こりゃすげえや。

BiSが新作PVをyoutubeで発表しました。
曲はアルバム収録の、ライブでは、ありえないヘドバンパフォーマンスを披露する『パプリカ』。
PVの副題は「remember t.A.T.u.」。

PVといってもこれは、商業的なものとして扱うきちんとした作品じゃないのはすぐわかる。
たぶんネット動画として配信することだけを目的にしたものだ。

衣装も『BiS』のときのPV~アルバムジャケに使用しているのと同じものだし、スタジオにシンプルな道具とアイディアだけ持ち込んで一気に撮り上げた感じ。
しかしこれは、ライブで出会うことのない層に
《BiSっていうわけわからん人たちがここにいます!》
とアピールする自己紹介としては、最高の一撃だと思う。

いろんなジャンル、いろんな作品からのオマージュ・パロをそこかしこに匂わせる。
しかし肝心なのは、
《パクってるけどパクれてない?》
というところ。
ちょっとそれ間違っちゃってる!とツッコミたくなるところこそBiSの落とし穴。
そんなんが逆にパロディー的面白さになっちゃうなんて。

話題になってるプー・ルイとUKのディープキスも、ただ単にロックっぽいからやった!みたいな雰囲気バリバリで(←実際にはもっといろんな計算があるにせよ、そう見える)その間違って暴れた感じがすごくBiSらしい。

たぶん今後、百合キャラだったり、ゲイアイコン的なセクシーさを売りにする方向性は皆無だろう。

「あらまあ」って見てるはむちゃんとのんちゃんの可愛さもすごくいい。
BiSってめちゃくちゃやるけど、なんだかんだで可愛いグループだっていうのがわかるようになってる。

前々から雰囲気としてあった、姉2人と妹2人みたいな関係性もはっきりしてきた感じで好感。

1つ、大事なのは、この『パプリカ』という曲でヘッドバンキングし続けるという振り付けは、もともとBiSのメンバーたちが作ったものだ、ということ。
周りにいる、大人のオトコのスタッフが、自分好みに女の子たちにめちゃくちゃやらせているわけじゃない。
アイドル自身が、自分が「面白い」と思うことをやっていて、これだけ暴れているということが、BiSに対するあつい信頼の元になっている。

先日nerveのPVの公開撮影も行われたそうで、たぶんそれも商業ベースじゃないものなんじゃないかなあ。
せっかくアルバムにあんないい曲が13コも入ってるんだから、動画バンバン作って強すぎるジャブを打ちまくればいいと思う。

新曲で新PVをキメる頃にはBiSは大変なことになってるはず。
そのK.O.の瞬間まで、本当にこれは見逃しちゃいけない。

あまりに急激に巨大化しそうで、少し怖いな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/150-651b4407