上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜のNHK紅白にレディー・ガガが映像で出演し話題をさらいましたが、私の周辺では、歌詞の日本語訳字幕が実際の歌詞の意味を正しく伝えていないことに話題が集中しました。

少し前にテレ朝のミュージックステーションにガガが出演し、そのときの訳詞が日本ではまだ受け入れる人の多くない言葉を正確に伝えていたこともあります。


問題の部分の元の歌詞は

Whether you're broke or evergreen(あなたが無一文でも、大金持ちでも)
You're black, white, beige, chola descent(黒人でも、白人でも、ベージュでも、チョーラの系統でも)
You're lebanese, you're orient(レバノン人でも、東洋人でも)
Whether life's disabilities (もし人生に障害があって)
Left you outcast, bullied or teased (排除され、いじめられ、からかわれても)
Rejoice and love yourself today (自分自身を喜び、愛しなさい)
'Cause baby, you were born this way(この道に生まれてきたのだから)

No matter gay, straight or bi(ゲイであろうと、ストレートであろうと、バイセクシュアルであろうと)
lesbian, transgendered life(レズビアンであろうと、トランスジェンダーの人生であろうとも)
I'm on the right track, baby(私は正しい道を進んでいる)
I was born to survive(私は生き残るために生まれた)


訳は私が辞書を見ながらつけたものなので、おかしい部分があったら指摘お願いします。


NHKの訳は、

貧富の差も 肌の色も 国籍も関係ない
人生で困難があっても いじめられ からかわれても
自分を信じ 愛してあげよう
それがあなたの人生だから
性的好みなんてどうでもいい
私は正しい道を進んでいる どんな困難も乗り越える



何が問題だったかというと、
はっきり言える点は

・“You're black, white, beige, chola descent You're lebanese, you're orient”の部分を「肌の色も 国籍も関係ない」と訳したこと

・“No matter gay, straight or bi lesbian, transgendered life”を「性的好みなんてどうでもいい」と訳したこと

・歌詞を明らかに省略したこと


まず、「国籍」という言葉にえっと思った。
「○○国の国籍を持っている人が○○人である」という感覚は、非常に日本的であると同時に、偏見と誤解に満ちた認識だ。
同じ国に様々な人種や民族、ルーツの人が暮らすことを自然なこととして捉える文化の中では、あの歌詞が「肌の色」と「国籍」だけを意味しているとは考えられない。
公共放送たるNHKがそんな未熟な認識だなんて、恥ずべきことだと思う。

元々歌詞にあるcholaという語が差別語ではないかという批判があったらしい(私は英語にもこの語の背景にも詳しくないのでその件は何とも判断し難いが)ので、NHKの改変はそれを配慮したものかもしれない。
しかし、○○人=国籍である、という偏見を新たに付け加えてしまうなんて、ちょっと程度が低すぎる。


2つめに関してはもっとひどい。
元の歌詞に出てくる「ゲイ」「レズビアン」「バイセクシュアル」「トランスジェンダー」などの性の在り方について話す時によく、「性指向は性“嗜好”とは違う」という注意が呼びかけられる。

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルなどは、嗜好・好みや趣味の話ではなく、「指向」である、ということ。
そのよく注意されている間違いを思い切り踏んでしまうとは、なんというドジっ子(笑)。

しかも「どうでもいい」と。
性的少数者に冷たい社会の現状は根強い。
この歌詞は、差別され自分自身を責める人々を想定し、「あなたが何者であろうと、間違ってなどいない」と勇気づけるものだと思う。
「そんなの些細なことだ、気にしないよ」っていうのとは全然違う。

きっとLGBTを取り上げた「ハートをつなごう」とはスタッフが違うのだろうけれど、いくら視野を広げて頑張っているスタッフがいても、局の代表番組である紅白という場所であれでは、NHKの基準はそういうことなんだな、と痛感させられる。


そして、そもそも歌詞を省略した字幕が出るというのはかなりおかしなことなんじゃないだろうか。
字数が多すぎるから、という声もちょっとあったけれど、日本語の歌で、字数が多くて省略した歌詞の字幕が出るなんて聞いたことがない。


あともう一つ…以下は訳し方の違いなので、はっきり批判できることではないのだけれど、

Whether life's disabilities (もし人生に障害があって)
Left you outcast, bullied or teased (排除され、いじめられ、からかわれても)


というところ、これは私は、障害者が勇気づけられる歌詞だ、と思っていた。
ところが、NHKの字幕では

人生で困難があっても いじめられ からかわれても

障害者のことを言っているとは想像もできない訳になっていた。

なんとなく、NHKが隠したいもの、表舞台にあげたくないものが分かった気がした。


なぜレディー・ガガがそれぞれの人種やセクシュアリティなどを列挙したか。

ここには書かれていないマイノリティも、実際たくさんいる。
私自身、この歌詞にあるセクシュアリティのどれかに完全に当てはまるわけではない。
けれど、この歌詞を見て湧き上がる気持ちがあった。
きっと歌詞に出てこない人種や民族でマイノリティとして暮らしている人の中にも、この歌にぐっと拳を握りしめた人がいるんじゃないかと思う。

