一こんなもんか」と思って放置してたんですが、売っちゃおうと思って全部読んでみたら、『傷』以外ほとんど面白かった!(笑)

なんだ、乙一けっこういいじゃん!と思いましたよ。(何様)
一番渾身の作!ってかんじなのは、『マリアの指』。印象も一番強いんじゃないかな。
他の作品に比べて全体に暗くて淡々と進む話だけれど、その中で、主人公の少年の変態っぷりが異臭を放つかのようです(笑)
殺されたマリアよりも、殺人の容疑者たちよりも、真犯人よりも、主人公が一番変!だと私思うんですが!
でも彼の変態っぽさがなかったらきっともっとつまんない話だったと思うんだ。これは乙一、乗り移ったかな?

でも私が個人的に好きなのは『手を握る泥棒の話』『ウソカノ』だったりして……
乙一さん、「泣かせ」で有名らしいですが、泣かせない作品の方が話もしっかり組み立てられててすっきりまとまってるような気がするんだけど……
『ウソカノ』は微妙に泣けるかもだけど(笑) 人が死ぬとか奇跡が起こるとかの話より、よっぽど『ウソカノ』いい話だと思うよ、まじでまじで……

ところでなんで『傷』がだめだったのかと言いますと……
人の傷を自分に移して癒すって、やっちゃいけないことだと思うんですよ、私は。そのへんに主人公たちが気付かないまま話が終わっちゃってるのが、どうにも腑に落ちなかった。
この子供たちはこれからちゃんとした道を歩いていけるのか、それが見えないまま作者は彼らを生み出しといて放り出していいの?ってさ。
スポンサーサイト
おうちの前で、きちんと赤い紐につながれて番をしている、賢そうな猫ちゃん発見……!
(ノд<;)・・・かわいい・・・っ





・・・寄ってみました。
__ISO-2022-JP_B_GyRCMmhBfBsoQi0wMDk5LmpwZw____.jpg

なんてもっちりしたおみ足!!


さらに違う角度から
__ISO-2022-JP_B_GyRCMmhBfBsoQi0wMTAxLmpwZw____.jpg


・・・毎回カメラ目線くれるんですが・・・!


なんという天性のアイドルですか。
すっかりカメ小にされてしまいました。

1人スーツ姿で、
「かわいい~」「い~ね~」「いい目線だ…」
などと撮影会やってましたよ。

人様のお家の猫ちゃん勝手に載せちゃって大丈夫かな;;
いいよね? ぬこだし…
かわいいし・・・
FC2企画に初投稿です。

見たこと、あるある。ホタル。
捕まえたこともありますよ。
もう、ついつい反応してしまったよ。

3歳の頃から小学校1年生まで、父の転勤で4年間だけ奈良にいたことがあります。
その間、夏には毎年近所の子たちも一緒に少し車で走ったところにある田んぼに連れてってもらって、ホタルを見たんですよ。

野生でホタルがあんなにいっぱい生息してるところ、そんなに無いんじゃないかな?
もう、ウヨウヨいるのよ。(笑)


公営の自然公園みたいなところで、養殖ホタルを夏に見せてくれるところとかあるけど、あんなにダマになって滅茶苦茶いるのとはちょっと違う。
気がつくとあっちからもこっちからも出てくる、みたいな。


私が1年生になったとき、ある日小学校で、「虫を捕まえて持ってきてください」というワイルドな宿題が出まして。

考えると、今はそんな宿題出せない環境の小学校も多いだろうね。虫つかまえられるところなんて、周りになかったりするのかも。

うちの親はそういうのとってもはりきっちゃうタイプなので、そのホタルの田んぼに連れてってくれて捕ってきたんですよ。もう腐るほどいるからさ(笑)のろいから捕まえんの簡単だし。

大量のホタルを虫かごに入れて帰ってきたその夜、電気を消してもう寝るという時に、部屋の中を漂う黄色い光。

ホタル逃亡事件。
虫かごの隙間から数匹出てきちゃったらしく、暗い中家族みんなでわーきゃー言いながらふわふわ飛んでくホタルを追いかけました(笑)

翌日張り切って持っていったのですが、
・・・・・・知ってます? 昼間の光らないホタル。
ただの黒い虫なんですよ・・・・・・

誰もホタルだと信じてくれませんでした ><。
先生もすごく若い女性だったのでわかんなかったようです。可哀想な幼き日の私(笑)。



でも、それも今はいい思い出です。
というのも、その田んぼは、翌年に高速道路が通ってもう無くなってしまったんです。
あの場所がもうないと思うとさみしいものがあります。
もっと自分の住んでいた、普段遊んでいた場所なんかも、今行ったらずいぶん様変わりしているんだろうな……。


今、兄が、千葉の東金で農業をやってますが、そこには野生のホタルがいるそうです。
やっぱり人ってそういうふうに帰っていくものなのかな??なんて思ったりして……


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当浜地です。
今日のテーマは、「ホタルって見たことありますか?」です。

皆さんホタルって見たことありますか??
都会に住んでいる人たちはなかなか見る機会が
ないんじゃないでしょうか。

先日FC2スタッフが実家に帰っていた時に撮った
ホタルの写真を見せてもらったんですが、

すごくきれいでビックリしました!^-^
実はわたし...
第513回「ホタルって見たことありますか?」

知っている人は本当に今さらながら、ウエンツ瑛士さんが、ファンクラブ会員になってしまうほど好きなわたくしです。最近行われたWaTのツアーも、日比谷野音ファイナルに行ってきたりしました。

