上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミュージカル「わたしは真悟」を観ました。

演出や音楽、美術などで素晴らしい面はたくさんあったし、感動してとても好きだという人がたくさんいてもおかしくない舞台だと思うんです。キャストの皆さんも素晴らしかった。

だから今回は感動した人の気持ちをぶち壊してまで批判意見をぶつけたいという感じではないので、そういうの見たくないなーという人は読まないことをおすすめします。

ただ、やっぱりどうしても、納得いかない…

楳図かずおの原作漫画があまりにも名作すぎて、ハードルが高くなりすぎていたのかもしれない…とも思うのですが…

これは、原作を読まずに観たほうがいいのかもしれません。
原作抜きで観れば、こういう不可解なイメージの連続で観る者に理解させることを拒否するような作品の一種として楽しめたのかも。

もちろん漫画でもそういう類の名作はある。原作がそういう、つげ義春の『ねじ式』のような読者の理解を突き放すような作品だったならこの舞台化で満足できたのかもしれない。
でも、『わたしは真悟』はストーリーを読ませる漫画なんですよね。続きの展開が気になって全巻一気に読めてしまうような。

正直今回の舞台化はそういうストーリー展開の面白さはすっぽり抜け落ちて、原作に表れる不可解だけれど魅力的なイメージの部分だけを羅列したものという感じがして…
ストーリー上できちんと意味を持っている言葉や事象が、舞台では、原作を知らずに観たら「わけわからないけどなんだか面白いフレーズだなあ、面白いイメージだなあ」と思ってしまいそうな感じなんですよね。
それがどうしても、「そういう類の作品として楽しむもの」というよりは、作品の劣化に見えてしまった。

まあでもそれだけなら、自分の好みに合わなかったとだけ言ってもいいように思うんですが。
いくつかポリティカルなことでも気になったところもあって。

一つは、「イギリスでの日本人排斥運動」の描き方。

これは原作でも描かれている展開なんだけれど、こういう政治性を帯びる事象は「今の時代にこれを描く意味」を改めて考えて脚本にする必要が出てくると思うんです。

原作の時代においては、「排外主義」という言葉は今ほど一般的に問題化してなかったと思うんですよね。
そういう中で、「発展ばかり目指して盲信的に危険な物も生み出そうとする日本が海外先進国から見捨てられる時が来る」という描き方は、自己批判的であり革新的だったのかもしれない。

しかし、今の時代背景では同じものを描いても違う見え方になってくる。つまり追い出される側に自己批判が向くよりも、追い出す側の排外主義が批判されるべき時代。

しかも舞台は原作以上に断片的な描き方で、「排外主義者のヨーロッパ人が日本人を追い出そうとしている」というイメージだけ飛び込んでくるような感じがしてしまう。
あれを見て今の日本人が受け取るメッセージって、「日本人に危害を加えようとするわけわからない外人コワイ」くらいのものなんじゃないかなあと。
それってむしろ、日本人が抱く排外主義的メンタリティを強めるメッセージになるんじゃないだろうか。

プラカードを持ったデモ隊という描き方も、暴行の印象の方が強かった原作より現代社会を表面的には取り込んでいる気がするけれど、現代においてこの作品は何に対して批判を向け、何に対して警告するのかという意識が非常に曖昧で稚拙な感じがしてしまった。

もう一つ気になったのは、悟とまりんが「大人になってしまう」ということに関して、まりんが「大人の女」になることに原作よりもさらに強く意味付けしている感じがしたこと。

原作ではまりんが大人になることに関して、ロビンが「胸が膨らんできた」という表現はあるけれど、初潮そのものを意味する表現はない。
そしてまりんだけが大人になるのでなく、悟も過酷な状況を大人の手を借りず自分で生き抜く体験を経て、漫画の最後には、冒頭とは比べ物にならないほどに大人の顔になっている。

まりんが大人になるのがロビンによって早められたというのも、あんなに拒んでいるロビンに求愛されて女っぽくなったということじゃなくて、大人の手を借りられない場所で危機に面したことで、自分自身が大人にならざるを得なくなったという意味ではないかと思う。
当然ロビンに女として見られ危機に瀕することから、女である自分はそれによって危害を受ける存在だと自覚する、という意味も含まれるとは思うけれど…

その辺が、舞台ではあまりにまりんだけに「大人の女になる」イメージを付加されすぎている感じがして。そして悟は最後まで子どものままのような感じがして。

女の子だけ「大人の女」にして、男の子は男の子のままに描くって、なんか吉田秋生の『櫻の園』で、子どもの頃に「ませてるね」と言われて深く傷付いた少女を思い出しちゃうような、女に生まれたがそんなに悪いか!?ってブチ切れたくなっちゃうような、そんな感じ。

私は楳図かずおの漫画全部読んだわけではないけれど、知っている範囲では、そういうところフラットな感じがしているんですよね。
自分の顔の美醜にものすごく振り回される女もよく出てくるんだけど、同じくらい自分の顔の美醜に振り回される男も出て来たりするところとか。

