2013年最後の日となりましたが、この1年ではなく2週間のみを振り返る空気を読まないブログがこちらになります。









ヤマシタトモコさんの漫画は好きなんだけど、昔ほど好きじゃなくなったな、とも思ってる。
「普通」とか「世間の目」とか気にしてそれに従うのがいいと思ってる女の子がけっこう出てくるけど、なんか不自然で気になっちゃうんですよね。そういう価値観を持ってる子に、作家なりに寄り添おうとしてるんだろうけれど、寄り添うために結局「こっち側」に寄せた価値観を心の底では持ってることにしちゃったりするところが見える。

他者が自分自身の生き方とか身体とかをどうするのかってことをジャッジしたり馬鹿にしたりすることは、できる限り放棄しようと思ってから、読むものに対する気持ちもちょっと変わってきたかな。

あと、本美さん見てて思ったのは、親の方から完全に子離れするのは無理なんだなー、と。
あるところで、子どもの方が意識して親離れしなきゃ、親は帰ってきて様子がおかしい子どもに対して「どうしたの?」って声かけるのを自分からやめるのはできないよな。
毒親じゃなくても、多くの親はそういうところから抜け出せない部分はみんな持ってるんだと思ったり。



すべてのアイドルに対して、揺るがずこう思います。
自分のためになるか否かを判断する力を養うことが何より大事だな、と思います。ファンなんていっくら騙したっていいよ!わたくしの勝手な自論ですが。



ずっとやりたがっていた、WaTしばりの1人カラオケやってしまいました。
本当にいい歌詞のいい曲が多いんだよー。聴いてよー。そして歌詞に対してはもれなく妄想が加わります。











ちょっとツイートでは決定的なネタバレは避けようと思ってたんだけど、ここでは気にせず追記しようかなと。
かぐや姫が途中から都に連れてかれて都で育つのは、本人の意志にそわないことだったけれど、都の生活の中で田舎の山里での生活をどんどん理想化していくのは、地方格差の一種の図式になっちゃってて何とも残酷だな、と思った。
姫の作ったミニチュアの山の風景なんて、まるでマリーアントワネットのプチ・トリアノンだし、捨丸と再会して彼とだったら上手くいったと無邪気に言い切るのをほとんどの観客は疑問の目を持って見ただろう。田舎で暮らしていたのも事実だし、その地を愛していたのも事実なのに、姫の言葉は意図せず全部嘘になる。捨丸はそれを受け入れるけれど(このシーンは空想と混在して事実だったのかよくわからなくなっているが)、捨丸の好意も、守らなきゃならない妻子を置いて「2人で逃げよう」なんていう、姫は知らない「大人の男」の捨丸の、「突然表れた美しい女へのよろめき」みたいなものでしかないんだから、本当に残酷だ。

あともう一つ、かぐや姫が月の迎えのことを告白するシーンで、突然「月に帰りたくない!ここにいたい!」と言い出すの、精神錯乱した人が突然全然違うことを言い出すみたいで怖かった。映画では本当に月の迎えは来るんだけれど、あの時の姫の心情は「ここから逃げたい、この世界でもう生きていけない」というものだったように思う。もう生きていけないと感じているけれど、この世の生を捨て切ることには未練がある。「生きたくない」を告白するより先に、「死にたくない」を口にしている。そういう状態になる人っているなあ…と。それを意図して描かれたのかどうかは不明ですが。


さてー、今年もあと数時間になってきましたね。
来年は本をいっぱい読んで、運動をして体力つけるぞー!←失敗フラグすぎる
スポンサーサイト
誰も見ていないけれど続けていればいつか流行ると信じているつぶやきまとめブログ。
とか言ってもう今日水曜日やぞ!(通信上の都合です)



