上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2012/02/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る


「色々思う所あって1年間何もせずにいようと決めた」女性の話。
このタイトルで主人公が男性だったら手に取らなかったかも。
あと、選び取った無職(といっても精神的にはそうせざるを得ないところがあったんじゃないかと思うが)っていうところが強烈に気になって読んでみた。

1年間無職っていう選択はそれなりに状況が整ってなければできない。
彼女の場合はたぶんこれまで稼いだ蓄えが、節約すれば1年しのげる程度にはあるっぽい。あと会社都合の退職で失業手当がけっこう出るっぽい。
そういう「恵まれてる」感はあるにしろ、そういう状況でその選択ができるメンタリティって、今の時代にすごく大事なんじゃないかと思った。

なんというか、社会はこういう人の存在を許さないだろうなー、と思う。
職についていなくて、職探しもしていなくて、正しい意味でニート。
身辺はなんだかいろいろあるようだが、とりあえず独身生活を送っている。
別に親の脛をかじってるわけでも、誰かに貢がせているわけでもなくて、1年間という期限を自分で決めていても、“仕事も結婚もしない30代の女性”が「甘えてる」とか「大人になれ」とか言われないわけないだろうな、と。

それでも彼女にはそういう時間が必要だったんだろうな、とも思う。

いけだたかしは、社会に許されない生き方をする女性を描きたい作家なのかな、と、前作「ささめきこと」を重ねつつ思う。
女子高生同士のふわふわした百合漫画と思いきや、彼女たちの在り方が社会に受け入れられない、許されないということへの葛藤に満ちたストーリーだった。
2人の周囲には温かく受け入れて支えてくれる人もたくさんいるが、だからこそ、そういう支えがあっても、どこからでも突きつけられる拒否と、「許されない存在」を消そうとする重圧がリアルだった。

後書きにいけだたかしは「34歳で(ほぼ)無職は当時の自分だったワケです」と書いている。それを女性に変換したのは、まあ元々はネタ的なことだったのかもしれないけれど、男性でありながらあまりにも近い目線、外側から女性を見ている形でなく描かれていることがすごいなあ、何なんだろうこの人は、と思って、実は女性なんじゃないかとプロフィール確認したりしてしまう。
いや、たぶん男性ですけどね。

とにかく、「生きにくい人のためのいけだたかし」だなあ、と思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/171-85af182c
34歳無職さん1(MFコミックスフラッパーシリーズ)(2012/02/23)いけだたかし商品詳細を見る「色々思う所あトルで主人公が男性だったら手に取らなかったかも。あと、選び取った無職(といっても精神的にはそうせざるを得ないればできない。彼女の場合はたぶんこれまで稼いだ蓄...
34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)(2012/02/23)いけだ たかし商品詳細を見る「色々思う所あって1年間何もせずにいようと決めた」女性の話。このタイトルで主人公が男性だったら手に取らなかったかも。あと、選び取った無職(といっても精神的にはそうせざ?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。