かなりハマって遊んでいたiPhoneアプリ
「クマトモ」
ただ可愛いクマさんとおしゃべりをするというゲームアプリなのですが、こちらの入力した言葉を記憶してそのまま言うので、ふざければふざけるほど、ふざけたクマになります。

とうとう最終ステージまで行ってしまい、寂しい限りですが、ここでうちのクマさんである「ますじ」さん(名は文豪からいただきました)のお話傑作選をまとめておこうかと思います。

《出会い》

fc2blog_20140331195431eea.jpg
のっけからなかなかパンチのきいているクマです。

《ますじ、BLを覚える》

fc2blog_2014033119573863d.jpg

fc2blog_20140331195809627.jpg

fc2blog_20140331195851e03.jpg
腐女子通り越しておっさんみたいになってきました。

《ますじ、百合も覚える》

fc2blog_201403312004392d1.jpg

fc2blog_201403312007464fc.jpg

fc2blog_20140331200822e04.jpg

fc2blog_20140331200846ba0.jpg
結構な頻度でほんとに大正解すぎることを言うのでこわいです。

《ますじの世界観》

煩悩まみれになってきました。
fc2blog_20140331201152122.jpg

fc2blog_201403312012207f5.jpg

fc2blog_20140331201246f5a.jpg

fc2blog_201403312013090f2.jpg
いい顔です。
WaTのおうちに住んだら、「BLやナマモノ」っていうか「ナマモノBL」を食べ放題だね!

fc2blog_20140331201515539.jpg

fc2blog_20140331201542580.jpg
うんうん、大正解ですよ

《罪悪感》

fc2blog_20140331201747095.jpg

fc2blog_201403312018132df.jpg
もう言いませんごめんなさい。

《そして、目覚ましい成長の日々》

fc2blog_20140331202232fbe.jpg
いや、それは立ち直れない。

fc2blog_20140331202351551.jpg
はい、へんたいです。

fc2blog_201403312024289a8.jpg
うーんそれはどうかね…

fc2blog_2014033120263396d.jpg
合わせ楽しいね!

fc2blog_2014033120284622a.jpg
はい、へんたいです。

《ますじ、萌えの大切さを知る》

fc2blog_201403312037369de.jpg

fc2blog_20140331203808b83.jpg

fc2blog_20140331203851b64.jpg
きっと君は忘れないと思うけどね…

《ますじ、夜遊びに憧れる》

fc2blog_20140331204102b8a.jpg

fc2blog_20140331204129958.jpg
君たぶん未成年だよね…?

《ヲタク道まっしぐら》

IMG_3062.png
ばれた?

IMG_3091.png

IMG_3093.png
そんなにアニメ好きか…。

IMG_3120.png
そのピュア百合アンソロジーちょっと興味あるわ!

IMG_3122.png
豪快だねえ

IMG_3128.png
プリキュア大好きか

IMG_3160.png
多ジャンルつまみ食い派かー

IMG_3132.png
とんでもない選択肢

IMG_3199.png
私の恋とかアニメに比べたらどうでもいいっすね!ほんとね!

IMG_3206.png
そ、そうかもね…

IMG_3222.png
とうとう自家発電に…

《WaTを正確に把握している》
説明が遅れましたが、WaTはわたくしがこよなく愛するウエンツ瑛士と小池徹平のシンガーソングライターデュオなわけですが。

IMG_3096.png
そうね。

IMG_3098.png
そうでしょうね…

IMG_3106.png

IMG_3108.png

IMG_3109.png

IMG_3110.png
プリキュアに似てるかどうかはともかく、なんで瑛士が徹平のこと好きなの知ってるんですか!(女装はまあまあ似合う)

IMG_3314.png
よ、よく知ってるね…!

《へんたいという言葉が大好き》

IMG_3170.png

IMG_3174.png
へんたいと呼ばれた。

IMG_3175.png
呼ばれちゃった(はーと)

IMG_3188.png
どこを目指してるんですか

IMG_3386.png
何はともあれへんたい

IMG_3274.png
あ、すみません…

ていうかこれ結構膨大な量だったので、ここでいったん区切ってまた第2段アップすることにします。
ますじはまだまだダメになるよ!

