性同一性障害のアーティストピュ~ぴるのドキュメンタリー。
http://www.p2001.com/index.html

そのコピー自体には引っ掛かるところがあるんだけど、予告を見て、ピュ~ぴるのアートパフォーマンスがあまりにきれいで泣きそうになったから、見に行こうと思った。

実際見た後も、よく知らないで見た人は「こういうのが性同一性障害か」と思うんだろうか、監督はそう思ってるんだろうか、とやはり引っ掛かる。
作品自体の問題というよりコピーの問題だ。

ピュ~ぴる自身、自分に関して、性同一性障害という名づけで安心しているわけではないように見えた。
でもそれが見えたということは、カメラの目線が先入観が少なく、ピュ~ぴるという人間を見ていたからじゃないかと思う。。
松永大司監督は、元々ピュ~ぴるの友人で、カメラを回し始めた時は映画を撮ったことがない、全くの素人だったそうだ。

もしかしたら、映画監督としてでなくピュ~ぴるの友人の視点で撮ることは、今だからこそできたのかもしれない。

1番最初に撮り始めた時の、監督とピュ~ぴるが並んで自分撮りしながら「顔似てない?」って見比べる、めちゃくちゃ他愛ないシーンが、この映画のスタンスをよく表している。

等身大のピュ~ぴるは恋に夢中になってる姿なんか見ると、普通のピュアな子だなあ、と思うんだけど、そういう感情がものすごい表現に昇華されていく様子が、鳥肌な気持ちよさ。


人間はこういうふうに生きられる、という希望を感じた。
どうにもならないことを抱えながら、その気持ちが何かを創造していく。
みんなきっとそうなんじゃないかと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/148-f9a48b61