もう最初から最後まで7人そろってのライブ。クオリティもどんどん上がってるし、どうも客も増えてるっぽかったし、これから何かが始まる予感ばしばし。

シャッフルユニットも、きゃんち&せぐうぇいの「ふわふわ時間」も悶えるほど可愛く、腐男女ユニットはよきゅちゃん&蓮次、きょも&コジくんと、ダブルで萌え萌えカップル!
そして6/2に誕生日を迎えた浦正くんのソロでは、みんなの声援と青いサイリウムに感動した泣き虫まーくんの涙が可愛かった!

そんな最高のライブだったのですが。
新曲「無敵!夏休み」のカップリング曲の1つ「草食ライオン」という曲は、私のキャパを完全にオーバーして、固まって動けなくなってしまった。
最近の「草食系」「肉食系」というのをライオンのオスになぞらえて歌ったこの曲、今時これはやばいんじゃないかというくらい男性至上主義。「子育てはメスの仕事」っていう歌詞は、まあたしかにライオンだったらそうなんだけど、放送メディアだったら苦情来るレベルじゃないか?

……しかし、これを歌ってるのが、男装の女子。男装というか、男の子キャラを演じている女の子だ(ついでに振り付けはゲイを公言してる前田健だ)。
しかもこの子たちは、自分の好きなものにのめりこみ過ぎて、プロレスのリングに上がってしまったり、レーサーのライセンスを取ってしまったり、超レベルなコスプレ写真集を自分で作ってしまったり、カメレオン飼ってしまったり……
まあとにかく、男が求める女になることよりも、自分のやりたいこと第一、そんなところがこの子たちの最大の魅力なわけだ。

これは無自覚なのか?それとも大胆なアンチテーゼなのか??


前から思っていたんだけれど、プロデュース側の人間たちは、どのくらい自覚的なんだろう?
もともと腐男塾がこれほどの完成度を確立したのも、偶然の産物のようなもので、企画した人たちも最初はこんなことになるとは思ってなかっただろう。
でも、そろそろこれが一体何なのか、考えなきゃならない。
人気・知名度が自明のものになる頃には、必ず「ジェンダー」っていうメスが入ると私は思っている。すでにその辺関心の高い方々から熱い視線はそそがれつつあるようだし、「論」として語られる日も遠くはない。
わかってやってるのか、無自覚なのか、まだ判断はつかない。
「草食ライオン」が7バージョンある初回版には収録されず、通常版の3曲目のカップリングになっていることを考えると、目立たないところで思い切って実験したってこともあるかもしれないけど…

そろそろ私も彼らをジェンダー切りしなきゃいけないかな…?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/131-4e1bf46b