上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日に、2つの美術館に行ってきました。


1つ目。品川の原美術館、ヘンリー・ダーガー展
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

ヘンリー・ダーガーについては↓
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D8%A5%F3%A5%EA%A1%BC%A1%A6%A5%C0%A1%BC%A5%AC%A1%BC
めずらしくはてなが分かりやすかった……
もっと詳しくは↓(評論つき)
http://www.aguni.com/hon/back/tennsi/15.html

アウトサイダー・アートという言葉を初めて知りました。
ショックでした。1人の頭の中、1つの小さなアパートの部屋の中に、これだけのものが誰にも知られずに、孤独な妄想のまま約60年。
こんなことがあるのか。

現実をここまで手放して生きることは、しかし彼にとっては幸せだったのか?
でも彼は現実の中で細々と働きながら80年、自ら死ぬことはなく生き続けた……それは、一体どういうことなのか。
人間はこういう生き方もできてしまって、こんなすごい芸術はこんな生き方でなければ生まれなかったであろうし、でもそれは。
現実は、彼にとってなんだったんだろう。

うーん。


で、2つ目。森アーツセンターギャラリー、ねむの木のこどもたちとまり子美術展
http://www.nemunoki.or.jp/
ねむの木学園です。

実はこれもアウトサイダー・アートといえるんだよね。ナイーブ・アートともいうそうなんですが。
子供って本当に誰でも天才なんじゃないか……どうしよう、眠っている子がこんなにいていいんだろうか。
と。

自由に絵を描く時間、どこの学校でも週1とかでいいからやればいいのになあ。
ねむの木だってクラブ活動でやっているだけなのだし。
でも、本当に彼らの才能をここまで高めてしまえるのは、愛してくれる人がいて、その人に絵をプレゼントする、その人は上手いとも下手ともいわずに、「ありがとう」って喜んでくれる。
そんな流れがあるせいかなあ。


日曜日に良いカルチャーショックでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/10-2c618dd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。