上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)
(2010/01/30)
星野仁彦

商品詳細を見る


ん?と思うところもあったけれど、おおむね分かりやすくてよかった。

ここに書いてあるのだと、私はDSM-ⅣのADHD基準では、〈不注意〉の項目はすべて当てはまるけれど、〈多動性〉はほとんど当てはまらない、という感じだった。
これだけちょっと多動性と呼べるかな、というのは、人と話してる時とか会議の時とかに、唇の皮とか、かさぶたとかささくれとか剥いちゃうっていうのくらいかな…。あとむかし一時期、抜毛してた時もあったけど…

とりあえずこれ、親に読んでもらってみようかな、と思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/181-29fb5f34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。