この歌は現実に光をあてた。
紅白の映像だけでも、「神が間違うはずがないのだから、あなたはあなたのままで美しい」というメッセージに感動した人はたくさんいるだろう。
しかし、現実に、今小さくされている人たちを照らし出そうとするガガの行動は隠蔽された。

性指向や性自認によって、人種や民族の違いで、また障害によって、社会から
Left you outcast, bullied or teased
排除され、いじめられ、からかわれている
そういう人はたくさんいる。

私自身は、歌詞が改変された原因には、性指向を表す言葉を「過激」だとする間違った認識と同時に、現実にこういう差別があるということが「見えてしまう」ことに対する怖れがあったのではないかと思っている。

紅白でレディー・ガガのメッセージが全く伝わらなかったとか、あの放送が意味がなかったと言いたいのではない。
けれど、それ以上に、NHKが視聴者の目から何を隠そうとしているのか、どういう人たちを見えなくしようと、いないことにしようとしているのか
それを強く感じてしまった放送だった。


追記1:「NHKは国営放送ではないですよ」とのご指摘をいただき、修正しました。勉強不足ですみません。


追記2:今までこんなにコメントが集まったことのないブログでしたので、少し戸惑っています。1つ1つにお答えすることは難しいので、ここで失礼します。

◆“'Cause baby, you were born this way”の訳について

「生き方」や「在り方」を示す語として日本語の「道」という比喩がちょうどいいと思ったのですが、誤訳であるという指摘をいくつかいただきました。
私の英語力の限界のため(英語は実はからっきしなんです。すみません)歌詞に合わせてうまく直せずそのままですが、「このように生まれたから」「それがあなただから」「それが定だから」などの意味が近いとのご指摘でした。

◆翻訳の字数制限について

劇場用映画の場合1秒につき3~4文字などの制限があり、逐語訳にこだわることよりも、簡潔さが優先されるそうですね。
テレビ朝日のミュージックステーションでは、様々なセクシュアルマイノリティーを列挙するところは全て直訳、フジテレビのスマップスマップではトランスジェンダーを性同一性障害としてしまっていましたが、それ以外は同じように列記していたそうです。
単に字数の問題として捉えると、NHKは劇場用映画の基準を採用し、テレ朝、フジの2局は採用しなかったということになります。

私自身は、やはり日本語曲の歌詞字幕が無条件でそのまま流されている番組において、英語曲だけ省略した字幕になることに違和感をおぼえます。
また、映画などの物語と、歌詞や詩では、多義性の質が違ってくるように思います。
映画でも1つ言葉に様々な意味が読み取れますが、それは大枠の物語の一部分であるのに比べ、歌詞や詩では言葉が主役であると思っています。
もちろん英語の意味をそのまま日本語にすることは不可能ですが、5つの単語をたった一つの「性的好み」という言葉にまとめるよりも、テレ朝やフジの判断の方が正しいのではないかと、私は考えます。

これは私の意見なので、皆さんがそれぞれどう考えるかは自由ですが、「字幕はこうだと決まっている」と思考停止してしまうよりは、どうあるべきかそれぞれに考え、特にメディア関係者には議論を深めていってほしいと思っています。

◆disabilityは障害か否かについて

私もlife's disabilitiesが心身の障害だけを表すとは思っていません。
しかしdisabilityは「無力」や「欠陥」「障害」といった意味の言葉であり、私自身精神疾患があるため、勇気づけられ、上のように書きました。
また、私自身の感動を抜きにしても、「困難」というのは飛躍的な訳だと感じました。それについては↓のブログが知識を持って詳しく書かれています。
NHKのレディ・ガガの字幕翻訳は隠蔽の意図とか以前の問題かな?-Commentarius Saevus

上ブログさんは「単にお粗末な訳だというだけでは?」という指摘のようですが、私はその「お粗末さ」の中に、意識して隠蔽する以前の「何となくこういう言葉はやばいんじゃないかな」くらいの非常に無知で幼稚な偏見が入っていたのではないかと考えています。

紅白に障害者の方を取り上げた場面があったというご指摘もありましたが、たぶんNHKは障害者を手助けしようとする人の姿は積極的に映し出そうとするけれど、障害者がいじめられているとかいう表現は、「なんとなくまずい感じがする」からというお粗末な理由で、違う表現に変えることもあるんじゃないかなあ、と、思いました。
まあ上記の思いはとても感覚的なことなので断定はできませんが。

◆「障がい者」ではなく「障害者」と書く理由

私は自身の信条からあえて「障害者」と書く事にしています。

分かっている方にはすみませんが、一応説明します。
本来は「障碍者」が正しく、常用漢字でない「碍」の置き換えとして「障害者」が長く使われていましたが、近年では差別的な意味になるのではないかとか、意味が変わってしまっているという議論から「障がい者」と表記されることが多くなりました。