今この写メよりもっと細かくなってます。ページ数もう少しで20ページ超えます。もうこれが今の私の、人生最大の楽しみなんで(´q`)
しかし分析するほどマジで付き合ってるとしか思えなくなってきて怖いです。妄想が怖いのか現実が怖いのかも分からなくなってきたよ…(・言・)






おんなのいえ(1) (KCデラックス)おんなのいえ(1) (KCデラックス)
(2013/04/12)
鳥飼 茜

商品詳細を見る


おんなのいえ(2) (KCデラックス)おんなのいえ(2) (KCデラックス)
(2013/08/12)
鳥飼 茜

商品詳細を見る

これさ、ツイートではそこまで言及しなかったんですけど、「レズビアンの私でもそう」なんですよね。
古い友達に会う時とかさ。仕事で成功してるか、付き合ってる相手がいるか、どっちかだけでも話せることがほしい!って思っちゃうの。なんかもう、この世間の価値観の全てがそこに集約してる気がしますよね…同性愛ですらも、相手がいないよりは、いる方が見栄が保てるんだよ。
そういう見栄とか体面とかに引っ張られそうになる自分はいやだけど、『おんなのいえ』は、「そういうの捨てきれない人間」というのを愛しく描いているから、読んでいて、「はあ、わかるよ、お前それ間違ってるけどその気持ちわかるよ」みたいなんになります。ほんといい漫画です。



WaTの曲の中で『青春の輝き』一番好きです。カップリング曲だけど、曲も歌詞も一分の隙もなく良いと思うよ!






実はこの私が小さい頃の母と似た現象を、自分と同年代の結婚した人たちに見ている気がする。
結婚すると友達から離れていく人たち。
世間的にも、結婚した女性・子どもを産んだ女性が友達と外で会ったりするのを否定的に見るむきがあるよね。うちの母親も、以前「小さい子がいる親は遊びになんて行かないんだよ」とか言ってて、でもそれって人間として崩壊するんじゃ?みたいなモヤモヤを覚えたんだけれど。自分はそうしてきたってことなんだろうけれど。

今私は、学校でも職場でもない場所でとてもいい友達が作れる機会に恵まれていて、こんな未来は想像を超えていたなあ、と感じる。現状はすごく不安定で貧乏だけど、子供の頃思ってたよりすごくいいよな。というか、こんなに子供の頃と同じように自分らしいままでいられると思ってなかったな。
つぶやきまとめ、先週のがして2週間一気にということになりました。
まあそのときどきやり良い方向で、1~2週間区切りでやりますわw(テキトー星人)
ていうか、選ぶツイートも追記したいものだけに絞っていこうかなーと思います。

11/17日深夜(18日にまたがって)CSでWaTのライブの放送やってたんでWaT熱ツイートが続いてますがそのへんはサクッととばす。


西炯子の『ひとりで生きるモン!」はこちらです

ひとりで生きるモン! 4 (キャラコミックス)ひとりで生きるモン! 4 (キャラコミックス)
(2011/05/25)
西 炯子

商品詳細を見る

この4巻の表紙こそが下尾洋子さん。『ひとりで生きるモン!』は4コマ漫画で、複数人の主人公・いくつかのシリーズを持つ形式の連載です。その中の「下尾洋子39歳」のシリーズが私はなぜかとても好きです。たぶんけっこう美人で、仕事もできて、だけどなんとなくモテないまま39歳になって、同年代の男友達の「お前っていい女だよな」的なポジションにいながらももう結婚相手の対象にはされていない。
西炯子さんはちょっとマッチョ感あって苦手なところもあるんですが、このシリーズは、読んでる人が下尾洋子さんを好きになっちゃうような描き方をされているところがイイのです。



