上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーム (15) 愛でなく <1> (ウィングス・コミックス)パーム (15) 愛でなく <1> (ウィングス・コミックス)
(1992/08/01)
伸 たまき

商品詳細を見る


パームシリーズ、読み進めております。
これ、一度読み始めると一話完結するまで止まらなくなるんだよね。おかげで徹夜してしまった^^;

さて、「愛でなく」は環境問題と恋愛がテーマ。
どちらの問題に関しても、その真実にかなり鋭く切り込んだ内容で、12巻かけて描かれています。
ごついですねー。まったくもってさらりと読めるものではありません。

しかし、私は今まであまり「環境問題」という名前では考えたことはなかったのだけれど、労働問題や社会福祉の問題として考えてきたこととぴったり合致する内容で、かなり全面同意しながら読みました。

しかしね、わかるよ、そういうことをいうと、まるで人間が築いた社会を破壊する思想のように捉えられがちなのが。資本主義や経済発展を疑うことを本当にこの社会は怖がるんだ。

そういう発想はあまりにも社会に根付いているので、シドのような真面目で良識のある人ほど、その狭間で悩む。
ジェームスやフロイドのような非常識でワガママなタイプの方がすっと入ってくるのねその辺w


壁となる「善良な大衆の思考」の役に、もう一つのテーマ「恋愛」においてジェームスの相手となるシドを配するとは、獣木先生、なかなか残酷です…
互いへの熱烈な恋と、ジェームスがシドを「あんたはファシストだ」と切り捨てるような思想のぶつかり合いが同時進行するさまはかなり濃ゆーいものがあります。

恋は利己的で、さまざまな矛盾を孕んでいて、パートナーとなって愛し合うことは恋よりもっと友情に近いことなのかもしれない。
っていうのも前から私は思ってたのですが、その辺の考え方もこの作者さんと近いのかも、と思ったり。


しかし、セクシュアリティの扱いに関してはちょいちょいモヤります。
素敵な同性愛者や同性カップルのキャラも出てくるんだけれど、異性愛者は絶対に同性愛はできない、みたいなすぱんとした切り分けが。
それでいて今までの恋人は同性だったというジョゼが異性のフロイドを好きになるのは特に説明もなく描かれてて、うーん、どうなのそのへん、とか。

でもまあ、時代を考えれば仕方ないのかも。
「セクシュアリティは揺らいでもいい」とか「性はグラデーション」なんて考え方も表に出てきたのは近年のことだろうし。
そういう考え方を知らないまま、でも人間観察の中で何か割り切れないものを抱えながら出てきたのが、ジェームス・カーター・アンディの関係なのかもしれません。


ところでフロイドがジェームスに、「誰かの顔が頭から離れなくなったことは?」と聞いた時、ジェームスが家族・友人・恋人・犬の名前までずらっと並べたてたのはすげーっと思いました。

私も友愛の強いタチで、友達として心が通い合ったら「好き好き!」モードになって深く愛を注いじゃうタイプなわけですが、その代わり「誰かの顔が頭から離れなくなる」という恋のような感情は誰に対しても持ったことがない。
むしろ夢中になるっていうのは相手が作品や表現や趣味といった「作り物」だからできることであって、生きているものに夢中になるというのは私の「礼儀」の観念からすると、ちょっと考えられない。

しかし、心を通わせた全ての人・生き物にそんな風に夢中なる、と言われれば、なるほどそれもアリだろうな、と。
そこも言ってしまえば「グラデーション」かもしれない。
ジェームスさんとわたくし、ちょっと似ているようで、グラデーションの端と端にいるような。
スポンサーサイト

あのころの、 (実業之日本社文庫)あのころの、 (実業之日本社文庫)
(2012/04/05)
窪 美澄、瀧羽 麻子 他

商品詳細を見る

こういうアンソロジー的な文庫本にしては、珍しくハズレの少ない良い小説集でした。

女子高生たちの間の微妙な心情を描く、ということで、百合っぽい感じもありましたが、友情路線の話の方が多かった。

でも百合的な、女の子同士の恋愛感情とか「恋愛かも?」みたいな感じを描いてるものの方が、結局「思春期の一時の感情」とか「実らない」系になっちゃったので、むしろ友情のやつの方が楽しめました。
その辺は地雷なのも2作ほどあったので注意ですねー。
トランスの人に地雷になりそうな表現もあったなあ。