なんかねえ、その辺が、一人だけ完全に「大人の女」の衣装に変わってしまう舞台のまりんを観てるとモヤモヤして、悲しかったんです。


まあそういうわけで、ものすごく期待していた舞台だったし、Open Reel Ensenbleが舞台上で音楽を演奏する手法とか、音楽そのものも素晴らしくて超ステキ!って思ったんだけど、脚本の部分でどーしても納得できなかったのでした。

という話でした。
スポンサーサイト
ユーリ!!! on ICE、間違いなく傑作フィギュアスケートアニメで、めちゃめちゃ面白かったのですが

物語が進むほどに主人公・勝生勇利のモノローグの信用ならなさに目を剥くようになり、最後にユリオの述懐が種明かしのように投下されて、なんなんだユウリカツキー!!と爆発して砕け散った視聴者も私以外にもたくさんいたことでしょう。


そんな勝生選手の異常さを、そのスケーターとしての成績から非常によく分析された記事がありました。

勝生勇利の昨年までの成績を真面目に検証してみた。
http://privatter.net/p/2094328

雑魚キャラ主人公のもとにいきなり王子様が現れて引っ張り上げてくれてラッキー♪なシンデレラストーリーかと思ってさんざんイライラさせられた視聴者が、狐につままれたような気持ちになるこの事実。

だってそりゃグランプリファイナル6位ってさ。最下位とはいえ世界各国から戦い抜いてきて最後に残った6人に入ってるんだもん。なんで初回そんなに自分が他の選手の目にも止まってない、名前も覚えられてない、みたいな自意識なのよ。

選手としての才能や実力がもともとすごいというのもあるけど、そこまで勝ち上がるアスリートの努力ってハンパなものじゃないと思うし、この人ヴィクトルに出会う前にもうすでにちゃんとやるべきことやって、しっかり上がってきた人なんじゃん、というのが一番衝撃で。

なんなんだその、自己イメージのめちゃくちゃな歪みっぷりは。

そこで私の頭にふと浮かんできた言葉が「子豚ちゃんの呪い」。

ヴィクトルは、勇利を「子豚ちゃんから王子様に変身」させようとして指導しているんですよね。そもそも勇利は、本当は王子様なのに自分を子豚ちゃんだと思い込む呪いにかかっているんじゃないかって。

子豚ちゃんで思い当たるのは、勇利の両親。いかにも穏やかで優しい人たち。営んでいるのは人々を癒す「ゆ~とぴあ」。彼らはきっと本当にいい人たちなんだろうと思うけれど、息子が世界大会出場までする選手になっても、いまだにあまりフィギュアスケートのルールを理解していない。

勇利の母が、スランプに陥りボロ負けして里帰りした息子に「やっと帰ってきてくれた」と言うのを聞いた時、私はなぜか、カツカツの生活でもなんとか一人で暮らしている私に親が「帰ってきてもいいんだよ」と言ってきて、それが全く嬉しくなかったことを思い出した。

おそらく勇利の両親は、勝つことにあまり興味がない。きっと彼ら自身の人生が、人と競い合うことを喜ばず、どんな人とも仲良く平和に過ごせる空間「ゆ~とぴあ」を作ることに尽力してきた人生だと思う。

スポーツにおいて勝ちたい、一番になりたい、という気持ちはけして人間の平和を乱すこととは違うけれど、勇利がその気持ちを両親の前で表現することは、かなり勇気がいることだったかもしれない。

けれど勝生勇利の本質はアスリート。本当は誰よりも勝利を熱望している。

衣装を着てメガネを外し氷上に立つ時の勝生勇利は、まるで別人のような容姿になる。育った環境の中で着込んでしまった「子豚ちゃん」の着ぐるみを脱げるのはこの時だけ。

しかし、染み付いた「子豚ちゃん」の心がその闘志を邪魔する。望んだ勝利があと一歩先に見えた瞬間、「お前なんかにそれはふさわしくない」と囁く声に脅え、崩れてしまうことが、これまでも何度もあったんだろう。

ヴィクトルはそんな勇利に最初から「グランプリファイナルで優勝させる」と断言する。それは勇利がずっと出したくて出せなかった声だっただろう。

気持ちは誰にも見つけられなければなかったことになっていく。けれど、ヴィクトルは勇利がそれを言う前に、その気持ちを見つけてくれた唯一無二の存在。だから「ヴィクトルはヴィクトルでいてほしい」し、「僕が勝つって僕以上に信じてよ」という言葉になるんだろう。

本当は勇利自身、「自分は勝利を掴む人間だ」「自分ならもっと上へ行ける」と心の底で信じている。けれど、その勝利への欲望は蓋をしなければいけない醜いものだという刷り込みがもしあったならば、それを言葉にすることも実現することも難しい。

ヴィクトルは勇利の奥底に眠る気持ちを引き出す人であり、勇利の心を代弁する分身ような存在でもあるかもしれない。ユーリ!!! on ICEの3つの「!」の一つはやはり勇利の分身としてのヴィクトルだろうか。

ヴィクトルは勇利を、温かく閉塞的な親元から、インナーマザーの支配から解き放つ者でもあったから、勇利とヴィクトルの間には、あの結婚のような儀式が必要だったのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。