上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前ブログにて、レディー・ガガの歌詞に関することを書いて、gay, straight or bi/lesbian, transgendered lifeが、「性的好み」と省略されたことに触れました。
その際

「ゲイ」「レズビアン」「バイセクシュアル」「トランスジェンダー」などの性の在り方について話す時によく、「性指向は性“嗜好”とは違う」という注意が呼びかけられる。
レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルなどは、嗜好・好みや趣味の話ではなく、「指向」である、ということ。

上のように書いたのですが、この時は本当に私自身、言葉の認識がこういう形でした。
しかしその後詳しく「性的嗜好」「性的指向」という言葉について調べたところ、以下のような記述にあたりました。

性的嗜好(せいてきしこう、英語: sexual preference)とは、人間の性的行動において、対象や目的について、その人固有の特徴のある方向性や様式を意味する。すなわち、対象や行動目標において特定の好みやこだわりが存在する場合、何らかの性的嗜好を持つと表現できる。ただし、対象の性別についての方向性に関しては特に性的指向と呼び、通常は性的嗜好には含めず分けて扱う。
性的嗜好 - Wikipedia

この記述によって、私の中でこれらの言葉の認識が大きく改められたので、そのことについて書きたいと思います。


・・・・・・・・・・・・


まず「性的嗜好」という言葉の違和感。

「嗜好」はそもそも「たしなみ、好むこと。趣味。特に、飲食物についての好み。」といった意味の言葉。
性の対象は必ずしも人とは限らないけれど、人である場合が比較的多いものを嗜好品のように表すとは、どうもおかしな言葉である。対象が人であった場合、対象者の人間性を収奪するような暴力的なニュアンスを感じる。
(個人的には、男性が好みの女性のタイプを選ぶのは嗜好品を選ぶようなことだからではないか、とか勘ぐってしまうが、それは別の話題なので、今は置いておくとして。)

さて、「パラフィリア」「性的倒錯」と呼ばれる事象については、次のような説明があった。

広義には性道徳や社会通念(常識)から逸脱した性的嗜好を指す。(wiki

国連の WHO が定める ICD や、アメリカ精神医学会の定めるDSMなどにおける精神疾患としての「性嗜好障害」を意味する。(Category

「性嗜好障害」とは奇妙な言葉だ。
「障害」という当人の意志ではどうにもできないものでありながら、好みたしなむ「嗜好」である、という。
この「性嗜好障害」に入れられているものには、社会的・法的に禁止されていることが少なくない。
その場合、犯罪者になる一握り以外の、多くの人は、対象に向かう欲望を自制して生活している。それはあまりに「嗜好する」という言葉からかけ離れた状況だ。

ところが、現在の定義では
<対象の性別についての方向性に関しては特に性的指向と呼び、>
ということで、性別についてのことだけが「指向」、そのほかは「嗜好」。
同じ性に関するマイノリティでも、パラフィリアは「単なるおかしな趣味」というイメージの「嗜好」と、「異常な病気」であるという「障害」という矛盾する2語を背負っているのに対し、同性・両性・全性愛者などの人たちは「指向」という言葉でその2語ともを否定できる。

もちろんこれは定義がそうなっているというだけであり、社会の目が同じように同性愛者などを見てくれるという保障ではない。また、同性・両性・全性愛者らが、皆パラフィリアを「嗜好」扱いして差別しているとは言えない(そういう人も少なくはないが)。

しかし、「性的嗜好ではなく、性的指向です。言葉を正しく使って下さい」と呼びかける時、パラフィリアが持ち得ない「定義」という権威をもって主張してしまっていることは、忘れてはならないと思う。
少なくとも私は、もう「性的指向」という権威は用いたくないと感じている。


さて、ではNHKが用いた「性的好み」という語はどうだろう。

まず単純に、何のことを表しているのかよくわからない言葉だ。
性的な対象の好みのことなのか、性行為の好みのことなのか、自身の性自認や性のスタンスの好み(?)のことなのか。
そういった意味では、多様性を盛り込もうとした語なのかもしれない。多様というよりは曖昧だけれど。
しかし、歌詞ではトランスジェンダーが登場していたが、「私は男/女である」というアイデンティティを「好み」と言われて違和感を抱く人は多いだろう。

では、性別に関することを表す場合「好み」は「指向」より悪いのか。
「好み」ならば「嗜好」よりは、対象(が人間である場合)の人間性の収奪というような、暴力的なニュアンスはない。その点は「指向」も同じ。
ただ、対象に向かう感情が「好み」という言葉に当てはまるかどうかは、各人の感じ方次第だ。
「好み」という言葉に、自分の性のあり方が著しく当てはまらないと思う人は、多いかもしれない。