さてこの「障碍」には「障害」と同じ「妨げる物事」というような意味もありますが、その他に、「身体の器官が何らかの原因によって十分な機能を果たさないこと」という意味があります。元々の「障碍者」がこの字であったのはそのためと考えられます。
しかし私自身は、「障害」は人の体の中にあるものではなく、社会にあるものだと考えています。
そのため、あえて「社会に出る時妨げになる物事をより多く背負っている者」という意味で「障害者」と書くようにしています。
これは私個人の信条なので、他者に強制するものではありません。
スポンサーサイト

コメント

こんな記憶がよみがえって来ました。相変わらずなんだね。
1967年1月、アメリカのフォークソング歌手、ジョーン・バエズ来日公演の際、司会通訳だった高崎一郎はバエズの語ったベトナム反戦メッセージや広島への原爆投下に関するコメントを正しく翻訳せず、舞台上の高崎は英語のわかる聴衆、バエズのファンからブーイングを浴びた。(Wikipediaより)

ガガのこの歌詞については、"chola descent" という用語が差別にあたるのではないかという議論あり。http://quixotic-ari.blogspot.com/2011/03/what-does-chola-descent-mean.html
なお、chola とは「古代インドのタミル王朝人」という原義が誤ってラテン系の特定なグループを指して使われるようになったとのこと。

それにしても性的指向性に関わらず、を、「興味がない」と言い換えるのは誤訳という以上の意図的なものを感じるね。「元々、問題含みの歌詞だった」「テレビの画面上の制約」などいろんないいわけをこれからして行くつもりなんだろうか。
NHKは法的には国営放送ではないですが、毎年、予算を国会で承認してもらう立場にある放送局なので、実態としては受信料を払っている人たちの代表というよりは国営に近いものがあると感じています。
Born This Wayが初めて発表されたのは、保守的といわれるGRAMMYの舞台です。この舞台の後に受賞した時、Gagaはとても驚いた表情をしました。おそらく敬愛するMadonnaに対して冷たいGRAMMYへの挑発だったのでは、と私は勝手に想像しています。この舞台が日本のTVで流れた時の字幕をニコ動で読みましたが、よく考えられた良いものでした。和訳は複数の方がネットに載せられ私はどれが良いとは言えませんが、この最初の舞台はここで観られます。
http://www.youtube.com/user/ladygagaofficial#p/f/38/xl0N7JM3wZk
ここの右側の中にあります。
Born This Way (GRAMMYs on CBS)
どうでもいいけどborn this wayを「この道に生まれて来た」は誤訳。道や道路を指す訳じゃないです。「このように生まれた」「こう生まれついた」ぐらいが良いと思います。
NHKもとの意味からこの訳に変換した人間
の見識はやばいね。直訳すべきそうしないと
ガガに失礼すぎる。

まず『障害者』って表記を『障がい者』に変えろよ話はそれからだ
深く考察されてますね。
部分的に同意見です。

国籍と性的好みの誤訳に関してはご指摘に同意です。
国籍ではなく人種という言葉であれば、しっくりきたと思います。
恥じるべき…とまでは私は言いませんが。(許容範囲だと思います)
性的好みの訳に関しては、ご指摘どおり適切じゃなかったと。視聴者の批判を恐れていたんでしょうね。確かに今の日本にはまだ過激すぎるとは思いますが…。あとは紅白ですし、歌詞のメッセージをそこまで重視してなかったんじゃないんですかね。これがガガ特集とかだったら落として欲しくないところです。

筆者さんの歌詞の訳・解釈については2点:
1. 既出ですがborn this wayは誤訳です。コメントどおり。
2. この歌詞の場合Disabilties=障害者と結びつけるのはちょっと違うかなあ、と。確かに障害者をDisabledといいますが、Life\\\'s disabilitiesって聞くとニュアンス的に困難で合ってると思います。

そんなとこです。
あ、あと個人の解釈次第ですが「どうでもいい」はあれでいいと思います!
まあ田舎で見ているじいちゃんばあちゃんに
レバノン人って言われても????
だろうからあんなもんじゃない?
Don't be a drag, just be a queen を
「ぼやいてないでいっそ女王になろう」としたのも相当な誤訳でしょう。
この drag は、明らかに drag queen のことです。
この歌詞の中で drag queen だけは何故否定しているのか、というのを伝わるように訳すのは結構難しい問題ではあるのですが、しかしこの訳は問題から逃げてるので、他の誤訳と同様にまずいですね。
初めまして。
不見識のため、「国籍」という訳がそこまで悪いものと思えませんでした。
「肌の色」が「人種」を指していると考えられるのであれば、
「国籍」という表現を使ってもいわんとするところはカバーできているように思えました。
「生まれ」と訳しておけばより広い範囲をカバーできるのでベターかな、とも思いますが…
ただこういう考え自体が
「非常に日本的であると同時に、偏見と誤解に満ちた認識」ではないのかと思うので、
ご教授くだされば幸いです。
でも、レディガガ側も、
この誤訳を認めているわけですよね。
ダンスも衣装もNHK向けで、控えめでしたし。

結局、ビジネスなんだと思います。
個人的には、まずlife disabilities=障がい者はちょっと飛躍しすぎかと...自分は、障がい者を含んだ欠点を持ったひとのことかと思いました。レディー・ガガさんもたしか周りに馴染めず、ストリッパーになった経緯とかありますし
私もBorn this Way大好きです。この曲には世界中の差別に対して戦って行くといったガガの強い意志が込められていてとても勇気づけられるカッコいい内容になっています。なのでNHKの訳に対して私も許せない感が確かにあります。しかしこれは抗議をするほどのことではありません。

