読んだもの全部ブログにつけるっていう約束(自分の中の)完全に忘れてたけど復活してみます。

カノカメ3巻。

おそらく作者の中に、ユキという人物はどういう人間か、というのがかなり完成された形であるんじゃないかと思う。でもそれがなかなか読者に見えてこないので、展開も先が読めない。
この巻で少し見えてきたかな。
ユキの読めなさ=ストーリーの読めなさになってる構成が上手いな~と思います。

百合萌え的にはあまり嬉しくない展開なんだけど、女性に対する恋と男性との恋とが、性別がどっちだから良いとか正しいとかいう論点にほぼ置かれてないあたりが安心して読めるんですよね…
スポンサーサイト