ただ、読み応えが全然ない、とか小説として下手くそで読んでがっかり、みたいなのはなかったです。

好きだなと思ったのは、窪美澄『リーメンビューゲル』、瀧羽麻子『ぱりぱり』、吉野万理子『約束は今も届かなくて』。

『リーメンビューゲル』は、「家庭の問題」が、経済的なことに関しても丁寧に描かれていてよかった。
『ぱりぱり』は、天才肌で生活能力ゼロの姉に嫉妬しつつ、誇りに思いつつ、実はお姉ちゃん大好きじゃん、という感じできゅんきゅんでした。
『約束は今も届かなくて』はたぶん作者の自伝的エピソード。
親友のような濃い友情とは違う、少し遠い存在だけれど、心のどこかでいつもお互いを気にかけているような不思議なつながり、というのがよかった。
「BL短歌」……その名のとおり、BLの短歌です。
そのBL短歌の本が、文学フリマで発行されることになり、私も参加させていただきます。
本のタイトルは『共有結晶』です。

私は「筋肉男」をテーマに10首寄稿します。
このテーマは都条例がらみで休刊となってしまったオークラ出版のアンソロジー「肉体派ガチ!」シリーズに寄せるものとして決めました。

その他公式情報は、以下のツイッター、サイトで公開中です。
ぜひチェックしてみてください!

Twitter:@bltanka

BL短歌合同誌「共有結晶」告知サイト
http://bltanka.jimdo.com


----------------------------------------------------------------
2012年11月18日(日)「第十五回文学フリマ」出展します!
ツイッターの「#BL短歌」タグで話題になったBL短歌が合同誌になりました!

◆10首×20人=200首一挙掲載!
◆BL短歌とは何か
◆ドキュメンタリー漫画「短歌を全然知らない腐女子がBL短歌をたしなんでみた(仮)」
◆百合人×BL人「BL短歌/百合短歌(仮)」

など盛りだくさんの内容で発行いたします。

よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
「ぬちがふぅ」という映画を見てきました。
http://www.geocities.jp/nutigafu/

沖縄戦について、沖縄人(ウチナンチュ)としてそこに暮らしていた人々、そして軍属や慰安婦として朝鮮から連れてこられた人々の証言を通して明らかにしてゆくドキュメンタリーです。

資料としては全く記録されていないという、住民を皆殺しにする作戦が実行目前で回避された事件なども、体験者によって語られています。
貴重な映像資料としてこの映画が重く取り扱われていってほしいと思います。

見ていて感じたのは、差別の怖さ、でした。

人種や民族や階級や、その他いろいろな理由をつけて、ある種の人たちを自分と同等の人間としてみなさなくなることが、人間の社会にはたびたび起こります
今の社会にもたくさんあります。
ネット上で朝鮮民族を「チョン」と呼ぶ人たちは、その呼び名の先にいる人たちに、自分と同じように人生や思考や感情があると思っているだろうか。
それは人種差別だけでなく。
ある特定の障害者に対して。
または、「仕事のできないやつ」と呼ばれる人に対して。

そういう感情が命の危機という極限の場所に置かれた時に何が起こるか。

しかし、実際には手を下さずに、自分の差別感情を向ける人たちを、虫けらのように踏みにじり殺すことは、今現在の日本の社会にも多くあるように思います。
溜め込みすぎました。
最近一気に百合漫画読んだので。一気に書きます。


百合☆恋 Girls Love Story (OKS COMIX 百合シリーズ)百合☆恋 Girls Love Story (OKS COMIX 百合シリーズ)
(2012/08/10)
不明

商品詳細を見る


新しい百合アンソロジーシリーズが創刊したのでチェックです。

なんか、作風がばっつり二分されてるような感じでした。
やまぐちセリカさんや、スケコロさん、竹ノ内ひとみさんの作品が、サブカル系雑誌に載りそうな雰囲気で。
それ以外のは微エロ・萌え系・「男性向け」な感じ?
でもその中でも和泉凛さんの『ひめごとストーリー』は続きが気になって面白かったな。キャラもいろんなタイプがいて「みんな同じ」に見えないから読みやすいし楽しいし。
夢ノ紫也さんのやつも割と次回も楽しめそうだなー。

そう、このアンソロジー、すべての作品が「第一話」「to be continued...」とついていて、どうやら連載らしいのですよ!
これは嬉しいなあ、と思います。
読み切りって、相当好みのじゃないと面白く読めないなあ、、と最近百合漫画を読みながら常々感じていたので。

百合だと余計、読み切りのその1回だけ「可愛い」とか「きれい」とか「萌え」とか思わせればいい、みたいな作品も少なくないし。
まあ、エロはいいんだけどね、その1回だけ「エロい」と思わせてくれれば(笑)
でも百合カルチャーの将来を考えると、そういう作品ばっかりじゃ困るよね。というか物足りないです!