まず翻訳について勉強してからこういった発言をされた方が良いと私は思います。
ある一定のフレーズ(又は時間)に対して表示できる日本語訳の文字数というのは決められています。
あのテンポの早い曲にあなたが行ったような直訳をポンポン画面下に流されても誰も追いつけないから。
特にこういった楽曲については省くところがかなり多いです。
映画及び海外ドラマなどもこういった具合にかなり読みやすいように省かれています。

それと
'Cause baby, you were born this way(この道に生まれてきたのだから)は誤訳ですね。
「それがあなただから」とか「それが定だから」といったニュアンスです。
詩のフレーズは理解出来ないしない人が日本にはまだ多いからでしょう。皆が理解していれば問題なく正しい訳詞がついたと思います。なので違和感はあっても、どうもNHKを責める気になれません。
障害者が勇気づけられると感じる人もいれば、そうでないととらえる人もいる。
本人が具体的に示さないかぎりは、受け取る側の感じ方で良いと思います。
また、他者のコメントに「障害」が間違いで「障がい」が正しいようなことがありますが、その方はもっと勉強したほうがいい。
英語に詳しくはないけど
Don't be a drag, just be a queenは
drag queenを否定してるわけではなく
ドラッグにおぼれず?クイーンになろう、に
drag queenをかさねたり
大好きなqueenをかけたり
色々と言葉遊びをしてるんだろうと思う

born this wayというフレーズ自体
田舎もんのアメリカ人だと???な
ナウい言い回しなんじゃないでしょうか。
NHKは国営放送ですよ。民放ではないですよ。国営だからこそ視聴料を払うんでしょ!
NHKの歌詞の訳でいいんじゃない!
紅白を見る世代は広い訳だし、若者層に向けたMtvじゃないんだから。
この場合、NHKは適切な対応をしたと思う。

外野には、声が大きい人達がウヨウヨいるんですよ。
今や今やと、クレームを付けるタイミングを狙っている。クレームを付けてなんになるのか?

それが彼らの仕事で、目立つことで活動資金を得る人達。
パッと見、一般人のような顔をして、キチガイレベルの文句を言ってくる。
スルーしようものなら、ますます声が大きくなる。。

その対応は、現場にものすごいコストと精神的疲労を与えるんですよ。
であれば、表に出さない事はあながち間違いな洗濯ではないのですよ。その辺を解ってあげるべきかと
NHKは国営放送じゃないね!
視聴料払ってる俺がバカだったね。
大変申し訳なかったです。
視聴料を払ってる国民の放送局ってこと?
議論をここではなく違う所でします。
本当にごめんなさい。オーナーさんや、読者の方々。
なんて言うか、そもそもが障害者が勇気づけられると感じる詩には自分は思えませんが、NHKが控えめに詩をつけたことは感じます。でも極度に反応した批判が先立ってしまってブログ主さんの冷静な判断不足も感じてしまいます。

それはさておき、ひとつの英詩に、色々な人の意見を出して皆で考えるようにすることは、私たち日本人にはとても良いことに思えます。もっとその必要が色々な場面で大切だと思います。そういう意味ではこの記事自体、良い作用をしているのだと思います。
ガガが育った(アメリカの)文化的背景と、日本人の文化的背景が一致できるものではないので(例えばドラッグの問題や人種差別、性の問題などアメリカ人程敏感(?)ではないし、すべての年代の日本人が感覚的に分かっているとは思えないし:ピンとこない人も多い。。)、今回の様な訳は許容範囲かと思いました。。前述にもありますが字幕の場合、パッと見て、分かる様にする必要があると教わった記憶があります。。
字幕翻訳からしたら、逆にうまいなぁと思ってしまったのですが。。
わかります
多くの日本人は性的少数派に対して勝手にやってていいから関わらないでくれ黙っててくれと思ってるんですよね
そういう思いが翻訳に見えました
可視化したくないというか、ない事にしたい、言及したくないという消極的な否定なんですよね
このコメントは管理人のみ閲覧できます
激しく同意です。
ただ、NHKは単純に歌詞を直訳することによりくる苦情や視聴者の怒りを避けたんだと思います。
NHK
なんとか感動仕立てにしたかったってだけでががの歌う内容なんてどうでも良かったのだろう。差別うんぬんもだが、がががでる話題と、復興中の日本に向けて歌ってますよ的なことだけに見当はずれなスポットを当ててきたようだ。
テレビは誰が見ても公正公平無私な情報を提供するものではないことは
これまでの人生でさんざん学習してきたのではないですか?
わたしの選択は「テレビは見ない」です
心が落ち着き、頭がよくなりますよ
bbb
キモッ
NHKはわかり易く訳しただけ
被害妄想だろ
ブログもコメントもたいへん興味深く拝見しました。訳詞が省略されていた件については、音と文字を同時に追える日本の歌と違って、訳詞の場合は字幕のルールに準じて1秒4文字(NHKはもっと短かったかも)にする必要があるのだと思います。確かに歌詞の内容はマイルドになってしまっていたけれど、ガガを知らない老若男女にも読みやすいいい字幕だと思いました。
障害を持つ人々の支援をする仕事をしている者です。
disabilities=障害ではないと思います。他の方も書かれているようにlife'sと付くので障害も含めた人生における困難とかそういった意味なのではないかと。life'sと付かなくても障害を持つ人に向けた歌詞とは断定できないかと。
紅白の中で井上真央さんが南三陸町の取材をする中で紹介された赤ちゃんはダウン症のお子さんでした。NHKがそういった人々を隠そうとしているとは到底思えません。
NHKの字幕は素晴らしいと思うよ。日本人にとってわかりやすい表現だ。字幕で原語を省略するのは当たり前。長ったらしい字幕なんて読んでる暇ない。音楽聞きながらなんだから、すっと頭に入らないと。翻訳家が工夫として映画字幕に文字数制限をかすように、音楽にもあった方が良い。視聴者に受け取り易い字幕が理想。
単純にそれ全部書いたら読みきれないだろ!
そういう批判は2ちゃんねるの実況板見れば毎日24時間やってますから、2ちゃんねるにいけば同志が沢山いますよ。
筆者に同感です。

