上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミュージカル『1789 バスティーユの恋人たち』
・小池ロナン×ねねオランプ×凰稀マリー
・小池ロナン×さやかオランプ×花總マリー
・加藤ロナン×さやかオランプ×凰稀マリー
の組み合わせで観てきました。

まず、フランス発のミュージカルなので、日本人が書いた「フランス革命」からはあまり感じてこなかったことが所々にあったなあ、と。

今まで教科書などで読んでいたフランス革命では、民衆が武装蜂起したことの方が印象に残っている。しかし、今回の舞台ではその前に「虐殺」という言葉が数回はっきりと示されている。視覚的にも、丸腰の市民たちを複数の軍人が銃で狙うシーンが繰り返される。
そうか、この歴史が「フランス革命」という言葉で残っているのは、市民が武器を取り立ち上がったからなのだ、と。そうしなければこの歴史は、フランス軍による市民虐殺事件として名を残していたのかもしれないんだ、と思った。
しかし暴力はさらなる暴力を生み、ロベスピエールは政敵やかつての仲間までも次々とギロチン送りにする独裁者となっていくという、次の歴史もある。互いに殺しあう戦いはやはり悲惨なものだとは思う。
それでも、決して屈しない、どんなに大きな権力が攻撃してきても、自分が虐げられて良いとは絶対に思っていないフランス市民の力強い姿には、感動せずにはいられない。この精神性は少なくとも現代の日本人にはかなり乏しいと思う。

小池ロナン版では、冒頭のシーンでもすでに「そうか!これがフランスの人たちの強さか!農村の人々でもこんなに誇り高い!」と思ったのだけれど、加藤ロナン版では冒頭シーンがすごくあっさりしててちょっと驚いた。
それは2人の演技プランの違いによるもので、どちらが良いかは人によって好みが分かれると思う。2人のロナンは、驚くほどに全く別の人物に仕上がっていた。
歴史ものという性格もあって行間の多い物語だから、演技によって人物像が大きく左右されるのだろうけれど、ここまで違うロナンをダブルキャストでそれぞれに作り上げた2人の役者は、本当にすごいと思う。この2者を見比べられたこと自体が、とてもエキサイティングな演劇体験だった。

加藤ロナンは、ロベスピエールたちと出会った当初からしばらくは、彼らから聞いた自由、平等、権利といった言葉をそのまま、覚えたての言葉を使いたがる子どものように話している。彼がその意味を、本当に自分の実感の中で理解するのは、一幕の終わりだと思う。

一方小池ロナンは、ロベスピエールたちから自由と平等、人の権利について聞かされた時、きっと「それは自分が元々知っていたものだ」と感じただろう。
哲学とは「人間がどう生きるべきか」という学問だと聞いた時、彼は「それならあんたたちインテリよりも俺の方が知っているかもしれないぜ」と答える。加藤ロナンはこれを、気の良さそうな素朴な調子で話す。
小池ロナンの場合、この言葉に、彼が農村で作物や家畜を育て、村の人々や家族と助け合い、貧しさや自然の困難を乗り越える中で学んできたことに強い誇りを持っている、確信を持って「人間がどう生きるべきか知っている」と話している、と感じさせる。
小池ロナンはロベスピエールたちと初めて会った次のシーンでは、すでに権利も自由も平等も、自分の言葉にしている。彼は元々それを農村の暮らしの中で知っていた。そこに明確な言葉が与えられた瞬間は、きっとヘレンケラーが「水」を理解した瞬間のような衝撃と感動があったに違いない。

きっと革命に身を投じた貧しい平民たちの中には、加藤ロナンのような青年も、小池ロナンのような青年もいただろう。どちらの立場から描かれることも意味があると思う。
しかし、小池徹平でなかったら、農村に暮らす学問を知らない貧しい人々の中に確固たる哲学があることを、ここまで明確に示してくれただろうか…と思うと私は涙が出る。

現代の政治や運動に置き換えても、どうしても中心は、学ぶことのできる環境にあったインテリ層が多くなってしまうという問題はある。
反差別、反貧困を叫んでも、その真ん中にいる人たちの偏りは否めない。本当に貧しく、学ぶことのできない環境にあった人がその中心にいることは少ない。
私自身、その問題を丁寧に扱うことができず、後から指摘されて後悔した苦い経験がある。
だから、ロナンがロベスピエールたちを責めるシーンは自分自身にも鋭く刺さる。

二幕の初め、ダントンが皆に「シトワイヤン(市民)!」と呼びかけるシーンで、なぜか私は一瞬、自分にも呼びかけられたように錯覚して、はっとしたのだった。
スポンサーサイト
『ぼくだけが知っている』のいくつかのシーンや言葉は、日常の中でもふと思い出されることがよくある。

ひとりよがりな想いの押しつけについて考える時は、「プレゼントぼーりょく」という言葉が浮かぶ。
街路樹のイルミネーションを見ると「ちくちくする」と思ってしまう。
友達との関係について考える時には、らいちがいじめっ子に対抗するために少しえげつない脅しの手段を使って、その立会人となった今林くんが言ったことを思い出す。いじめ撃退には成功したけれど割り切れない気持ちになるらいちに、今林くんは、この役目を僕に頼んでくれてかなりうれしかったんだよ、と伝えるのだ。
そして吉野朔実先生の訃報を聞いて、自分でもよくわからない感傷に襲われている中で、らいちたちがかつてのクラスメイトが病気で死んでしまったという知らせを聞いて、現実感のない訃報の受け止め方に迷う回を思い出した。

吉野朔実作品は、『少年は荒野をめざす』も『月下の一群』も衝撃的だったけれど、『ぼくだけが知っている』は不思議なほど私の日常に染みついていて、私が思い入れの一作を選ぶならば、やはりこれなんだろうな、と思う。

吉野朔実作品は、怖い、とずっと思っていた。
『月下の一群』は読んだ時とくに怖かった記憶がある。気付かずに読めば、単なる繊細な男女の群像劇に読めてしまう中に、できれば向き合いたくないもの、自分の中にあるもの、人と人の関係の中にある怖いものを突き付けられるような感覚があった。
それは最初期からずっと、漫画家としてのキャリアを重ね年齢を重ねても、追及の手を緩めることなく、吉野朔実の漫画はさらにダイレクトに怖くあり続けたように思う。
まるで少女のような、人間への厳しさ、人間の体と心を持っている自分への厳しさを抱き続けた人、という印象がある。

私が吉野朔実作品をかじりつくように読んでいたのは十年ほど前の大学生の頃。完全な後追い世代だ。
最近の作品は、あまり読んでいなかった。自分自身が大人になっていくにつれて、その少女のような高潔さや激しさについていけなくなったのかもしれない。

でも、そんな作品を描く人だったからかもしれない。
訃報を聞いた時、ああいう作品を描く人が若くして亡くなってしまうのは、本当につらい、悲しい、と感じた。
直接の知人でない著名人の訃報を聞いて、こんなにすぐに「悲しい!」という言葉が降りてきたのは初めてだった。
「ご病気のため4月20日にご逝去されました」というたった一文で、2週間後の今になってあっけなく告げられたその死の表象は、まるで吉野作品そのもののようで、潔く、悲しかった。

天国で安らかにいられることをお祈りする気持ちは、心からのものだけれど、同時に、死後の世界があるのならばそこでも少女のように厳しいままでいてほしい、と願ってしまう自分がいる。
こんな気持ちの押しつけも、プレゼントぼーりょくだろうか?

あなたの作品を愛しています、とだけお伝えしたい。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。