竹ノ内ひとみさんのかなりシュールでぶっとんだ百合ギャグ(?)漫画も、今まで百合作品で見たことない感じで気になるし、なかなかチェックして損はないアンソロシリーズだと思います。


ゆめゆめうつつ (アクションコミックス(コミックハイ! ))ゆめゆめうつつ (アクションコミックス(コミックハイ! ))
(2012/08/10)
みつき 和美

商品詳細を見る


百合ホラー?読んでみたらホラーってほどではなかったけれど。
ホラーとみせかけてミステリー、みたいなオチでした。
でもちゃんとがっつり百合でなかなか楽しかったです。
中学生同士なのにお風呂で惟ちゃんにイケナイことをしようとしちゃう実花子ちゃんがけしからんかった。
ミステリーとしてはまあまあな感じだけど、もっとこういう百合漫画増えてほしいな。


友だちの話 (マーガレットコミックス)友だちの話 (マーガレットコミックス)
(2010/10/25)
山川 あいじ

商品詳細を見る


いやーこれは良かった!
本人たちはどこまでも友情と思っているので、百合期待して読むとアレ?っていう人ももしかしたらいるかもしれないんだけど…
心理描写がドライなんだけど繊細で、こんな風にお互いを世界で一番好きって思いながら、「女の子同士」とか「友だち」ってところでつまずいて、それ以上先に進めなかった人たちっていっぱいいるんじゃないかなあ、と思ってしまった。
そんでこういう少女漫画って結局最後男子とくっついて「正しく納まって良かったね」みたいになること多いから買う時すごい警戒したんですが、それは最後まで無かった!ネタバレだけどそこだけ言っとく!


恋のカオリ (IDコミックス 百合姫コミックス)恋のカオリ (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2012/06/18)
竹宮 ジン

商品詳細を見る


竹宮ジンさんので今まで読んだ中で一番好きかも。
なんかやっぱ私、ハッピーエンドが好きなのかなあ。
というか、鬱展開とか悲劇に酔っちゃってる系が苦手なんですよね。

志村貴子さんの作品とか、袴田めらさんでも短編より長編作品は、鬱々としてもそこに芯の通った理由とかキャラの心情があって、面白く読めるんですけど。
短いとどうしても単に鬱が描きたかっただけみたいになりがちじゃないですか(作者のすごい力量でそうじゃなくなってる短編もあるけれど!)
パッと短く楽しむ時はやっぱり明るくさっぱりな方がいいなーと思ってしまいます。


ミズイロ、ソライロ (百合姫コミックス)ミズイロ、ソライロ (百合姫コミックス)
(2012/08/18)
慎結

商品詳細を見る


慎結さん二冊目。
前回の短篇集より面白かった!実力アップしてるみたい。
スペイン語しか話せない転校生の話と、自分探しのお姉さんと海の家の女の子の話が可愛かったな。
『神様を待ってる』っていう話もたまらなく良かったんだけど、いまいち設定がよくわからないとこがあって惜しかった;もう数ページ増しで描けたら良かったのになあ。


私の世界を構成する塵のような何か。 (1)巻 (百合姫コミックス)私の世界を構成する塵のような何か。 (1)巻 (百合姫コミックス)
(2012/08/18)
天野 しゅにんた

商品詳細を見る


きたぜしゅにんたさん!大好き!
とうとう長編が出たわけですが、すごく良いですよこれ。
ちょっとドロドロ系だけど、キュンとくる部分もあるし、「モラ男最悪」という作者様の気持ちがよーく伝わってくるしw

よくある「女同士のドロドロ」って、仲良くしてても腹の底では競い合ってるとか、どっちがいい女か比較し合ってるみたいなのが多いと思うんだけど、これは女同士の恋愛感情がもつれあってドロドロやからね…
根本的に何かが違うよね…

2巻も超ー楽しみ。
いろいろと素敵な本が買えたので一部だけでも紹介したい気分になりましたので。

まず今回最も同人イベントの醍醐味を感じさせてくれたのが、こちらのサークルさん(Pixiv)↓
http://www.pixiv.net/member.php?id=4463562
内容ねず×鬼太BLなんですが…なんなんですかこのワケわからない画力!
点描とか神じゃないですか水木先生の影武者いけるんじゃないですか

しかもけっこうえろいBLだ…
理解の範疇を超えるものに出会えることって素晴らしいです。
この人のこの画力とぶっとんだセンスは何か商売になるんじゃないかと思ったけれど、画力はともかくぶっとんだセンスの活かしどころが思いつきませんでした。

続くマイお気に入り「スペースマリカ」
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=28988947
「スペースコブラ」の第一話の内容をそのまんま茉莉香さんに置き換えたパロディです
コブラもモーパイも大好きなので個人的にかなりオイシかった!
かわいい絵柄だけど葉巻をくわえたハードボイルドなジョンソン・茉莉香さんがツボです

あと今回はじめてクレしん未来パロの本をゲットしました
こちらの2サークルさん↓
http://www.pixiv.net/member.php?id=1526138
http://www.pixiv.net/member.php?id=480044
このジャンルに詳しくないので、未来パロのキャラデザインがどの程度統一されてるのかとか分からないんですが、この2方はほぼ同じイメージの高校生しんちゃんたちでした。
しかし・・・この高校生しんちゃんのデザイン考えた人すごすぎでしょ!