(つづく)




購読カンパ募集

購読料ってものじゃないですが、ブログを読んで面白いと思ったらぜひ貧乏ライターの宇井さんにカンパお願いします。

三井住友銀行 津田沼駅前支店(891)
普通口座 1200104
スポンサーサイト
昼はあまり仕事はかどらず、夜になってなぜかちょっと進んだ。今日はひたすらアニメ見た日だったかも。あ、でも米炊けたのはよかったな。
明日台所の片付けしたい~
今日はJOCの定例会で、ゆっくり人と出会って、ゆっくり食事して話して癒されました。
あとやっぱり、仕事のことを職場以外で話せるというのは助けになるなあ、と思った。
今日を乗り越えれば月末までお金降ろさずにすむぞと思ってたので、なんとかなりそうでほっとしている。
4月入ったら、半月2万円でしのげるかのたたかいへ…そして伝説へ…
ちゃんと寝てから添削の仕事提出に行けたし、そのあとプリキュアオールスターズと世界一初恋の映画観れたし、今日は楽しかったなあ。どっちの映画も予想以上に良かった。

プリキュアはプリキュアファンとしてもかなり楽しい内容だったけど、毒親ものとしてあまりに的確で驚いたな。子ども向けらしく最後は和解エンドだったけれど、かなりはっきり批判もされているし、子どもと一緒に観に来た親たちはこれを観ていろんなことを考えるんじゃないかと思った。被害体験のある人にはかなり刺さる内容かも。

セカコイは本当、雄乙女素晴らしい。世界一雄乙女。ベスト雄乙女オブ雄乙女。純ロマ、セカコイシリーズで最高傑作と思っている「横澤隆史の場合」が映画になって本当に良かった。
お前ら一応仕事出来る設定なんだろ!?職場で恋愛にうつつ抜かしすぎだよw仕事頑張らない主義の私ですらツッコミたくなるよ!
とりあえず本当にDVDほしいです。
久しぶりに在宅でない仕事をして、ちょっとだけ労働に対する自信を取り戻したかも。
私のできる仕事はとても限られているという感覚は変わらないけれど、とりあえず外へ出て仕事ということをすること自体ができる自分はいるんだな、というか。
家で仕事するようになって、休憩の大切さを実感している今日この頃。
こまめに区切りのいいところでお茶淹れたりとかちょっとした休憩を挟んでいかないと逆に効率が悪くなる。今ノッてるし、もうちょっと頑張れちゃうかも、と思っても、絶対半端なところで集中力切れる。
会社で仕事してると集中力切れても無理やり作業続けちゃうけど、ほんとにそれで効率良くやれてるのかはわかんないよなー、なんて思ったり。
明日は久しぶりの肉体労働なのでちょっと不安。
この間登録してきた仮歌入れのバイトのためのデモ音源作りに、カラオケに行ってきました。平日昼に行くとほんと安い。良い娯楽だ。
あとは今日は、ひたすら添削。ちょっと早くできるようになってきたし、今回こそギリギリじゃなく終わらせるぞ。
しかし気づけば、こういう日こそ溜まってる家事をやるべきだったんじゃないのか…
まあいいや…
百合人3号のクロスレビューにとっておきたいのとネタバレになるのでもったいぶっていたんだけれど、クロスレビューの300字に収まる気がしなくなったのでやっぱりちょっと書いておきます。
ネタバレです。






-------------------

「開始10分で号泣」と話題のアナ雪、ご多聞に漏れず私ものっけから泣きました。
魔法の力を抑えるため、アナと引き離される姉のエルサ。しかし、事情のわからないアナはエルサの部屋の扉を、姉と遊びたい一心で、無邪気に叩き続ける。

映画のクライマックス、アナの真実の愛は、身を呈して姉を守ろうとしたあの一瞬に示されたように見える。
けれど、本当の愛は、あの一瞬だけのことではなかったんじゃないだろうか?と思います。
開かない扉を叩き続けること。
10代になったアナは、扉を叩こうとするけれど、いつしかやめてしまうようになっていた。アナも愛を忘れてしまっていた。
閉ざされた生活の中で愛を忘れてしまった姉妹が、もともと持っていた愛を思い出す、という話だったのかな…と。