NHKは分かりやすくしただけ、簡潔にしただけ、字数制限があっただけ、クレームを避けるため、といったことを言う人もいますが、「分かりやすくするため」「簡潔にするため」「字数制限のため」「クレームを避けるため」にNHKが訳から消してしまった人達のことを考えていません。

「性的好み」でなく「ゲイ、バイ、レズビアン、トランスジェンダー」が紅白の字幕として出たら勇気付けられるセクシャルマイノリティがどれだけいるか。民族的マイノリティについても同様です。

なお、「disabilities」については既に指摘がありますが、直訳なら、「人生の障害」と訳すのがいいとは思います。ただ、わざわざ「disabilities」という言葉を選んだことからすると、障害者のことも意識して作詞されているのかもしれないな、と思います。
確かに、1つめはもう少し違う訳し方があるんじゃないのと思います。
2つ目に関しても違和感は感じます。ゲイとかレズとかっていうのは、育った環境だとか、遺伝的な素因だとか、必ずしも本人が意図しないでそういう指向を持つようになるって説もありますしね。
ただ、いずれにしても紅白の視聴者が、小さい子供からおじいちゃん、おばあちゃんまでを強く意識して、非常に平たい、誰にもわかり易い訳にあえて落ち着かせたということも考えられるのではないでしょうか。
まあ、歌詞の翻訳は難しいですよ。有名な曲だって何通りもの訳がある場合がありますし。
>まず『障害者』って表記を『障がい者』に変えろよ話はそれからだ
[2012/01/02(月)00:13:41]URL|#- [編集]

だから、あんた、言葉狩りすんじゃねぇ!
聴覚しょうがいしゃや識字障害者が使う、音声ブラウザ、スクリーンリーダはね、「さわりがいしゃ」って読むんだよ。障害者なら「しょうがいしゃ」だ。

言葉だけきれいにしても、どーしようもねえんだよ。そういうのは返って迷惑ってこともある。言葉より意識を変えろよ。


まず『障害者』って表記を『障がい者』に変えろよ話はそれからだ

だぁ?

そういうのは、話にならないんだよ!!!!!!すっこんで いただけますか。
国籍って訳は微妙だと思う。
人種のことを言いたかったんだろうし。
国籍差別って聞いたことないしね。
国籍じゃなく、人種にするべきだったね。

性的好みって訳も違う。ガガはそんなこと言いたかったんじゃないと思う。かといって性的指向だと表現がかたい。ゲイ、ストレートとか、具体例を挙げて並べてるのならもっとわかりやすく書くべき。どんなセクシャリティであっても、とか。

書かれた内容を全部そのまま訳出せずに目で終える程度にまとめるのは仕方ないことだと思う。
だけど、放送局側の価値観に合わせてまとめられてるのは問題。
この歌詞を作ったのがガガである以上、ガガの考えをできるだけ忠実に表現するべきだった。

まぁ、放送局にまともな人間がいないことが丸わかりな放送だったね。
Why don't you talk about this in English? It seems way too absurd to do so without knowing how well the people posting here speak English.