ちゃんとしんちゃんに見えるんだけど、結構かっこいい男子高校生だ…!
ちょっとひろしにも似てるけど、でももっとイケメンだし…!
まずそこに一番衝撃を受けてしまいました。しんちゃんをこんなにいい感じに成長させるとは…(確か公式では大人ver.シルエットしか出てきてないよね?)

創作百合では鈴白奏子さんという方の『花束が届く日』という漫画がかなり良かったです
↓サイト〈girlhood〉
http://www.ne.jp/asahi/yuuhi/imadotti/

創作百合でもういっこ、
『創作百合アンソロジーSayu』
http://sayu.masochischika.info/
作品の完成度は商業誌の百合アンソロジーに負けてないのでは?という感じがします
ページ数の関係かわからないけど、一作一作がとても短いのでちょっと物足りないのだけれど、この作家さんたちで「つぼみ」や「ひらり、」くらいのボリュームの本作ったらすごい面白いだろうなー。

パーム (7) スタンダード・デイタイム side1~2 (ウィングス・コミックス)パーム (7) スタンダード・デイタイム side1~2 (ウィングス・コミックス)
(1987/09/01)
伸 たまき

商品詳細を見る


そろそろ漫画ばっかり読んでいるのがバレつつある。

パーム、古本で安く手に入るもんでどんどん読んじゃっています。
とりあえずこれ↓のスタンダード・デイタイムside2まで読んだよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/PALM

ジェームズとアンディの萌え高まりが止まらない><
スタンダード・デイタイムはちょっとぶっとんでるけど、カワイイ家族のお話でしたわ~

ジェームズさん、本当は子供の頃自分が「家族」だと思って愛していた人たちが殺されたことが一番の心の傷のようなんですが、そのことに気付く人はあまりいないのね。
どうしても大ヤクザの養父とか、生き残るために子どもながら別のマフィアに交渉を持ちかけた鬼っ子っぷりとかに気を取られてしまって、単純に可愛がってくれた乳母や、本当の弟のように思っていた乳母の子どもの死を引きずっていることだけには、医者も気づけないのかー、という感じが、なんとも。

このシリーズの主人公たちはみんななんか、カワユイ人たちだなあ、と思います。
毒舌強気なアンジェラちゃんも超可愛い大好き><

あさがおと加瀬さん。 (ひらり、コミックス)あさがおと加瀬さん。 (ひらり、コミックス)
(2012/07/28)
高嶋 ひろみ

商品詳細を見る


「ピュア百合アンソロジーひらり、」から、ついに待望のひらり、コミックスが発売されました。

とくにこの「加瀬さん。」は毎回ひじょーにきゅんきゅん展開の人気シリーズで、コミックス発売を待ち望んでいた人も多いのでは。

花壇の世話をもくもくとやる山田さんと、陸上部のエース加瀬さん、タイプは違うけれど、2人とも自分なりに目の前のことに一生懸命な高校生。
2人のふれあいや、会話の感じが、ほのぼのしていて良いです。
言葉を軽く流したり、ただその場の盛り上がりだけでぽんぽん速く進んでしまう会話じゃなくて、1つ1つ大切に話しているんだなあ、と。

あと、「親友」は別にいて、それとべつに「好きな女の子」がいるパターンは大好物でございます!
だって、恋愛ってやっぱ欲の絡むものだから。なんの欲も相手に対して抱かないなら恋じゃないじゃん?
欲の絡まない関わり…というのはもしかしてこの世にはないかもしれないけれど、友達ってたぶん、人生で親しくしていく人たちの中で、そういう関係に一番近いのではないかと。
恋愛の相手以外にちゃんと信頼できる友達がいるお話は安心します^^

そんで、山田さんも加瀬さんも可愛すぎる!!
百合の漫画は、最近は、少女漫画の系統の絵か、いわゆる「男性向け萌え系漫画」的な絵が多数かな?という感じのようですが、高嶋ひろみさんの絵はその中間か、またはどちらとも違う?
私個人としては、太めの線ですっきりと描かれている、頭身が縮められすぎていない絵が好きなので、ドンピシャでした。

ラストは雑誌掲載分とはちょっと変更が加えられてて、さらにドキドキ展開になっているので、ぜひ読み比べてお楽しみを!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。