hoshikage.jpg


星のオトメ歌劇団
、最近ハマっております。なんですかこの人たち。面白いです。
なんでこんなに良いのかなあ、と見るたびに思ってます。

星のオトメ歌劇団、略して「ホシカゲ」。メンバーは合わせて13人、うち2人は活動休止中。
アイドルとしての音楽活動とともに、メンバー全員での舞台公演も行う、小劇団のような一面を持つグループです。
そしてて世間での呼び名(?)が「聴かせるアイドル」だそうです。


この「聴かせるアイドル」たる所以は、ここから主観を交えて語らせてもらいたいと思います。。。


ホシカゲの楽曲、特にその歌詞は、現在活躍するアイドルの中でも、最も特異なものなんじゃないでしょうか。というか異常と言ってもいいと思います。
今回のホシカゲベストの1曲目、『一万年の孤悲』も、冒頭から飛ばしてます。


忘れないあなたを 死んでくあなたを
輪廻をこえて僕は一万年の孤悲(こい)をする



この曲は、なぜか前世の記憶をもつ「僕」が、転生した「彼女」を輪廻をこえて愛し続け、「彼女」を探し旅をする、という壮大かつちょっとアブナイ感じのドラマになっております。
ホシカゲの楽曲はほぼ全てこういう、ファンタジーかつ重い(笑)ストーリー仕立てになっている。アルバム収録曲のタイトルだけ見ても、

1. 一万年の孤悲 2. 僕が好きなアリアの歌 3. ドリームトレイン 4. リトルサーカス 5. キミヘエキスプレス~地球最後の日~ 6. ベストセラー作家レオンの正体 7. 涙の海で抱き締めて 8. 買い物へ行こう 9. 怪盗セシルの例外 10. リリィの不思議な冒険

まあだいたい「なんじゃこりゃ」感が掴めるのではないかと思います。
今回、新曲としてアルバムに収録された「買い物へ行こう」も、タイトルを見て普通かと思いきや、


今日は誕生日 君が生まれた日
自転車こいで行く 花を買いに行く
君の目がもし見えたら
この青やピンクや黄を感じることできたかな

ラジオのニュース
空襲警報はもう隣町まで近づいていた


……なんと盲目設定と戦争設定の二本立てという、攻め攻めで参りました。
これでこそホシカゲです。


買い物へ行こうよ 怖がらないで
僕の手をしっかりと握ればいいさ
どうせ大事なものは目に見えない


「買い物へ行こう」という言葉にそんな重い意味が込められていたとは…

そして、曲はとても美しいメロディーのものばかりです。
(↓アマゾンで視聴できます)
ホシカゲベスト(初回限定盤)(DVD付)ホシカゲベスト(初回限定盤)(DVD付)
(2011/03/02)
星のオトメ歌劇団

商品詳細を見る


その美しいメロディーをしっかり聴かせるメンバーの歌唱力がまた、なかなかのものなんです。


どの曲も、マイクを持つのは2~4人で、あとのメンバーはダンス担当となるので、最初はセンターとサブがはっきりしたグループかと思いきや、曲によって毎回歌い手が変わる。
約半数のメンバーが、ソロでも十分いける、高い歌唱力。

おそらくソロデビューもしている渡部優衣さん、七瀬由紀子さんがツートップの実力だけれど、リーダーとサブリーダーの江里奈さん、小花さんが男役・女役に分かれて掛け合うのも魅力的だし、ルリさん、湯浅ひろみさん、麻日さんもそれぞれに個性があって聴かせる。

他のメンバーはあまり歌声を聴く機会が少ないのだけれど、3月末には「単独歌唱公演」を行うとのことで、ゆくゆくは全員がソロパートを持てるように成長していってくれたら面白いなあ、と思います。

センターが毎回変わるっていうのは、モー娘。も昔よくやっていたと思うけれど、センター以外はマイクも一切持たずにっていう完全な切り分けでこれをやるのは、いかにも「歌劇団」らしくて面白い。
歌い手が歌に集中して、しっかり聴かせる歌い方ができるし、いろんな歌声の個性が楽しめるのも魅力的。


まあしかし、言いたいこともいろいろありますよw

まずサウンドの薄さ!
なんでこんな良い詞と曲なのに、シンセ一台で作ったような音なの?アレンジじたいがセンスが酷いわけでもなくて、音がとにかくぺらぺらなんですよね…
新曲には少々改善の傾向も見られるんですが、それでもやっぱり薄いなあ。
曲を一手に引き受けている“Yusuke Takatani”さんという方が打ち込みが苦手なんでしょうか…。これはもうちょい何か対策を考えてほしいなあ。

そして、動画の少なさ。
ほんとにね、戦国アイドルはみんな動画を利用すべきですよ。特に、イベント・ライブの映像はがんがん流すべき。アイドルはライブ見ないと良さわかりませぬもの。動画でライブ映像見て、実際に見に行きたくなることって絶対あるから。
Perfumeのブレイクのきっかけだって動画だったし、その辺アイドルのプロデューサーはもっと敏感になるべき!

最後に、イベントもTシャツじゃなくて衣装で!
頑張って毎回洗濯して乾かして、衣装で出演してほしいです。(Doki☆やYGAはやってるし!)
似合う衣装を着てるか着てないかで、パフォーマンスの見栄えって大きく変わるから。
ホシカゲは、『涙の海で抱きしめて』以降のジャケ衣装がとても良い感じになったので、あれをぜひ毎回ちゃんと着て来てほしいなあ。


と、なんだかんだ言いながら、私はやっぱりあのウツでファンタジーな世界観をガールズグループが歌う感じに参っちゃってます。
「歌劇団」って最初聞いた時はイロモノっぽい名前かと思ったけれど、パフォーマンスを見ているうちに、本当にファンタジーなお話の中に出てくる「歌劇団」なのではないか、みたいな錯覚を抱きはじめた。
「錯覚」が好きなんだろうね、基本的に、私(笑)。Perfumeしかり、腐男塾しかり。

架空の歌劇団のいる世界へ連れてってくれる星のオトメ歌劇団。
まだまだマイナーだけど、もっといろんな人に注目されてもいいんじゃないか!?と私は思ってますよ~


数少ないライブ動画の1つ↓(ボーカル/渡部優衣・麻日)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/144-cb2f56e8