Image0042.jpg

あー、やっと見たー!バニラビーンズ!!

なぜかバニビは急用が入ったり時間間違えたりして2、3回見逃してて、まだ見れずにいたんです;
やっぱ今売り出し中アイドルの中では注目株だし、見ておかないとですよねー。

実際に見てみたら、Winkにすごく似てる!と思いました。
めちゃくちゃおしゃれで可愛い衣装、センスばっちりの音楽、マリオネットのようなクセになる感じのダンス、無機質な雰囲気の2人組。

しかしWinkだって紅白に出たのは1回だけで、そこまで大ヒットしたアイドルってわけでもない印象…。
まあアイドル冬の時代に彼女たちだけちょっと飛び出てて、すごいユニットだったとは思うけれど。
最近のCDセールスってほんとシビアなんだなあ、と思うのは、724だって前回6位とって、ももクロとかも7位だっけ?そのへんまで行ってるにもかかわらず、知名度はまだまだなわけで…今の時代にWinkが通用するだろうか!?みたいなところも考えたりしました。
たぶん、ランキング的にはバニビもけっこういいとこいきそうだと思うけれど。

しかしデートピアなんかが単純におしゃれでかっこいいってだけ(かわかんないけど)で、アイドルに英語の歌詞とかばんばん歌わせちゃうのに比べたら、歌謡ポップな部分も大切にしつつ超いい曲ばっかりで、ずっとセンスいいと思います。
本人たちも可愛いしいい子達そうで楽しかった。
曲はもろスウェディッシュポップ~ネオ渋谷系までって感じ?と思ってたら、「東京は夜の7時」カバーもやって、「うわ、ホントにもろ来たー」って感じでした。でもこのカバーのアレンジもすごいセンスよかった。


…しかし、3000円とか払って見ないだろうな、私、この子達。
そこは見る前と残念ながら変わりませんでした。
本人たちが実際どう思ってるかはわからないんだけど、彼女たちはパフォーマンスそのものを「幸せ」と感じてるんだろうか、と。そういう感じは伝わってこなかった。彼女たちは、「できることなら10年後も20年後も、このグループを続けたい」と言えるだろうか、と。
まあ今のメンバーになってまだ2年だしそこまで求めるのは厳しすぎるかもしれないんだけどさ、でも最近新メンバーを迎えたばかりの724もCHIX CHICKSも、「この瞬間が永遠に続いてほしい」みたいな多幸感がすでにある。

パフォーマンスの中で彼女たちが何か「成し遂げた」と思える部分をもうちょっと作ってあげても良いかもしれない、と感じました。なんだか「できることしかやらせてない」感じ? 能力の高さアピールに走らないっていうところはアイドルプロデュースとして間違ってないんだけど、努力の結晶みたいなものを、ステージに上った時に表すことができれば、そこは彼女たちにとって最高に幸せな空間になるはずなんじゃないかな…




ところで、WaTの新曲情報入ったみたいですね。
って今書いてすごい心臓がどきどきしました。小池徹平ソロといい、この間のイベントの時といい、難点だったアレンジがすごくかっこよくなっていたので、新曲はそこにまず期待です。

男性アイドルで「アイコン」的な人が少ないのは、ジャニーズの牙城ってところもあるんだろうけれど、やっぱり男性社会の特性をひきずってるのかもなあ。むしろ坂本龍一とか清志郎みたいな天才の方が「アイコン」ぽさがある。
そういう意味で、WaTには凡人であり「アイコン」的であり、アイドルである男性グループになりえると期待しています。とりあえず新曲ドキドキだー!


(mixiへ転載)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/119-da775f5d