次はどういうことについて書こうかなー、といろいろ考えていたら、まさに今日自分の不注意のために大変な状況に陥りかけて軽くパニックになったので…
そのことについて書いておこうと思います。

私は前職場でストレスから適応障害になり、療養中のため今は健保から出る傷病手当というのを受給しています。
今考えたらこの適応障害も、原因をいろいろ思い浮かべるとADHDの二次障害と呼べるものなんじゃないか…と思うんですが。

この傷病手当をもらっている間は、退職後も失業保険はもらえません。傷病手当が終わって働ける状態になり、「求職活動始めます」となった時点で失業保険がもらえることとなります。

その点は、理解していたんです。

ただ、そのために必要な手続きの書類は、なんだか複雑なことが書いてあったためうっかり放置してしまいました。
傷病手当が切れる時になってから手続きすればいいんだろうな、と勝手に思っていたのです。
退職してすぐはかなり体調も良くなかったので、書類を読み込むような元気がなかったのもあります。

それからしばらくして、もう少し詳しく見てみたところ、失業保険の受給期限は1年で、病気などのために失業保険を受けるのが遅れる場合は期間延長の申請が必要、ということがわかりました。

しかし、この時点でまだ私がわかっていなかったことは、この延長申請は退職してから1ヶ月働けない期間が続いた後、その後の30日間に申請しなくてはいけないということ。
そして、「受給期限が1年間」というのは、受給の申請の期限が1年以内というのではなくて、1年以内にもらい終わってください、ということだということでした。
そのことに気づいたのは、つい1~2週間ほど前。退職してから11ヵ月ほど経つという時です。

これはもうもらえないものだな、と一度は覚悟したのですが、一応、確認だけハローワークに行ってみようと思いました。
しかし気が進みません。どうせもらえないものを、ダメだと確認しにいくなんて。ハローワークのある駅に降り立った時でさえまだ行くか迷ってました。
しかし、行ってみたら、労務不能期間を今日から2ヶ月前の日にちから、と記入するという策をとってもらえ、なんとか延長申請ができたのでした。ハローワークの窓口の人は思っていたよりずっと親切でした…。

しかし、2ヶ月前の日にちから、退職した1年後の日にちまでとなると、私が規定通りだともらえる90日間分の失業保険が、ギリギリ全日分もらえるか、2、3日分減るかくらいのところだったみたいです。
考えてみるとすごいタイミングに行ったものです。

どうも私は、この「壊滅的ずぼら」のためにめちゃくちゃな事態になることは多いのですが、運なのかシックスセンスなのかで謎に乗り切れることがけっこうあります(笑)

そうなんです。こういうことは、一度や二度じゃないんです。

傷病手当の書類で、自分が書く欄の内容と病院の先生の記入内容がちょっとずれてしまっていたんですが、まあ自分が訂正すればいいか~と思ってたのに訂正しないまま提出してしまい、そのことで受給日が遅れて生活が危うくなりかけたり…

仕事をしてた時は出張先の宿の予約をなんとなーく先延ばしにしていたらけっこうギリギリの日付になってしまい、しかも出張先でちょうど地域行事のある時期だったので、気づいた頃には満室だらけになっていたり。その時はなんとか必死で探して、宿は見つけられたんですけど。
出張先で会う人が宿泊場所を用意してくれるという話だったけれど、それを詳しく確認していなくて、どこに泊まるのかとか、移動手段とかを全く把握しないまま現地に行ってしまったこともありました。超不安だったけれど、なんとかトラブルはなく済んだのですが。
あとは、友達と約束していた日に、鍵をしまった場所がわからなくなり、どうしても見つけられなくて外出出来ず、ドタキャンになってしまったこととかありました。後から、かばんのポケットに穴が開いていて表の布と裏地の間に入っていたのがわかったんですが、置く場所をちゃんと決めておくとか、しまった場所をきちんと記憶しておけば、わりと早めに見つかってドタキャンまではせずに済んだかもしれないんですよね;

どうしてそんな事態になるまで処理・対策していなかったんだろう…と自分でも思うのですが、自分の中で感じているのは、いくつかのものを抱えていると必ず一個はみ出して落ちるようなイメージです。
「ずぼら」というより、「うかつ」かもしれません。

病院の先生のアドバイスで「やることメモ」を取るようになり、最近ではメモ帳ではなくよく目に付くホワイトボードに書くようになって、だいぶやるべきことの把握ができてきたように思いますが、基本的なうかつさが治ったわけではありません。
気がつくとやることメモの隅に書いたまま書いてあるのに忘れている項目が…ということもあります。

うかつといえば、忘れ物・落とし物はとても多いです。
小さい頃から多くて、だんだん減ってきたとは思うのですが、気を抜くと出かけた先に財布&携帯を丸々置いてきた、なんていうこともいまだにあります…
落とし物も、ポケットに入れたつもりでそのまま床に落としてた…みたいなのがちょいちょいあるのですが、なぜか必ず戻ってきてる気がします^^; ホントにこれは、運なのかシックスセンスなのかw

この「運なのかシックスセンスなのか」の謎のトラブル回収でやっとこさ何とか生きてきたのですが、「なんでこんなことに」と涙目になることは割と頻繁にあります。

しかし、ADHDだと判明してからは、「ああ今は自分はパニックになっているんだな」「混乱してどれか一つ取りこぼしやすい状態になっているな」と把握できるようになったような気がします。
もし病名がつかない状態の人でも、日常で混乱して困ることが多かったら、「自分は特別この部分は苦手だから、訓練して慣れるんじゃなく特殊な対策を考えよう」と方向転換することで、いろいろ上手くいくってこともあるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/206-2d35a0fc