上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月20日は凄まじい一日だった。

IDOL is DEAD

「偶像は死んだ」と読むか。
「アイドルは死者である」と読むか。

BiS念願の恵比寿リキッドルームワンマンは満員のうちに成功を遂げ、メンバー・ナカヤマユキコの今年いっぱいでの脱退が告げられた。

ライブは訳がわからないほどのスピードで終わってしまった。

何が魅力なのか、何がそんなにすごいのか、それさえもよく分からなくなりながらただ目が離せなくて、時間が経つのがものすごく早かった。

その深夜には、BiSのパフォーマンスが初めて地上波の音楽番組で放送されるという快挙を見た。
録画した番組を何度も見ているうちに、BiSという人たちがなぜこんなにも自分を惹きつけるのか、少しわかってきた。


新曲『primal.』のイントロとエンディングで、腕を開き、胸を張る振付がある。曲には微妙にあってないように見えるけれど、その瞬間がすごくぐっとくる。
体全部で自分自身を表現するかのように。思いを前に押し出すかのように。

ぐんとしゃがみこんで屈伸するところもいい。
ここに立っている、自分がいると確かめるように踏みしめる。

BiSのパフォーマンスは、「1人の人間としてここに存在している」と、主張するというよりは、自分自身で確認しているかのようだ。
だから、看過してはいけない、ただ可愛い女の子として消費してはいけないという気持ちにさせられる。


primal.のPVは傷跡メイクを接写し、口内にカメラが入り込む少々グロテスクなものだった。
映像作品になると、BiSはディープキス、全裸、口内と、過激な様相を呈してくる。
こういう作品から先に知って、その後ライブを見た人は、本人たちの意外な爽やかさ、気取らず可愛らしい様子に驚くことが多い。

BiSという人たちが表現していることを映像という形で端的に表そうとすると、生々しく強調するしかないのだろうと思う。
ただおしゃれな映像にしてしまったら、普通に可愛い「アイドル」になってしまう。


それだけ「女の子」という表象はイメージを付加されやすく、消費されやすいものなんだと思う。

「自分たちは、消費することがためらわれる“生身の人間”なんだ」、と示す。
映像にしてもライブパフォーマンスにしても、BiSの表現の根本は、そこに集約されるのではないだろうか。


一方でとても怖いことがある。
生身の人間である、という表現を目の当たりにして、そこで怯む感受性が見る側にあるうちはいい。
しかしその表現方法は、「生身の女の子」を消費できると錯覚させる仕組みにもなりかねない。

一度感覚が麻痺してしまえば、「アイドル」というペルソナ、可愛さや「女の子」に特化したキャラクターを消費するよりも、実在する「生身の女の子」を消費する方が面白いと思う者も多いだろう。

その「生身の女の子」というのも、「全てをさらけ出している」という付加イメージから来るひとつのペルソナにすぎないと思うのだけれど。


BiSという人たちは、けして生身の自分たちの姿を公然に晒しているわけではない。
ただ「生身の人間がここに存在している」というメッセージを発しているだけだ。
この違いは微妙だけれど大きい。

『primal.』のPVを見たら、メンバー1人1人の生があり、歴史があり、思いがあり、その全てはファンどころか実生活で出会う友人や仕事仲間、家族でさえもきっと知り得ないのだという気がした。
そう思うとカメラを見つめるプー・ルイの視線も、なんだか中森明菜の『少女A』や『1/2の神話』を思い出したりする。だれも本当の私を知らない、だれも私をわかってくれなどしない、とか。


アイドルでもなんでもない、ただの女として現代に生きているというだけでも、「女の子」として消費されることはたびたびある。
「女の子」として消費されること、それじたいも、BiSメンバーたちの生身の日常に含まれている。
だからこそ、プライベートな日常の自分にまで侵入してこようとする暴力的な視線に、BiSとして活動していく覚悟や、「プロ意識」ゆえに、応えてしまうこともあるかもしれない。

