上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文芸部で企画的に制作した、「自分」をテーマにした本『セルフポートレイト』にて、『エピキュリアン』というタイトルで寄稿した3詩です。




友だち


彼女は愛せない人なので
ここで私は口をとがらせるしかない
透明の玄関で小さなバリアを張りながらおそるおそる床を踏み
来る前とそこが何も変わらないまま後にするよう気を払い
愛する気など毛頭ない
こんなにも愛さないよう気を払いお邪魔する

彼女はクッキーと麦茶を出してくれる
出来合いのものばかり出してくれる
私はありがとうといい食べる





反快楽主義


それはなんとなく見ているそのことだけでそこで
(ちっさくて太った方の男がやせてのっぽの方の男の頭を撃ちぬいた)
そんなつもりでは私はなかったのにそれでは
それがあっけなく終え見えるそれだけではなくそういう
私に重いのが ぱんっと きて死ぬのを見る


わたしはわたしの頬をうつぱんっとくるようにして
ぱんっとうつと
しかし胸にぱんっではないなんかとってもすっきりいいきもち わたしの
頬に
ぱんっと
腕に
ぱんっと 手の甲、膝 ぱんっと
ぱんっと
ぱんっと 太もも、
ふくらはぎ やっぱり頬、
ぱんっと
ぱんっと
そこらはしだい膨らんで 膨らんで破裂するすっきりとなる


自分を先生と呼ぶあの男の話をすると、
彼は女生徒を前に呼び、怒鳴るのは、ぱんっと言っているのだ
何度も何度もぱんっとくり返して彼はどんどん膨らんでいく
そして女生徒の泣き声とともに、破裂するすっきりとなる
(彼はそれを正義と呼ぶ)
彼の正義のせいで女生徒は汚れくしゃくしゃになって教室の隅人形みたいに転がって
そんな女生徒がつみ重なるので、部屋の空気が悪くてしょうがない

私は、ああ、いい気持ちと言ってしまわないよう
気をつけておこうと思う
ぱんっとなるのは気持ちいいことではないよ
気持ち悪いことよ、と


あなたの好きな人がぱんっとされたらいやでしょう、どう思いますか
いやでしょうか
あなたの好きな人がぱんっとされるのを想像しないように
彼らだってそれを知らなければよかったのです





白い家


父さんはまじめにコツコツでやさしいです
母さんは日曜に教会へ行きます
兄さんは汗を流して働いています
私はそれを馬鹿にします

私の家はオレンジの屋根と茶色のモルタルと中は白です
とても白くて眩しく私はドライアイで
お父さんもお母さんも白くて、朝まで寝ずに赤っぽくなった私に対してはきっとまだ慣れないでしょう

私は家の中では特別な服を着特別なものを食べ特別な言葉をしゃべるようこころがけています
わたしはいつか真っ赤になることを夢見ています

父さんはまじめにコツコツでやさしく、
母さんは日曜に教会へ行き、
兄さんは汗を流して働き、
私はそれが羨ましくてたまらない
私はいつか真っ白になることを夢見ています

スポンサーサイト
そろそろ書かないと忘れるので(笑)

サマソニ08、東京1日目に参戦してまいりましたので、レポりたいと思います。


会場到着がちょうど9時ごろ。9時じゃ遅いんですかね…!?
Perfumeファンの人の多くはもっと早くから並んだりして頑張ったらしいです。
でも無事フェス限定のPerfumeグッズ(キャップとTシャツ)ゲットできました。帽子好きの私にはたまりません。普段からかぶって歩きますw

しかしグッズ売り場わかりにくくて探しまくって汗かいた上に、売り場に並ぶ列もハンパない;;
オープニング・アクトでDANCE STAGEのTHE CHEF COOKS MEを見ようと思っていたのですが、結局グッズ買い終えたら11時近くなっていました……もうとっくに終わっとる;




で、ちょっと腹ごなしをして、11時ちょっと過ぎ頃、Perfumeの出るDANCE STAGEを覗いたところ…

え!?なんでこんなに人いんの?(゜ω゜;)

始まるの12時半で、真ん中辺りまで人が埋まってるって;
10時のオープニング・アクトの後は何もなかったはずなのに。

12時頃登場したMCの人がまず言ったことには・・・
「人が入りすぎて、今本当に危険な状況なので、絶対に押さないで」
だと・・・笑
いやいや、「本当に危険な状況」になる前に、入場規制ってかけるもんじゃないの?;;とか思いつつ。
その頃には真ん中辺にいる私のところまで全員スタンダップで詰め詰め状態。後ろなんてどうなってるのかさっぱりわからない。
でもこのまま自分の位置でみんな飛び跳ねたりしてれば、なんとかなるかな……と思いましたが、

