「なぜ渋谷・宮下公園をナイキ化してはいけないのか」

A.I.R Miyashita Park
http://airmiyashitapark.info/wordpress/
みんなの宮下公園をナイキ公園化計画から守る会
http://minnanokouenn.blogspot.com/

宮下公園ナイキ化に反対する人たちへ、「なぜ」を投げかける人が多く見えるようになってきました。
このこと自体は、とても良いことだと思います。
今まで疑問に思わずにやりすごしてきた人たちの中に、反対運動という異質な動きが、放っておけないレベルで入り込んできたのかもしれません。

しかし、これには様々な角度から語られる問題が入り組んでいて、「なぜ」と投げかけるたびに違う答えが返ってくるという状況にもなりかねない部分があると思います。

私自身が捉えうる、問題点をいくつか述べてみます。



●まず、渋谷区の言い分や行動に、多くの矛盾があり、暴力的な論理があること。

TBSラジオ Dig「渋谷・宮下公園。今どうなってるの?」
http://www.tbsradio.jp/dig/2010/09/post-390.html

Our Planet TVの白石草さんが宮下公園について語っている番組ですが、渋谷区の伊藤毅志区議も電話で出演しています。
この伊藤区議の話ですが、そもそもスポーツパークに「改修」する目的が区議の語るとおりのものだったら、まったくそのまま通すわけにはいかない暴論。

渋谷駅の玄関口にある公園に、野宿者が多く住んでいる環境や暗い・怖いイメージは望ましくない、その状況改善のため、という理由が上のラジオでは語られていた。
その後伊藤議員は、支援策も行っている、と強調するが、それでもまだ公園に住む人たちがいなくならないので、スポーツパークとしてきれいに整備したらいなくなるだろう、という。

…つまりそれは、支援しきれない野宿者は、排除するということでは?
そして、そもそもの「改修」の目的が排除だと、区議自身が語っている。
行政の支援策で救いきれない数の野宿者がいるのが、日本の現状だとして、その人たちを水の確保ができ、テントによって雨風をしのげる公園という場所から改修工事の名目で追い出すことに、暴力以外の何の意味があるのか?


●公共という「誰でも自由な場所」の喪失

TBSラジオ デイ・キャッチ!「渋谷・宮下公園の未来」
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/fri/

ここで宮台真司さんも語っているが、渋谷は本当に、落ち着ける「隙間」が少ない街だと思う。
ちょっと座って休んだり、何か食べたりする場所。
昼寝する場所。
考え事や、ただひたすらぼんやりしたい時を過ごす場所。
パフォーマンスやその練習をする場所。
子どもが創意工夫して遊ぶ場所。

宮下公園って本当に、細長くて、隙間そのもののような公園だ。たぶん実際、あまった隙間に作ったんだろうと思う。
でも、木陰といい、適当なスペースといい、“何もしなくてもいいし、何をしてもいい場所”としては最適な公園。観光スポットになるような立派な場所じゃない、誰でも使える近所の公園だと思った。

ナイキの提案書やイメージ図が↓で見られる。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/639
とくにここの、「2008年2月ナイキ提案の公園イメージ」を見てほしいと思う。すごく、隙間が埋められる感覚がするんだけれど、この嫌な感じ、人によっては伝わらないものなんだろうか。

しかも、スポーツ施設は有料で、夜間施錠管理されるという。
さまざまな商業施設が埋め尽くす渋谷という街の、わずかな隙間だった公園さえも、商業施設に作り変えようとしている。
渋谷の目指す方向は、「カネをはらえる人だけが居られる街」なのか。

また、この「ナイキ公園」、緊急避難場所としての機能はほぼ失われると考えられるのだが。その意味でも、ただの「整備」だというのは嘘だし、公共の場所としての「公園」というものではなくなってくる。渋谷区は別の避難場所を考える必要が出てくると思うけれど、そのへん、どう考えてるんだろうか。


●直近の問題として…不法な暴力行使があったこと

15日の封鎖に伴い、公園で生活していた何人かが、強制的に外に追い出された。
彼らの荷物が公園内に残され、取りに行くために押し問答のような事態になったことからも、荷物を用意することもできないような強制的な排除があったことがうかがえる。
しかし実際に追い出された人の話は、もっとひどいものだった。

どんな場合であれ、意識のある人を数人で抑えつけて、モノのように運び出すなんていうことが、あってはならない。
このことを考えると、今でも涙が出るほどショックだし、本当に怒りを感じる。

日本を、東京の渋谷という街を、暴力にものを言わせて支配する世の中にしないという、そのたった一つの意味だけでも、渋谷区のやり方に反対する正当性は大いにあると知ってもらいたいと思う。




…それでも、野宿者や反対団体による不法占拠はよくないんじゃないか、という人々もいる。
しかし、考えたことがあるだろうか。「占拠」の意味。私は宮下に行くたび、それがわからなくなった。

私自身の宮下とのかかわりはそんなに深くはなく、上映会や勉強会のお知らせをもらって遊びにいく程度だったけれど、夜の宮下公園を歩いていくと、ハンディカメラで何かの撮影をやっている若い人たち、アカペラコーラスの練習をしている人たち、反対運動とは関係なく、さまざまな人がいろんなことをしていた。
イベント開催場所で、映画を見たりディスカッションしたりしていると、飲み会に行く人たちや、カップル、サラリーマンなどがその横を通り抜けていく。通り抜けながら、ちょっと立ち止まって見ていったり、ちらちらと興味ありげに見ている人もいて、それが楽しかった。

一体公共空間にいることの、どこからが占拠で、どこまでが占拠じゃないんだろうか。

ただ座るだけ、寝転がるだけでも占拠?
椅子を置いて座ったら占拠?
物を置きっぱなしにしたら占拠?
夜寝泊りしたら占拠?
テントを張ったら占拠?
ダンボールハウスでも占拠?


…ていうか、私も本気で公共哲学勉強しようと思いました。流行ってるし、サンデル先生(笑)


最後に、23日の抗議行動の様子を写真とともに。
すごい数の警察の護送車と、警官が封鎖した出入り口付近で立ちはだかる様子が異様でした。
マイクパフォーマンスでは、女性の活躍が目立っていたように思います。
女性や子どもの「安心」「安全」は、カネや権力や、暴力によって守られるものであってはならない、力の弱い人が主導的に「安全」でいられる場所が、公園でなくてはならない、と。
本当にたくさんの人が、どしゃぶりの雨の中、熱い気持ちで集まっていました。

hensyu2.jpg

hensyu3.jpg

hensyu.jpg

hensyu4.jpg

hensyu5.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/138-6d4c42a3