*本文が英語だけだと投稿できないみたいなので、少し日本語をここに・・・*
まじめか!
みごとな分析とご意見、みなさんのコメント。言いかえれば、これが日米の文化の違いであり、分かり合えにくいことなんだなと感じました。グローバルになるのは難しい。
日本語が複雑で難しいものであるから
少し違っててもいいと思うが・・・
バカが分析しても無駄だからやめとけ

NHKにも立場があるし、小さい子供だって見てたんだから字幕の意訳はあたりまえ

てかこの程度の英語、
辞書なしで普通によめよ
>NHKにも立場があるし、小さい子供だって見てたんだから字幕の意訳はあたりまえ

その意訳に疑義を呈しているんじゃないですか?
>NHKにも立場があるし、小さい子供だって見てたんだから字幕の意訳はあたりまえ

一個人なりの立場としてのブログだし、色んな考えの人がいるんだから、色んな考察が出るのはあたりまえ

馬鹿が煽りコメとかしても無駄だからやめとけ
壮大なタテマエ空間に何を求めているのか
歌詞カードの訳やる人や、洋画好き、洋楽すきな人ならわかるけど、
あれはあくまで要約。録画して何度もみる人が何人いますか。字数も制限ある、長々と書いて瞬時によめますか?洋画のように、要約でパッと流す。それが普通。
映画とおなじ。ミュージカルもおなじ。
I love you を愛してるとか、好きよと略する。
私はあなたを愛しています、とは収まらないからやらない。
興味があれば、ミュージカルレントをみて。ゲイその他の同じような内容をどう字幕で表現しているか調べてください。
その要約の事情を承知の上、自分で原曲をもっと知りたい、ほんとは何と言っているのか?とおもった者が、CDをかったり、辞書などで自分でしらべて真実を知る。それが気になる人の道。
それまでの話ですよ。これを機に語学をやるとよくわかりますよ。直訳してから、限られた枠の中で何を削り、どう表現するか。
紅白で初めてレディーガガの曲をちゃんと聞いて、歌詞の日本語訳を見て、薄っぺらい歌詞だなー、と思ったけど、あれは訳が悪かったのか。
自分頭良いですアピールは結構。しかし、その過激な歌詞を日本の公共電波にのせてみて、苦情や批判が来ないとでも思ったのか?
大人の事情を理解できるくらいには大人になろう。
普段シンガーを「アーティスト」と呼ぶ事に何にもいわないくせに、
いざ思想を込めた「作品」を扱おうとすると
配慮だの大人の事情だの勝手に削ってそれを良しとする。
おかしいだろ。
英語の全訳を書き、それを曲のスピードで読めるかどうかの問題を考えると、若年層も多い民放に比べ、NHKはあのスピードであったとしても追うのに精いっぱいな人も見ている。
民放音楽番組と比べると、NHKのほうが字幕表示時間が長めであったり、意味が簡素だったりということがよくわかる。
理解不足甚だしい。そもそもこの手の訳を訳者や事務所サイドがチェックしていないと思ったら大間違い。歌詞の場合は確実にチェックが入る。
確かに強調が弱くなるかもしれないが、二つの歌詞を見比べてもだいたい意味は通るようになっている。
見比べてまったく意味が違うならまだしも、意味は通っているから理解不足なだけだ。
Life\\\'s disabilitiesは障がい者のことのみを言っているのではありません
ついでに言うと次のleft~につながっています
つまり、人生の中の障害によってあなたがいじめられても…という感じです
障がい者だけを指すような訳をするほうが問題なのでは?
国籍云々は、レバノン人だろうと、という歌詞もあるのでそこをさしたのでは?肌の色も、という表現を入れているのでここも問題ないように思います
確かに性的指向については配慮が足らなかったかもしれませんね
でもそれ以外は特に問題を感じませんでした。考えすぎでは?

あと born this way は この道に生まれた ではなく こんな風に生まれた という風な意味です
少しあなたが直訳にこだわりすぎな印象を受けました
NHKの紅白はみてなかったので、こういう訳をされてたことをこちらのブログで知りました。
書いて下さってありがとうございます。
私はセクシャルマイノリティーの当事者なので、ガガさんの魂を込めた歌詞をNHKにも直訳に近い形でしてもらいたかったです。

皆さんのコメントにあるように、読みにくいという理由なら仕方ないと納得できますが、刺激が強いという理由ならば個人的にはショックですね…
私はセクマイであると同時に普通の社会人のつもりなので。

NHKはオバマ大統領の就任演説でもセクシャルマイノリティーに関する部分の訳をきちんと行わなかったと聞きました。
やはり、そういう雰囲気みたいなものが強いのだと思います。

手厳しいコメントもありますが、私はこの記事を読んで感じることが多々ありました。
書いて下さってありがとうございました!