氷の城へやってきたアナは、エルサの力で国中が雪に覆われていることを告げる。でも、止め方がわからないエルサ。
それに対して、アナは「エルサならきっとできるよ!」と何の疑いもなく言ってのける。
そのあとアナの心臓にエルサの魔法が入ってしまったり「真実の愛」って言葉が出てきたことで、逆に混乱して異性に愛されなければいけないのかとアナも勘違いするんだけれど、エルサの悲しみを癒し、姉妹で手を取り合えばきっとこの危機は解決できると、氷の城のシーンの時点でアナは分かっていたんだ!と、後から気付きました。
アナはやっぱり最初から真実の愛を知っていた。愛という言葉には結びついていなかったけれど、「いつも共にいて助け合おう」という単純な思い。
その思いだけで、開かない扉を叩き続け、雪山を登った。

一方で、エルサの場合、愛を取り戻す過程の中で、一度ひとりきりになって他者からの一切の抑圧から解放されることが必要だったというのも、素晴らしい描写だなあ、と思います。
もう他人を気にして自分を抑え込むのは嫌だ!と、人々に背を向けて旅立ち思い切り解き放たれるエルサ。
その結果エルサは氷の城に閉じこもり、ひとりきりになってしまうのだけれど、解放されていく様子はあの素晴らしい歌と映像で、完全に肯定されている。ここを全肯定してくれるところが、本当にうれしい。

愛をテーマにする作品は、えてしてその絆や結び付きを強調しすぎ、人と結びつくことに脅迫的になってしまうことがある。
エルサが、一人の人間としての自分を取り戻してから真実の愛を取り戻す、という過程は、絶対に必要だし、だから物語前半のあのシーンが、あんなにも映画の中で大切なシーンなのでしょう。
もう他人なんか関係ない、一人でいればいい、と思っていたのに、実は周りも自分の孤独に巻き込んでいた…というのも、見事な描かれ方だなあ、と感心します。

本当にこの作品、観てから数日経っても思い出して、ああ、あそこはこんな意味もあった…と感動するところがいっぱいある。
何度も見返したくなる映画というのはこういうものですね。
私は毎日「let it go」と「生まれてはじめて(リプライズ)」聴いてます(笑)






購読カンパ募集

購読料ってものじゃないですが、ブログを読んで面白いと思ったらぜひ貧乏ライターの宇井さんにカンパお願いします。

三井住友銀行 津田沼駅前支店(891)
普通口座 1200104
なんだかんだでいつも仕事ギリギリになってしまうのどうにかしたい。
でもなんか、日曜に話聞いてもらってからだいぶ元気になったなあ、と。お金使うこと全てに不安になってたのがちょっと、使うとこは仕方ないわと思えるようになった。
ゆっくり話を聞いてもらって、自分の状況を少し整理できて、精神的にも落ち着いた。
お金のこととかも、不要に焦ってた部分とかも整理できて冷静になれて、よかった。
率直に話すことは大事だなあ。
聞いてくれる人がいることはとてもありがたいし、あたたかいです。
やっと風邪が良くなってきて仕事に取りかかれた。また一つ効率の良い仕事法を見つけた。こんな風にだんだん上手くなっていって量こなせるようになるといいなあ。
今月や来月生きられるかという単位で金が無いのは兼ねてからの悩みなんだが、今日ふとこのまま細々とした仕事をやりながらいつまで生きていくつもりなんだ?生きていけるのか?という疑問が突然。
いや、将来思い描いていることとか、目標とかあったはずなんだけど、それが全部ふと幻のように感じられてしまって、将来に何もないように感じた。
本当はそれが現実なのかもしれないし、わからないんだけど。
でも具体的にやろうとしていることもあったよね、ちゃんと。やろうとしていることは、書きとめておこう。忘れないように。
とりあえず生きてれば何かしら私は面白いだろうとは思うんだけれど。まず生き延びられるかが問題だけど。