そんなことあるわけないですよね・・・

ライブはモッシュしてなんぼだと思ってる人もいるんでしょうけど……まあ、そういう人はいつも前の方で騒いでる分にはそんなに問題ないと思いますが、将棋倒しが前から後ろまで続く危険性さえありそうなこの状況でそれは無理ってもんだって;

でもまあ、あちこちで小さい将棋倒しが起こった程度で、大きな怪我人も出ずに済んだみたいです。気分が悪くなっちゃった人はいたみたいだけど、周りの人がちゃんと助けてあげたみたいでよかった;
どうやらあまりに危険なので1曲カットになったらしいけど。
今回ばかりはモッシュした人が悪いというより、最初に人入れすぎたミスではないかなあ;

・・・まあサマソニの運営は甘いので有名らしく、全然改善されないとの話なので、運営に苦情言うより自分がかしこくなる方が得策だと上級者の方に言われました。
たぶんそのとおりなんだろね;w 来年も参戦できたらもっとかしこく立ち回ろうw

そんなわけでPerfumeはチラっと見えた瞬間が何度かあった程度・・・まあ音に乗ってひたすらぐちゃぐちゃに飛び跳ねるのもいい経験・・・?w終わった頃には体中、靴の中まで汗でびっしょびしょでした。ホント死ぬかとおもた・・・・・・

あ~ちゃんが「撮影は禁止ですからね!」とキッパリ言い放ったかっこよさと、のっちが「周りの人敵じゃないですからね!仲間ですからね!」と呼びかけたピュアさに感激したのは収穫のひとつかな?


で、そのあとのDANCE STAGEのYELLも見ようと思ってたんですが、もうDANCE STAGEに居続けることさえ辛いかんじだったのでRiver Side Gardenに退却。




River Side Gardenはキャンプ村に隣接して、海が見えるスポットに作られた小さな野外ステージ。
ここが隠れ家的で超ステキ。
野外だけど海風が吹いてけっこう涼しいし、アンビエントとかナチュラル系の気持ちい音楽をやる日本人アーティストがいっぱい出てきて。しかもそれが意外なほどに超ハイレベルな演奏。
ほんと数える程度しか人集まってないのにw
近くの野外Barのおっさんがけっこういいかんじの人だったし、そこのからあげがめっちゃ美味。他にもモヒートが売ってるお店もあって、ミントとライムが涼しげで最高。
芝生の上なので、靴も脱いじゃってくつろいでました。

でもそこに着くまでがかなり迷って、13時の大橋トリオは最後の1曲くらいしか聴けなかった……;
とにかく会場の案内が少なくて、ほとんど簡略化された地図を頼りに歩かなきゃならない。しかも途中でスタッフの人に行き方聴いたら、「えーっと、どう行ったらいいんでしょうね???」みたいなwwwオイwww

で、結局疲れたので次のリトルキヨシトミニマム!gnk!が終わるまでそこでくつろぎました。
ちなみに1日目はマイナーな名前が多かったけれど、2日目はキマグレンや二階堂和美なんかも出てたらしい。キマグレンのときはさすがにあそこももうちょっと人入ったかしら?




で、ちょっと回復してきたので髭(HiGE)を見にISLAND STAGEへ。

いやあ、髭、ウエンツ瑛士の映画の主題歌の人という認識しかなかったんですが(『キャプテントキオ』、映画は微妙?と思ったけど泉谷しげるとサントラがとてもいい)
いやあ、髭いいね!髭!
ライブで聴いてくると、めっちゃロックなのに、なんか胸に迫るものがあるくらい熱くてよかったですよ。


しかし正直Microも見てみたい。後ろ髪ひかれつつ退却・・・
BEACH STAGEに向かいました。

……BEACH STAGEもちょっと探しちゃったよ。会場に続く道への入り口にアーチがかけてあって、それ、すぐ側にあったんだけど、なんかオサレにロゴがいじってあって「BEACH STAGE」が読みにくいっつうの;企業ブースとかも多いので、埋もれちゃって、わかりにくい。




Microは、なんか、思ってたよりふつうでした(笑)
レゲエ好きにはたまらないのかもしれないけれど、堅実ないい演奏をしてる感じ?『おせん』の主題歌とか聴いて、もっとクレイジーなのを期待してしまってました;


で、今から行けばTHE KILLSがギリギリ見れるんじゃないかと思い立つ。
ホントだったらそのままMARINE STAGEへ向かうつもりだったんですけどね。KILLSはメッセ側だから遠いんですよ。