セクシャルマイノリティーに対する社会の厳しさを改めて感じることが出来ました。
負けずに堂々とこの人生に誇りをもって生きるように頑張りたいです。

起こっている人たちの気持ちもわからなくはないが
行き過ぎた被害者妄想はあなたたち“弱者”の存在を一般人に広める機会を失うだけだと思う。

NHKの編集者がどういう意図を持っていたのか、
またそもそも意図せずした行いが非難されているだけなのかちゃんとわかりもせずに
「NHKは隠ぺいした!!」
と騒ぎ立てても弱者(と自分達で感じている人たち)の分が悪くなるだけだと思う。
難癖。訳しかたにも色々ある。結局ガガに聞かなきゃ本当に何が言いたかったか分からないじゃん。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
うーん、あなたまともに仕事したことない?
何故、NHKがそうしたか
30秒考えても分からない?
この国がどういう国か知らない?
人種、民族の問題とセクシャルの問題がこの国でどういう意味を持つかを知らない?
明治以降、この国が何をしてきたかを知らない?
日本なんて国があると思ってるの?
必死で積み上げた幻想が、あなたの生活に何をもたらしていて、この訳がそれにどう寄与しているか、本当に分からない?
子供なら良いけど、いい社会人の態度じゃない。
ものをいいたければ、選挙に出て議員になりな。
ひどいよ
なに考えてるのかちょっと理解しかねるね。
一方的な立場をまとめて書いてるだけじゃないのかい。。。
障害者を障碍者と書けとか、それと同レベル。
あのですね~、洋画ってみたことありますか?字幕には自ずと字数の制限があり、それ以外に、今回の意訳は何の邪念もないかと思われますよ。邪推は、まあ、様々な見方があるという意味で素晴らしいですけどね。
気持ちはわからなくもないけれど
小学生とかも見てたりするので
あまり過激な言葉を出すのはどうかな?
もちろん、正しい訳詩の字幕にして
お茶の間で小学生とその問題を語る機会を与えるのもいいかも知れないけれども。
今のNHKに、そんな勇気がなかった、てだけ、という気もします
公共放送てのは、専門番組でない限りは、10歳くらいの子でも理解出来る作りにするものだとも思うので。
NHKに限らず、映画でも・名訳と言われる低能も、全てに日本流、個人の価値観での理解による、馬鹿翻訳をしている。日本人の低能さが世界に証明されている。
以前に言っていたのですが
翻訳とは直訳ではなく、元の言語をもとにして
もうひとつのストーリーを仕立てるものだと言っていました。

さらにテレビと言うメディアであれば、NHKの訳で問題ないと思います。
まとめると、「国籍」と「性的好み」は確かに問題ですね。
国籍→人種、生まれ、国
性的好み→性指向
と、短く言い換えられるので。
性的指向と嗜好の違いは皆わかってるし、槍玉に挙げるのは無粋なんだよね。ガガ的じゃない。よーはロックじゃないんだよ。
>>ぽよ#mQop/nM

>国籍→人種、生まれ、国
>性的好み→性指向

ダサい。
椎名林檎さんはどうなりますか?最後天国に連れていってと英語で歌ってましたが。天国に連れてイッてねのかも知れない。それを考えニヤニヤしてCDを買って、歌詞カードをみてフムフムする。
そんなもんだよ。
wether life\\\'s disabilitiesをあなたは「障がい者のこと」と訳しましたが、それは正しくないです。
「人生に障害があって」というのは、例えば片親であるとか、可愛い・可愛くないとか、そういったことです。
ただ単に「障がい者のこと」を言っているわけではありません。
そのため、あなたがNHKのことを批判するのはおかしいです。
「レディー・ガガはもっと深いことを言っている」というようなことを書かれていますが、あなたこそ深いところまで理解できているわけではないですよ。
そこをわかるべきです。

また、英語を日本語に訳すと云うのは本来良くない行為で、英語のままの意味を日本語に訳すことは不可能なことなのです。
それをわかることも、あなたにとって大事なことですよ。
言いたいことはわからないでもないけど、それでもやはり重箱の隅をつついてるだけのように見えます。
NHK批判としてもあまり出来たものではないと。
あなたはガガ本人じゃない。その歌詞が真に何を意味しているのかはガガ本人にしかわからない。
自分の意見がいち考察に過ぎない事を改めて自覚すべきかと。
正直言って、自分なりの解釈を展開してる点においてあなたもNHKもやってることは同じ。
私はこの歌詞に出てくるセクシュアリティの中の一人です。
初めて聞いたとき、彼女の曲に感動しました。
また、紅白を見た際に同じく違和感を感じました。


NHKが意図的に何かを隠そうとしたのかは全く分かりませんが、この記事を書いてくれてありがとうございました。
失礼します、通りすがりです。

特にアメリカ社会における問題などが背景にあると思うので、マイノリティや社会的に弱い立場の人たちに向けてのメッセージ性がすごく強い歌だと思いますが、歌詞の中に「白人」や「ストレート」というマジョリティも含まれているので「関係ない」「どうでもいい」という言葉に落ち着いたのかな、という気がしました。
ただ、前述したようにマイノリティ・弱い立場の人々へ向けてのメッセージが強いと思いますのでその点が上手く訳できていないとせっかくの歌詞が台無しですね。
特にレディガガさんは包み隠さない歌詞だからこそ言葉に強さがあると思いますので、要約してしまうと魅力が半減してしまう気がします。
色々な意見がありますが、そもそも歌詞を要約、っていうのは変ですね。歌詞というのも言葉の表現なので、英語から日本語に本当に適切に翻訳するっていうのは難しいですが、ないがしろにしてほしくはないですね。

ただ、安直に考えて、公共放送の電波に「レズ/ゲイ/バイ/…」っていうのは刺激的過ぎるという見解でしょうね。また、東洋人であることが差別の対象になりえるというのも。
意見はいろいろでいいと思いますが、マイノリティは何を言ったとしてもマイノリティで、公共の電波を使っている以上、マジョリティに合わせるのは至極普通の事と思います。

昨今、特に性的マイノリティの方がテレビに出演したりして、参政権を得たような雰囲気になっていますが、普通の社会からすると、まだ後ろ指さされてしまう存在なんだという事をよく、ご理解して頂きたい。

こと、この記事で、性的な表現のことでNHKに対して声を高らかに批判されている方は、ぜひ、自分がゲイであることを周りにカミングアウトして頂きたい。

どんな反応が待っているか。

そういうものに嫌悪感を抱く人の方が多くいる以上、テレビ局側として、今回のような表現になるのは、仕方ないと思えないのでしょうか?

