3/23・BiSメジャーデビューアルバム「Brand-new idol Society」レコ発イベント『新生アイドル研究会 報告会DX』 @阿佐ヶ谷ロフトA に行って来ました。


BiSすごい!
これはアイドル新時代の一角となる!
BiS間違いない!

Brand-new idol SocietyBrand-new idol Society
(2011/03/23)
Bis、プー・ルイ 他

商品詳細を見る


↑なんとアマゾン在庫切れになっている…!
ということでHMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3970663


2010年9月に、〈ニューエイジロック・アイコン〉として好評を博していたプー・ルイが突然ソロ活動休止を宣言。そして彼女は「アイドルグループがやりたかった」と語る。
そこからプー・ルイ自ら審査員となってオーディションを行い、3人のメンバーが選ばれた。
…そんなちょっと変わった結成ドラマを持つBiS。


正直に申しますと、プー・ルイちゃんに関しては、名前は聞いてましたがさっぱりノーマークでした。
私自身がグループオタなこともあるし、「オシャレ音楽のアイコン」という謳い文句には、もう飽きてきたというのもある。
アイドルを音楽の良さだけでアピールする時期ももう過ぎた感も。

ソロ時代のプー・ルイのテーマは「透明少女」だったとか。
BiSを見てからこのフレーズを聞いた私は、ライブでのプーちゃんの印象とあまりにかけ離れた言葉でびっくりしました。

自らこのグループを始動させた、メンバーでありプロデューサーの1人とも解釈できるかもしれない彼女。
ステージ上では盛り上げ役として仕切ったり笑いを取ったり、下ネタも軽くこなし、おとぼけつつも堂々かつ大胆なキャラクターに見えました。

そもそもソロからグループを目指すというのが普通じゃない。
しかも、見たところグループになったことで自由になった感じがする。


アイドルグループという場所が、アイドル自身がクリエイティブになれる場所に変化している…


それは、BiSのキャッチフレーズである「自給自足」「DIY」という言葉にも現れている。


びっくりしたのは、出演するイベントのブッキングを、メンバーのUKことナカヤマユキコ自らが行っていること。
ライブではボーイッシュキャラで元気がよく、いじられ役といった感じだった。パワフルさが単なるキャラじゃなく、実際に仕事を取ってくる行動力って、すごい。


あとの2人もかなり個性的だ。


りなはむことヨコヤマリナは、童顔でふわふわした天然キャラ。この子が見ていて心配になるくらい究極どんくさい。
振り付けも1人だけリズムがずれてたり、忘れてたり、なんか動きが違ったり。
間違ってかなりの時間1人だけ別の振りをやり続け、曲が終わってマイクを向けると、ふわふわした声で「たのしかった!」と言ってのけた大物でもある。


しかし大物といえばやはり、のんちゃんことヒラノノゾミ。
ライブに行く前に公式サイトで見たアー写では「あまりアイドルっぽくない顔だな」という印象でしたが、実物は写真以上にアイドルっぽくなく、しかしめちゃくちゃ可愛かった。

口数も少なく見るからに大人しそうなんだけれど、目が離せない強烈な存在感。
オーディションでは「帰りたそうにしていて気になったから」選考に残ったらしい(笑)
こののんちゃんが眼鏡と文庫本という小道具を身に付けセンターで「語り」を披露する『ティーンネイジフレイバ』はたまらないけだるさとセンチメンタルを醸し出す。


曲のクオリティは驚くほど高い。
サウンドプロデューサーはプー・ルイのソロから引き続き、松隈ケンタ。
ヘビロテできる良曲揃いでサウンドもかなりこだわって作られている。

Autotune加工したケロケロ声だけれど、CDを聴くと、「いいんだろうか」と思ってしまうくらい(笑)生々しい。
多分、ほとんどのメンバーは歌があまりうまくない。その歪な感じがそのまま残されていて、逆に音楽的な魅力となっている。
たぶん街で流れていても、骨太のサウンドに妙に素人くさい女の子たちの声が乗ってるこれは、「なんだなんだ」と耳を引き付けるんじゃないかと思う。


振り付けも、「DIY」グループらしくメンバーが自分で考えているらしい。
これが結構本当にセンスいい!

難しいダンスではなく、あまり揃ってもいなくて(笑)ゆるーい感じなのだけど、映像として脳裏に焼き付くキャッチーさがある。
面白い動きでも、可愛いと感じさせる部分はしっかりある。



またプロの振付師ではなかなか思い付かないようなアイディアも加わる。
『パプリカ』の、ひたすら頭を激しく振り続けるのにはたまげた(笑)

…その上、この23日のライブは、ランダムに引いたトランプの数字順に曲を披露、しかも一度引いたカードも束に戻し、引いた曲は何度でもやる、全曲やり切るまでライブを続ける、というめちゃくちゃな企画だったのだが、
2回めに『パプリカ』を引き当てた時には「別バージョン」と称し、曲に合わせてラジオ体操!
そして2コーラスめからは、しれっと頭振りを開始してみせる。もちろん客は爆笑。


このバランス感覚は一体どこで身に付けたのか。振り付け含め、あまりにも見せ
方、客のノセ方がうまい。うまいというか、オイシイ。

客席に降りて客と一緒になってぐるぐる回ったかと思えば、今度は「オイデオイデ」とステージに客をどんどん上げて、一緒に踊ってしまう。
めちゃくちゃなんだけど、その光景は、そのままPVにしてもいいくらい面白かった。


ライブがそのままPVになりそう、というのはPerfumeを見て何度も思ったことがあったけれど、全然違う意味でBiSにそれを感じている。

いや、違う意味でなのかな…わからない。もしかしたら両者はサウンドのクオリティのことだけじゃなく、似ているのかも知れない。
Perfumeはアイドルの意味や価値観の変遷においてかなり重要な役割を果たし、今現在幅広い人気と興行成績を保ちながら、アイドル市場の中心からは離れてきている。

BiSもなんとなく、そういう存在になりそうな気がする。
彼女たちが成功すれば、必ずアイドルの歴史に大きな変化をもたらすだろう。
けれど、アイドル業界からは少しずつ軸がずれていくかもしれない。

でも私はそういう人たち好きだな。ジャンル分けの意味をひっくり返していくパワー。
BiSはBiSであればいい。


そして、奇跡を起こすために、出来るだけ長くその物語を続けていってほしい。





PVもなんか、普通じゃない(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/146-bf86181e