この間JLMMという団体の話を聞いてきたんですが。
途上国にボランティアを派遣している団体ではあるけれど、その立場が「信徒宣教者」といって、宣教というミッションを担って行っている。
といっても教会のあるところにいって、その共同体の中で福祉やら開発支援するみたいですが。
まあその賛否はいろいろ。


その中で、「コミュニティー・共同体」って大事だねっていう話になって。
帰国した派遣者の女の子の一人に、「今一番何がほしい?」って事務局の人が聞いたら、「コミュニティーがほしい」と言ったそうです。

ああ、それだ!という感じ。

浪人生の頃、家族がいても、友達と時々会ったりしても、どうしても孤独だったのは、私は「コミュニティー」に飢えてたんだな、と。
ネットの詩投稿サイトとサンボマスターBBSでなんとかつないでたけど、なんだかすごい渇きを感じてた気がする。そのときは「ストレス」と呼んでいたけど。

今は、これなんだろう?
不思議なことに、あんまりしょっちゅう会ってるわけでもないのに、大学の頃の何人かのつながりが、いまだにコミュニティーだという実感があるんだよね。
あと、最近JOCのつながりもできたし。あそこが「自分の共同体だ」と思える場所になってくといいな。
でも、一人で部屋にいるときなんかさびしくてmixiばっかり何もないのに見てるときもけっこうある。今は、さびしさと向き合うことも、やっと自分が自分になっていくようで充実感はあるかもしれないけれど。でも死にたくはなるけど(笑)


何がいいたいのか良く分からん感じになったけど…いやね、
今私の周りにつらい状況にいる人がいっぱいいて…っていうこれ読んで「自分のことか」と思いそうな人が4、5人いるくらいで。
自分が何に苦しんでるのか見えるのって大事だと思う。
もしかしたらそれは、コミュニティーに飢えてるってことかもしれない。なんてちょっと思ったから。「つながりたい」っていう気持ちかもしれないと。


(mixiより転載)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/107-aba40717