本人たちも、「生身の人間として表現すること」と「生身の自分を消費の目線に晒す」ことの境界を危なげに綱渡りしているような状況なのではないだろうか。


ユケ(ナカヤマユキコ)はその綱渡りから降りることを選択した。
その選択が間違いや逃げだなんて、誰にも言うことはできない。
ともすれば暴力的な視線にさらされ、すり減らされる危険をともなう場所に、居続けろと言う権利は誰にもない。


だけれど、BiSという場所は、消費されることを否定する人間にとって危険な場所であると同時に、生存のための場所にもなりうる。

あんなに可愛らしいあの人たちが、危険と隣り合わせでなければ自分自身の存在を叫べない、生存場所を確保できないなんて、歪んだ世の中だ。『primal.』のジャケ写、アー写は、満身創痍のBiSだ。


けれど残された3人は、新生アイドル研究会BiSであり続けることを選んだ。
「自分たちはここにいる」と、叫び続けることを。
「靴ずれした両足でここに立ってたいんだ」と。

これから先、BiSが放つメッセージ、その存在から、けして目をそらすことはできない。

スポンサーサイト

JPN(通常盤)JPN(通常盤)
(2011/11/30)
Perfume

商品詳細を見る


JPNってもちろんPerfumeのニューアルバムJPNですよ!

いろいろ一生懸命このアルバムに込められたものを読み取ろうとしてきたんですが、結論からいっちゃうと、
「約束」と「決別」、そして新たな「始まり」の1枚だな、と思いました。



1.〈OPENING〉でひっそりと、しかし何かが始まる予感を秘めた幕開け。
2.〈レーザービーム〉、3.〈GLITTER〉でアルバムミックスを畳み掛ける流れは、まさにフロアでDJプレイしているイメージ。Perfume Nightが始まった!と感じさせる。
レーザービームが、シングルの時のクールなイメージから、かなり微妙なベース音の変化によって軽快でユーモラスにイメチェンしているのも耳を引きつける。

4.〈ナチュラルに恋して〉では一気に日常の雰囲気になるんだけれど、フェードアウトで終わるGLITTERからフェードインで始まるナチュ恋へと、日常へシフトしていく感じがまた秀逸。

しかし、Perfume Nightの始まりを告げるかのようなオープニング3曲のために、日常を描いていてもどこか、ショーの一部、虚構の日常のようにも思えてくる。
その感覚は5.〈MY COLOR〉が、歌詞は日常のひとコマを描きながら音楽はこれまでのPerfume楽曲の中でも特に踊りやすい、直球の4つ打ちとノリやすいメロディーの繰り返しで構成されていることからも強まっていく。

この、ポップで歌いやすく大衆向けっぽくもありつつ、「踊れる曲」でディスコな雰囲気も持つ、という特徴は、他の新曲11.〈心のスポーツ〉12.〈Have a Stroll〉にも共通している。

Have a Strollってなんか、すごく典型的な何かをなぞってますよね?
詳しい人知識ください…
なんかcymbalsのカバーかなと思ったのですよ。
なんというかこのアルバムは、直球が逆に変化球になってるみたいな感じが多々ありますね。

11.より前には変則的なリズムだったりおとなしめだったりと、あまり踊り向きでない感じの曲がだーっと挟まっているし、13.〈不自然なガール〉ではスクラッチのようなアレンジが入っていて、冒頭でイメージしたフロアの世界に、最後にまた戻ってきたように感じさせる。



さてここからは、さらに歌詞の世界に踏み込んでみたい。

やはり問題作は6.〈時の針〉。

今までのPefumeでは考えられないような、シンプルなアレンジ、ほぼ加工の無いソロボーカル。
どっぷりなファンでない人だったら、もしかして初めてここではっきり3人の歌声を知るかも。