でもがんばって歩いてSONIC STAGEへ。よおし、KILLS最初から聴けるぞ、……と思ったら。

機材トラブルで遅れますって……

結構20分くらい待ったんですが、MARINE STAGEでのPanic at the discoの時間が迫っていたため、退散。




マリン側までバスで移動して、ちょっとISLAND STAGEのJOHNNY FOREIGNERを覗く。
女の子かわいいなあ。全体的にキャンキャンしてて盛り上がってかわいく楽しくクレイジーな感じでした。




で、MARINE STAGE、とうとうPanic at the discoです。今回Perfumeの次にお目当てにしてました。

最初後ろの方にいたんだけど、盛り上がり足りなくなってやっぱり前方へ移動。っていっても全体からしたらかなり後ろだと思いますが。
千葉マリンスタジアムはさすがにでかくて、ステージの上には大画面。そこに映るは、ブレンドン・ウーリーの美貌。(笑)

いやあ、全然Panic at the discoのビジュアルなんてノーマークでしたよ。MYSPACEで聴いてきただけだもん(笑)。ハンサムだねえ、あの人。びっくりしたわ。若干わたしの好きな動物ウエンツ瑛士くんに似てる感じがして、良かった(←なにがwww)

ライブもめちゃくちゃよかった~。なんていい曲を書くんだろうねー、あの人たち。ブレンドンの声もすごいけど、全員が歌えてハモリも素晴らしいあたり、はっぴいえんどやシュガーベイブのようなかっこよさを勝手に感じました。
最近日本にはあまりそういう形体のバンドないですね。あっても超マイナーだったりしてね。




そのあとまたメッセに戻り、骨付き肉とビールを地べたに座って食うという、原始人のような食事をしてから、THE FRATELLISを聴きました。
いいねえ、すっごい盛り上がる。超かっこよかったです。CDこんど借りてこよう。




で、FRATELLSのあとは、MOUNTAIN STAGEのSEX PISTOLSに走りました。

やべー!!やべー!!!あれは怪物だ!!!
やっぱ大御所の実力は伊達じゃなかったっすね。
ジョニー・ロットンとかめちゃくちゃ見た目変なオヤジなのに、かっこよすぎるだろ。圧倒的な迫力。正直、今回私の中ではベスト・パフォーマンスでした。
もうジョニー・ロットンが声出すだけで、あれだけでかいMOUNTAIN STAGEの会場の温度が一気にあがるっていうか。次から次へと、引き寄せられるように、前に出て行く人たちが私の横を通り抜けて行くのが面白かった。




でもPAUL WELLERもやっぱ見たかったので、後ろ髪惹かれつつSONIC STAGEへ。
やっぱりSEX PISTOLSの呪いが効きすぎててちょっと薄く感じてしまい、もったいなかったですが、超ダンディーでかっこよかったです。ビジュアルがもっと見たかった。かっこいいおっさんってちょっと鳥肌モノだよね。若造にはない人生の重みがダンディーすぎ。

そこで、今急いで行ったらまだ間に合うかもしれない、と、走ってバスに飛び乗り、MARINE STAGEへ。




THE PLODIGYです。
あれもやばい盛り上がりだった!もうみんなヒューヒュー、キャーキャー叫びまくり、踊りまくり。
シャウトの声が、なんかテンションあがりすぎるの。これも今度CD借りて(ry

2回目のアンコールがかかったけれど、さすがに2回は無いようで、盛大にマリンスタジアムの花火が打ちあがって終了。

で、もう係員のアナウンスも駅への道だとか帰る人用になってるところなのですが、私は人波を途中
からはずれて、またあのRiver Side Gardenへ。




実は、ナイトプログラム以外で一番遅くに開演するのは、リバー・サイドだったりして。もう全プログラム終了したあと、21時半からの、WHY SHEEP?

これがまた癒し系でよかった~。夜景とロウソクの灯りとオーガニックな雰囲気の演奏が、夢心地。
途中急にポリリズムの一部分がループしてスリリングなDJサウンドになっていったのもまたおもろかったです。
でもちょっと体が冷えてきたので、1時間くらいでその場を後にしました。




ほんとは深夜プログラムのpez'mokuもめっちゃ見たかったんだけど、それを見るとどう見積もっても終電逃すし、オールナイトで頑張るほど体力も気力も残っていなかったので、泣く泣く帰りました;
なんでpez'mokuが深夜なんだろうね??メインプログラムで全然イケルでしょう。やっぱ深夜の方にも目玉が必用だったのかな?


そんな感じで、まあタップリ楽しんできましたよ、サマソニ。
所々運営への不満がちりばめられておりますが、それ差し引いてもお腹いっぱいです。もうちょっとだけ頑張ればいいだけなのにね、サマソニ。

いつかライジングサンも行ってみたいなあ。日の出を見るのに憧れるなあ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。