私自身も実は「好み」はあまり当てはまらないと思っている。
というのは自分の場合、男性の体のいくつかの特徴が性的な触れ合いをするにあたって絶対に受け付けられないので、消去法で女性体が対象になるというものだから。


「指向」は、その点、「対象に向かっている」というだけの言葉なので、中身がない分「好み」よりは無難といえるかもしれない。対象に向かうものが「好み」でも、選択的優位性でも、もっと他の感情や感覚でも、何でも含むことができる。
「どうしてもその対象に向かってしまう指向性」という風に解釈できるので、「単なる好き嫌いでワガママを言っている」という、よくわからない理不尽な批判も免れやすい。(「好み」だって「どうしても好んでしまう」ということはあるとは思うが。)

しかし、「指向」という言葉にも当てはまらない人はいるのではないか。
LGBでも、対象に向かうという関係性に違和感を覚える人もいるかもしれないし、現在「異常な性的嗜好」とされているものを全て「性的指向」にそのまま移行すれば差別性はないかというと、「指向」にあてはまらない性のあり方がいくつか存在する。
さらに、無性愛・非性愛・ポリガミーなどは、「嗜好」や「指向」という言葉の蚊帳の外にずっと置かれている。
「指向」という定義を推し進めても、そこに当てはまらない性のあり方の人たちが見えなくされている問題は残ったままだ。


そうなってきたときに、結局「性」のひとことではいけないんだろうか、という考えに至ってしまった。
「性的嗜好」でも「性的指向」でも「性自認」でも「性的好み」でも、それ以外の性のあり方でも。「わたしの性はこうです」「これが私の性のあり方です」という言い方でいいんじゃないか?

そもそも「性的指向」も、何かを正常とし、何かを異常とする中で必要となった定義なのではないだろうか。
この人のどういうところが「人と違う」のかということを問う時に、「性的指向が人と違う」「性自認が人と違う」という定義で語らせれば、他者にとっては分かりやすくなる。そういうマジョリティ的視点を感じるのは、自分だけだろうか。

異常や正常というレッテルを無くす方向で考えるならば、定義はもう「性」一つで十分なのでは?


・・・・・・・・・・・・


ということで、テーマが枝分かれしてしまって何が言いたいのかよくわからない文章になってしまいましたが、まとめると、

・「性的嗜好」「性的指向」という言葉の定義が変わらない限り、「性的指向」の使用を主張することは、弱者の権利のための行動ではなくむしろ強者の権力行使になってしまうのではないか。
・「性的指向」という言葉も不十分ではないか。
・本当に「同性愛は異常な性的嗜好」というレッテルを壊したいならば、「性的指向」もそこに立つ不要な柵なのではないだろうか。

というのが、今回新たな学びから、私が考えたことです。(ごちゃごちゃしてすみません)
スポンサーサイト
昨夜のNHK紅白にレディー・ガガが映像で出演し話題をさらいましたが、私の周辺では、歌詞の日本語訳字幕が実際の歌詞の意味を正しく伝えていないことに話題が集中しました。

少し前にテレ朝のミュージックステーションにガガが出演し、そのときの訳詞が日本ではまだ受け入れる人の多くない言葉を正確に伝えていたこともあります。


問題の部分の元の歌詞は

Whether you're broke or evergreen(あなたが無一文でも、大金持ちでも)
You're black, white, beige, chola descent(黒人でも、白人でも、ベージュでも、チョーラの系統でも)
You're lebanese, you're orient(レバノン人でも、東洋人でも)
Whether life's disabilities (もし人生に障害があって)
Left you outcast, bullied or teased (排除され、いじめられ、からかわれても)
Rejoice and love yourself today (自分自身を喜び、愛しなさい)
'Cause baby, you were born this way(この道に生まれてきたのだから)

No matter gay, straight or bi(ゲイであろうと、ストレートであろうと、バイセクシュアルであろうと)
lesbian, transgendered life(レズビアンであろうと、トランスジェンダーの人生であろうとも)
I'm on the right track, baby(私は正しい道を進んでいる)
I was born to survive(私は生き残るために生まれた)


訳は私が辞書を見ながらつけたものなので、おかしい部分があったら指摘お願いします。


NHKの訳は、

貧富の差も 肌の色も 国籍も関係ない
人生で困難があっても いじめられ からかわれても
自分を信じ 愛してあげよう
それがあなたの人生だから
性的好みなんてどうでもいい
私は正しい道を進んでいる どんな困難も乗り越える