この時の針、歌詞はなんだかウェディングソングのような雰囲気だ。
しかしインタビューなどを読むと3人はあまりこの歌に関して「結婚」という意識はないようで、もしかしたら、別の解釈が話し合われていて、それをあえて言わないのかも、と勘繰ったりしてしまう。

ウェディングといえば、思い出す光景がある。
2010年11月東京ドームライブのオープニング、純白の衣装に身を包んだ3人がそれぞれ別々の花道から中央のステージに集まってくる、「GISHIKI」だ。

あの日ふたりで交わした誓いを胸の中に
大切に守り続けよう 時の針がまわっても


あのGISHIKIは、Perfumeとファンの間で交わされた何らかの誓いだったかもしれない。
同じニュアンスはGLITTERの歌詞にも登場する。

キラキラの夢の中で
僕たちは約束をしたね


しかし、約束は「夢の中で」、どこか儚い。
時の針では、

ふと思い出す景色のように
永遠になれたらいいな このまま


「永遠」は、すでに過去の景色。

それは、「永遠性を持つ一瞬」なのだと思う。
あの日Perfumeとファンが見つめた、「Perfume」という永遠の約束は、一瞬の中にしかない。

10.〈VOICE〉にくると、

キュンとする一瞬の恋が
輝く宝石みたいに続くなら


それが一瞬のもので、ずっと「続く」ものではない切なさが、はっきりと示されている。

そう思うと、時の針からVOICEにいたる7.〈ねぇ〉8.〈微かなカオリ〉9.〈575〉も、なんだか「一瞬の恋」の不安や儚さを感じさせる。
特にねぇは、明るい歌詞が、鋭い音とメロディーを上滑りしているようで、最後まで繰り返される「ねぇ」の声も妙に不穏だ。

終幕の4曲に入るとさらに不安は増していく。
心のスポーツは、「恋という心のスポーツが運動不足」だと歌うし、Have a Strollは「ないの」「足りない」「ひとつない」「合わない」と繰り返す。
Perfumeとファンの間の恋の危機。両者のずれが生じている。

そして不自然なガール。この曲、片思いの切なさという以上に、何かが終わってしまったような虚しさと哀切を感じるのは私だけではないのでは。

can't stop feeling 不自然なガール
これ以上苦しめないでね


前作「⊿」で完成されてしまったPerfumeという1つの虚像。
しかし、Perfume本人たちは変わり続ける。ずっと同じ虚像を保てない。

だからその時が訪れた。
畏れていた瞬間か、それとも、待ち望んでいた瞬間だろうか。
正直言うと、私はもうずいぶん前からこの時を待っていた気がする。
いつか「違うPerfume」にならなきゃいけない時が必ず来ると。

14.〈スパイス〉
Pefumeは新しい扉を開いた。

知らないままいれば、その扉を開けなければ、完成された「Perfume」の中でずっと楽しんでいれば平和だったかもしれない。けれど、

Everything you need to know.(VOICE)

その扉を開けずにいられるはずがない。
新しいPerfumeが始まる。

だけど、変わるものもあれば、変わらないものもある。
スパイスではこう歌っている。

巡り巡り何か起こすの

すでにピンと来た人もいるはず。
〈ポリリズム〉だ。
変わることは、全てが書き換えられることではない。
「巡り巡る」こと。
それがどんな形になるのか。
たぶん、来春からのアリーナツアーでその第一歩が示されるんじゃないかと期待している。


JPNというタイトルは、これから世界に打って出たいという決意を表したものだと本人たちは話している。
新たなPerfumeの始まりを告げるアルバムのタイトルに、世界での「デビュー」を示唆する言葉を持ってきたこと、すでにチャンスの足がかりができていたためにこの言葉を持ってくることができたことに、運命的な何かを感じる。

「過去」に決別し、新たなの好奇心の行先へ手を伸ばしている。そんなPerfumeの「今」。
JPNを、「Just! Perfume! Now!」と読んでしまうのは、ちょっとダサすぎるだろうか…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。