劇場版まどマギ、やっとハッピーエンドだー!と思いました。いや、ハッピーエンドというほど何かが解決したわけではないけれど。テレビ版は最悪のバッドエンドっていうか糞エンドだと思っていたので、それが打ち破られたのはマジ最高でした。
そして最後のQBね。でもさ、虚淵ってなんか、今に女がみんなほむらみたいに強くなって男はみんなQBの末路みたいになるんだ…みたいな空想にかられていないかしら?って気もする。それが理想だけど道は険しい…というのは、劇場版ウテナのラストがそうだったと思うけど、虚淵の場合まだ叶ってもいないその理想が近づいていると仮想して「だから男って虚しいよネ…!」みたいなところに落ち着こうとしてんのかなあ…とか…そう考えるとモヤモヤしてくるなあ。


そして先週、TLを騒然とさせた漫画の話題。
佐久間結衣『コンプレックス・エイジ (第63回ちばてつや賞入選)』http://www.moae.jp/comic/complexage


ってまず最初思いました。
描いているの、わかんないけど名前からすると女性なのかなあ?


こういうご意見も出てましたが、あまりにもこの作者さんが男目線を規範とした女の見方・見られ方を内包しすぎちゃっててツライなあ…と思いました。
これ、「もし男に置き換えてヲタ趣味を捨てる話だったら…」みたいな話も出てたけど、でも、私にとってはこれは「趣味」の話ではなくて、女って生まれた時から女として見られて、その上年齢によって見られ方が変わるし、着飾ることを求められたり逆に押さえつけられたりし続けていくんだ…ということの方が強く感じられる話でした。

でもこれを読んで澱んだ皆さんに元気の出るネタ…になるかどうかはわかりませんが…
この間DVD目当てで買ったアイカツ!公式ファンブックLesson5に載っていた、読者の女児たちから募ったアンケートのページ。
なんと好きなブランドランキング1位は、【LOLI GOTHIC】でした。吸血鬼キャラのアイドル・ユリカちゃんが勝負服としているゴスロリ系ブランドです。
ちなみに2位が主人公いちごちゃんのお気に入り甘ロリ系ブランド【Angely Sugar】。
3位が美しき刃ことモデルの蘭ちゃんが着ているセクシー系【SPICY AGEHA】。

しかし実際、世間で小さい女の子向けとして提示されているものの主流って、【Angely Sugar】ですらなくて、【HAPPY RAINBOW】や【MAGICAL TOY】などのポップ系だと思うんだけれど、真逆とも言える、黒や暗い色を基調とした【LOLI GOTHIC】ですよ。その上続く2つが甘ロリ、セクシー。
なんか、世間からどんなメッセージを与えられてようと、小さい女の子達だってちゃんと自分の好きなものを自分で考えて選べるんだ!と嬉しくなりました。

あともう一つ、先日本屋で超おしゃれ老女たちの写真集を見つけて買ってしまいました。

Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップAdvanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ
(2013/02/23)
アリ・セス・コーエン

商品詳細を見る

思ったんですけど、人間、年をとったほうがいろんな服が似合うようになるんじゃないかしら?
とくにロリータなんて着こなしの難しい服は、若いとやっぱどんだけ頑張っても一握りの超美人の似合う度には勝てないってとこがあるじゃないですか。
でも老女だったら、美人じゃなくてもゴスロリもクラロリもめっちゃ似合いそう。それこそ本当の魔女みたいな感じで。
そう考えると、よくスーパーや商店街に売ってる「おばさん向け」の服って、けっこう大胆な色使いやデザインだったりしますが、あれって単に「おばさんくさい」服じゃなくて、おばさんにならないと似合わない服なんじゃないか!?とか。

まあそんなこんなで僕は、30歳になるまでに女の子を脱出してちゃんとした魔女になりたい!と思います。



今週分はそんなに追記することなかったなあ。
「女による女のためのR-18文学賞」に応募しました。この応募作も、女の子が着るものとか身に付けるものへの外部からの抑圧みたいなことがテーマになっていました。私はピンク色が結構好きでよく選ぶ方ですが、「女の子にはピンク」とか言われるとゾッと鳥肌が立つような感覚があります。

そんな感じで今回はこれでおしまーい