上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/5/6の文学フリマで発行した『百合人―ユリスト―』。
当日ブースには、〈百合 is PANK〉というバナーを貼り出しました。
この言葉は、誌上でアンケートをもとに行なった対談の中で、藤山京子さんから出てきたものです。

「…ロックイズデッド百合イズパンクだよ。思想と密接に関係してくるという。」
「なんかこう。社会を変えるパワーというか。ウテナ的な、突破するパワーを感じますよね。」

(「対談・百合イズパンク!百合は世界を革命するか?」より)


しかし、BLや百合という同性愛の作品が、「カウンターカルチャーになってしまうこと」自体を問題視する見方もあるんだなあ、と最近目にする議論の中でよく感じたりしています。

・それこそ「腐女子のゲイ差別」として問題になったりしたこととか。
(BLを愛好する人たちの中でヘテロの女性だけを「腐女子」と名指して、その人たちがBLをきっかけに現実の同性愛者の存在について考えたりすることすら「リアルとファンタジーを混同している」と断罪することは不可解だな、と正直いって思うわけですが)
・異性愛者が同性愛の表現に何かカタルシスを感じるっていうことを、同性愛者を利用しているとか、マジョリティの立場からマイノリティを消費している、と言われてしまうこととか。
・あと逆に、何かを「BL変換する」「百合変換する」ことが何かのカウンターになるっていうのが、元になったものを貶めているとか、ネタにして遊んでいる、攻撃している、みたいな方向の批判とか。
・同性愛の作品がカウンターカルチャーとして意義深いっていうことが、「同性愛は特別な恋愛で素晴らしい!」みたいなことや、よく言う「障害を超えた恋愛だからいい」みたいなことと混同されていくこととか。


上記のようなことがぐちゃぐちゃに混乱した理解があふれることは、一部避け得ないだろうと。
でも、そういうことじゃないんだよってことを分かり合える人は必ずいると思うし、そういう人たちと、ちゃんと話して、世の中に伝えてかなきゃいけないなあ、みたいなことを文フリを通過して、改めてすごく考えました。


で、それらをふまえたうえで、やっぱり「百合はパンクである」っていうことを私は肯定したいわけです。


私はレズビアンという自認で生きている人間であって、ある意味、百合というジャンルにおいては消費されるとか、利用されるとかいう立場に見られることもあるのかな、と思います。
「BLはゲイを消費している」という言い方に重ね合わせて考えるならばね。

実際、男性の百合愛好者が「女の子だけでいちゃいちゃしているのを箱庭的に外から見て楽しんでいる」と自ら言ったり、ほかの人が男性の「百合厨」をそういう風に揶揄したりすることもけっこうあります。

でも本当にそうかな?と思うんですよね。
リーダーシップを発揮してみんなを導くのも、かっこよくて憧れの的になるのも、戦うのも、恋愛でも、「そこに男は全然必要ありません」「女だけでいいんです」、みたいなメッセージを発してる作品がどんどん出てきていて、そういうのを男性の側から求める流れも同人イベントとか行ってもすごく感じるわけです。

で、実際アンケートを取ったところ、百合にハマってから自分自身のジェンダーのことや、現実の同性愛者に関して考えるようになったという意見が、多数意見と言っていいほど集まるんです。特に男性の人から。
自分の人生観や物事の見方が百合で変わってきてるって時点で「それ箱庭じゃないじゃん」って思うんですよ。

私はそれらの回答を見て、ものすごく嬉しく感じたんですよね。
そこで百合とレズビアンを混同しているかどうかなんて、気にならなかったんです。
だって、実際にレズビアンに出会って「百合萌え~」とか言っちゃうようなことと、百合作品を読んで「現実にも女性を好きな女性がいるのか」と思いをかけることって、ぜんぜん違うことじゃないですか。
それよりも、同じ百合人として、みんな軽い気持ちで楽しんでいるんじゃない、本当に大切なんだ、ということがすごく嬉しく感じたわけです。

文フリでは当日ブースで「男が見て、きれい可愛いって楽しむだけのリアリティの無い百合はいらないんですよ!」と熱く語ってくれた男性もいて、彼はそう思っている人は少数派だと言っていたけれど、本当に少数派なんだろうか?まだそのステップに入る準備が出来ていないだけで、みんなの中にその種はあるんじゃないかな、と私としては思っています。

同性愛の作品って、なにかっていうと「なんで同性愛である必要があるのか」理由を聞かれるので、一生懸命ひねり出さなきゃいけない状況になって無理やり理由付けた結果「箱庭的に楽しんでいる」とか「女同士の方がきれいだから」とか「障害がある方が萌えるから」とか、女性や同性愛者に対する差別的な表現になってしまうのは、なんか90年代の腐女子と同じだなあ、と思って。

でも、「百合見たい百合読みたいもっと百合くれー!」とか百合っぽい女性同士の関係をアニメとかで見て「うわああ百合だああ」「二次創作したいいい」みたいになるほどに、君らが百合を求めているのは、君たちが思っている以上に「くだらない」ことじゃないんだよ、そういう表現を、君たちが生きている中でものすっごい必要としていたから、今そこにたどり着いて萌えまくっているんだよ、ということを本当に私は伝えたいのですよ。


(…性的な欲求を満たすものとして求めるのは、ちょっと分けて考えたいけれど。それはもうちょっと元々のセクシュアリティからくるものだと思うから。社会が全く関係ないとは言わないけれど、社会と関係なく抱いてしまう欲望もあるだろうな、と思うので。)


人間同士の関係性の物語として「同性愛の物語」を求めるっていうのには、異性愛の社会の「男はこうでなければならない」「女はこうでなければならない」っていうところで味わってきた抑圧とか、異性愛の恋愛をする中であまりにも対等な関係を築くことが難しいことになってしまっている問題とか、そういうのと関係なくないんじゃないかな、と。

百合を楽しむうえで「自分が男であることが苦悩」だという人とか、「女の子になって女の子と恋愛したい」とかいう百合人男性がたくさんいて、そういうのを、単なる「下世話な欲望」として見るんじゃなくて、その苦悩はしかるべき苦悩だと肯定したいし、それが百合の作品を楽しむことによって昇華されていくのなら、それでいいんだよ、良かったね、百合にたどり着けた君らは素晴らしいんだよ、と言ってあげたくなるのです。
だってそれはBLによって思春期を救われ、今は百合にもBLにも支えられている私自身にも重なることだから。


そもそもね、ほとんどの人はバイセクシュアルのどっかに入るんじゃないかな?と
私だって小柄でおっぱいができちゃう程度にぽっちゃりで白くて体臭が無い男性とだったらできるかもしんない、と思うから超レズビアン寄りのバイって解釈してもいいかもしれないし
だから、異性愛者だって決めつけて「同性愛は自分のことじゃないのに勝手に楽しんでる」みたいなの、何の意味があるの?って。

これは同性愛者の物語であると同時にちゃんと「君たちの物語」だよと言ってあげたいし、上から目線で楽しんでるつもりで余裕こいている百合人がいたら、箱庭だと思っているものにその人自身がいつの間にか変えられてることに気づきなさいよ、そっから降りてきなさいよ、と声かけてやりたいなあ、と思うんですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/172-106251f8
2012/5/6の文学フリマで発行した『百合人―ユリスト―』。当日ブースには、〈百合 is PANK〉というバナーを貼り出しました。この言葉は、誌上でアンケートをもとに行なった対談の中で、藤山京子さんから出てきたものです。「…ロックイズデッド百合イズパンクだよ。思想と...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。