何が問題だったかというと、
はっきり言える点は

・“You're black, white, beige, chola descent You're lebanese, you're orient”の部分を「肌の色も 国籍も関係ない」と訳したこと

・“No matter gay, straight or bi lesbian, transgendered life”を「性的好みなんてどうでもいい」と訳したこと

・歌詞を明らかに省略したこと


まず、「国籍」という言葉にえっと思った。
「○○国の国籍を持っている人が○○人である」という感覚は、非常に日本的であると同時に、偏見と誤解に満ちた認識だ。
同じ国に様々な人種や民族、ルーツの人が暮らすことを自然なこととして捉える文化の中では、あの歌詞が「肌の色」と「国籍」だけを意味しているとは考えられない。
公共放送たるNHKがそんな未熟な認識だなんて、恥ずべきことだと思う。

元々歌詞にあるcholaという語が差別語ではないかという批判があったらしい(私は英語にもこの語の背景にも詳しくないのでその件は何とも判断し難いが)ので、NHKの改変はそれを配慮したものかもしれない。
しかし、○○人=国籍である、という偏見を新たに付け加えてしまうなんて、ちょっと程度が低すぎる。


2つめに関してはもっとひどい。
元の歌詞に出てくる「ゲイ」「レズビアン」「バイセクシュアル」「トランスジェンダー」などの性の在り方について話す時によく、「性指向は性“嗜好”とは違う」という注意が呼びかけられる。

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルなどは、嗜好・好みや趣味の話ではなく、「指向」である、ということ。
そのよく注意されている間違いを思い切り踏んでしまうとは、なんというドジっ子(笑)。

しかも「どうでもいい」と。
性的少数者に冷たい社会の現状は根強い。
この歌詞は、差別され自分自身を責める人々を想定し、「あなたが何者であろうと、間違ってなどいない」と勇気づけるものだと思う。
「そんなの些細なことだ、気にしないよ」っていうのとは全然違う。

きっとLGBTを取り上げた「ハートをつなごう」とはスタッフが違うのだろうけれど、いくら視野を広げて頑張っているスタッフがいても、局の代表番組である紅白という場所であれでは、NHKの基準はそういうことなんだな、と痛感させられる。


そして、そもそも歌詞を省略した字幕が出るというのはかなりおかしなことなんじゃないだろうか。
字数が多すぎるから、という声もちょっとあったけれど、日本語の歌で、字数が多くて省略した歌詞の字幕が出るなんて聞いたことがない。


あともう一つ…以下は訳し方の違いなので、はっきり批判できることではないのだけれど、

Whether life's disabilities (もし人生に障害があって)
Left you outcast, bullied or teased (排除され、いじめられ、からかわれても)


というところ、これは私は、障害者が勇気づけられる歌詞だ、と思っていた。
ところが、NHKの字幕では

人生で困難があっても いじめられ からかわれても

障害者のことを言っているとは想像もできない訳になっていた。

なんとなく、NHKが隠したいもの、表舞台にあげたくないものが分かった気がした。


なぜレディー・ガガがそれぞれの人種やセクシュアリティなどを列挙したか。

ここには書かれていないマイノリティも、実際たくさんいる。
私自身、この歌詞にあるセクシュアリティのどれかに完全に当てはまるわけではない。
けれど、この歌詞を見て湧き上がる気持ちがあった。
きっと歌詞に出てこない人種や民族でマイノリティとして暮らしている人の中にも、この歌にぐっと拳を握りしめた人がいるんじゃないかと思う。

この歌は現実に光をあてた。
紅白の映像だけでも、「神が間違うはずがないのだから、あなたはあなたのままで美しい」というメッセージに感動した人はたくさんいるだろう。
しかし、現実に、今小さくされている人たちを照らし出そうとするガガの行動は隠蔽された。

性指向や性自認によって、人種や民族の違いで、また障害によって、社会から
Left you outcast, bullied or teased
排除され、いじめられ、からかわれている
そういう人はたくさんいる。

私自身は、歌詞が改変された原因には、性指向を表す言葉を「過激」だとする間違った認識と同時に、現実にこういう差別があるということが「見えてしまう」ことに対する怖れがあったのではないかと思っている。

紅白でレディー・ガガのメッセージが全く伝わらなかったとか、あの放送が意味がなかったと言いたいのではない。
けれど、それ以上に、NHKが視聴者の目から何を隠そうとしているのか、どういう人たちを見えなくしようと、いないことにしようとしているのか
それを強く感じてしまった放送だった。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。