そんな中で昨日、今日アップされたウエンツ瑛士さんのブログに、なんともいえない酸っぱいものがこみ上げてくるというか……どうしても自分の状況に重ねてしまって、たまらない気持ちになってしまったんですよ。

ウエンツ瑛士ブログ

以下、転載


2008.06.14

~(略)~

ツアーをやれた事、非常に感謝してます。来られた方、残念ながら来られなかった方、皆さんありがとうございました!
~(略)~
今回のツアー、はっきり言って上手くいかなかったと思ってます。
楽しいモノに出来なかったと思ってます。

そんな気持ちの中、『みんなのおかげで最高に盛り上がったー』、『またやりたいですー』なんて安易に書けませんでした。
満足してると思われたくもなかったですし。

ただ、感謝してる気持ちはあったのでそれだけはすぐに書くべきだったと反省しております。

~(以下略)~

2008.06.15

すみませんでした。

色々な書き込みありがとうございます。全部読ませていただきました。
~(略)~
そんな中、今回の書き込みの内容で多くの方を不快な気持ちにさせてしまって申し訳ありませんでした。

自分の中で処理するべき事、皆さんに伝えるべき事がしっかり見えてなかったように思います。
~(略)~
決して楽しくなかったり、面白くなかったりした訳じゃなく『自分の中での合格点になかなか辿り着けなく、すごく悔しかった』
~(略)~
合格点にならなかった事や上手くいかない部分があった事も全部、100%出し切った上での自分の今の実力だと痛感しています。

これからも二人力を合わせて、日々精進していきたいと思います。




以上、ブログより抜粋。

全部載せるのは問題かと思ってちょこちょこ略したけどあんま意味なかったかな…;ほとんどのっけた気がする…
あんまり人の言ったこととか書いたこと編集するの好きじゃないんだ、誤解が生じるから…
でもURLだけ載せてると、このブログしばらくすると消えるからさ;;



しかしまあ、アイドルにしておくには正直すぎる彼だと思います。

実は、私もライブに参加して、本当に楽しかったんだけれど、正直なところ「もっとやれると思ってた」っていう気持ちもあった。
過去のライブDVDを見て、すごいスピードで成長してきた2人を見てきて、今だったらもっと、音楽的にも成長している姿を見られることを期待していて。
もちろん、まだまだアーティストというレベルを期待すべきではないのはわかっていたんですけど…(将来的には確実に期待しているんですけどね、アーティストとして)

だから、彼がまだ満足していないと知って、「ああ、モチベーション落ちたわけじゃないんだ」「やっぱり誠実に頑張ろうとしている人なんだ」ってわかって、逆に安心したんですよね。


でも、ファンにとっては聞きたくない言葉だったっていう部分もあるんじゃないかと心配したし、心配どおりのコメントも寄せられていた。
これがロックバンドのメンバーのブログだったらもうちょっと違う反応だったかもしれないと思うけど。


しかしね、これ、なんというか、わかるんだよ。
「楽しいライブでした、でもまだ満足はしてません」とか、そういう言葉で言ってしまったら、本当の気持ちじゃないんだよね。
自分の気持ちを吐露したくなってしまったのは、弱さかもしれないけれど、そのくらい人間味があるほうがいい。だってまだ22の若者ですよ。

よく「芸能人なんてテレビで見せてるのと裏での姿は違う」とか、「本当はどういう人間かわからない」と言う人もいるけれど、
やっぱり私、「本気じゃない人」は振る舞いや表現にどっか「本気じゃなさ」が表れるし、「本気でやってる人」は、それがちゃんと本人が気付かないところでも表れるもんだと思うんだ。

その上で私は「本気の人」を応援するのが好き。その人に、才能のあるか否かは、そんなに問題じゃない。本物の「本気」以上の才能なんてない。


私の言う「本気」の意味は、わからない人にはわからない言葉だと思うけれど。


WaTはいつも「本気」だけれど、「本気で音楽と向き合う」というよりは、「本気で音楽を追いかけている」状況なんだと思う。なかなかたどり着けなくてもどかしいだろう。
そのうえ、アイドルとして、タレントとして、いろんな制限もあるだろう。操り人形にならないように必死なのかもしれない。


成功者に見えるけれど、きっとまだまだもどかしい状況で、確実なものも少ないと思う。
そういうところが、他のアイドルやアーティストと違うところで、魅力のひとつでもあると思う。


やっぱり私は、錯覚しているのかもしれない。
同い年の彼らに、自分のうまくいかない状況を重ねてしまうのかもしれない。

やりたいことは見えているのに、そのための努力だけをしたいのに、たくさんの他の大切なことがあって、それらを捨てるわけにはいかない。
本当にやるべきことは、今やっているこれじゃないんじゃないか、という気持ちがいつもある。
それでもなんとか、精一杯希望を保っているんだ。

私の今のこの状況は、彼らと同じなんじゃないかと。
だから、「大丈夫だよ、君らはちゃんとやってるよ!」っていう言葉は、自分に向けての言葉でもあるんだ。


将来っていつ?
何歳までに達成できるの?
不安は正直いっぱいあるけれど、でも、自分の仕事が何か、自分がどっから呼ばれているのかはわかっているから、なんとか貫ける。


「大丈夫大丈夫、もうすぐきっと、全部うまく回るときがくる」
そうやってWaTを応援しながら、今日も自分を励ましている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。