そういう事を考えないから、差別はなくならないと思いますが?

一Bilingualの意見ですが、、確かに意訳していますが、誤訳かというと、それは言いすぎかなと思います。 
あと、I'm on the right track, baby(私は正しい道を進んでいる)
は意味合いが違く聞こえます。 正しい、は日本語では絶対的な意味を含みますが、The right on trackは必ずしもそうではありません。もっと主観的で、日本語の意味にすると、意図された道程、または、自分で選んだ道、の様に、意志の力強さを感じる文章です。
字面だけを見てもその意味をくみ取るのは難しく、それぞれの文化を与して修正を加えないとなかなか伝わらないものですが、この歌は彼女の半生を元に書かれていらしいので、かなりのヒントは出ているように思います。
元の歌詞にゲイなどと並び「ロリコン」がないのがガガ氏の限界のように感じられて残念です。
 対案を示してほしい。「私ならこう訳す」

という意味ではなく、レディ・ガガの真意
をくみとった訳なら受け入れられます。
 NHKに味方するわけではないですが、
この件に関する限り、
意訳としては無難な訳だとおもいます。
 具体的な国名や性指向を字幕にだすと、そのほうが
大問題になるとおもうのですが、
 そもそも、レディ・ガガを紅白歌合戦に
だすこと自体、間違いではないでしょうか?
 去年一年、ガガがNHKに何の貢献をしたのか、
私には、全くわかりません。
興味深い考察でしたが
世間一般に流布している外国語の翻訳と照らし合わせてみると
この訳は上出来といえるレベルにあると思います。
つまりもっとひどい訳がそこかしこにゴロゴロ転がっているということです。
本当に興味を持ったら訳を疑って自分で調べてみるのが一番なんですよね。
ですからここでNHKを批判するよりも、
紅白のような低俗番組では伝えきれない作者の気持ちを汲み取ろう、という趣旨でいろいろお書きになったらよろしいのではないかと感じました
知人の紹介で拝見させていただきました。お話の主要テーマである訳詩の部分とは関係がないのですが、NHKが社の方針として障害者を隠ぺいしたがっているかのような印象を与える記述が気になったのでコメントさせていただきました。NHKはいろんな障害者について取り上げた番組を沢山作っています。私は障害児の母親ですが、NHKはどの放送局より障害者を取り上げた多くの番組を作っており、当事者サイドのものが見ても大変勉強になる内容の番組も数多くあります。再放送を含めればほぼ毎日放送されています。関係の無い方にはつまらない内容かもしれませんが、隠ぺいとお感じならぜひ見ていただきたいです。少なくとも私は一当事者として隠ぺいなどされていないと思います。
殆ど考えすぎです。
あなたの主張の方がNHKよりも更に多くの認識不足と偏見があります。
歌詞の中に唄われている実際の人たちは、逆に何言ってんだ?と感じています、あなたに対して。
私も「べつに問題ないレベルの翻訳」「会社の意図云々は考え過ぎ」説に同感です。

考え過ぎかどうかは実際にNHKに確認しないと分からないわけですが、翻訳自体に何かの隠蔽意図を私はまったく感じないので「考え過ぎ」だろう、と思うわけです。

省略自体がおかしいとのことですが、字幕の省略は洋画でもTVでもべつに珍しくありません(それが嫌なら吹き替えにするしかありません)。日本の翻訳はまともなほうで、欧米のTVの翻訳なんかもっと凄まじいですよ。

正直言って、NHK訳の問題点として指摘されているのは、どれも単なる揚げ足取りにしか見えないのですが。
しっかりした考察に接し、とてもすっきりしました。ありがとうございます。翻訳通訳には「不実な美女か忠実な醜女か」という永遠の議論があります。この場合の「美しさ」には、やはりいささか欺瞞がにおいます。
么什锅매이ㅎ
このコメントは管理人のみ閲覧できます
重箱の隅つつきな感じですね。
肌の色や国籍をさほど気にしないで済む
日本人が暇だからうんちくを言っているようにしか見えません。

国際人のつもりでこれだけ書き連ねてるのかな?
初めまして。
個人的には、あの紅白の訳は分かりやすくて良い訳だなぁっと思っていたので、こちらの記事を読んで自分の浅はかさに気付かされました。
確かに、歌詞の持つ深さを思えば、もっと詳しく訳してほしかったですね。その方が、レディーガガの良さも伝わりそうですし。
ただ、今回の紅白のテーマ・目的は、3・11で被災した方々や日本を元気にすることだったみたいなので、それであえてあの訳になったのかもなーって思ったりもします。
いずれにせよ、こちらの記事を読んで、気付くことが多くありました。ありがとうございます。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/167-871d0ecf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。