ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法
(2012/08/03)
pha

商品詳細を見る


友達にプレゼントした本を、「読み終わったら貸して」と言って貸してもらって読みましたw

だいたい近頃自分が考えてたことと同じようなことが書いてあったけれど、こういう本がもっと流行って、こういう考え方に世間がシフトしていけばいいのになあ、とか思います

「人とのつながり」「暇潰しにやること」「最低限のお金」の三つがあればニートでも生きていける、そしてその中でも一番大切なのは「人とのつながり」だ、というところが興味深かった。
「人とのつながり」が充実していれば、「最低限のお金」と「暇潰しにやること」は後からついてくる、という持論だそうで。

ここで言っている「人とのつながり」というのは、主にインターネットで広く浅くいろんな人とつながっていることなんだけれど、それってつまり自分の世界が開けていること、視野が広く持てること、ということかもなあ、と。
でも単に情報だけじゃダメで。相手が人だからこそ、一方的に自分が見ているだけじゃなくて、相手からも見られている、自分の存在を見つめている人がいるっていうことも大事なのかな、とか。


そういう考え方、著者の哲学みたいなことから、かなり実用的なことや、おすすめ書籍、基礎的な社会学をわかりやすく説明している部分など、けっこう盛り沢山な内容。

働きたくないと思ってる人にとっても使える本だけど、将来が不安な人や、自分なんてダメ人間だと卑下してしまう人も、読んでみると良い本だなあ、と思います。

ちなみに私はこの中に書いてあったこといくつかパクって試そうと思ってますw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/197-d1fa7059