熱が出るのは悪いウイルスを殺すためだそうですが、鼻水が出るのはどういう作用なんでしょう。まあなんか似たような意味はあるんでしょうけど……などとタミフル飲みつつ思うインフルエンザな日ですが、暇なわけでもないのに珍しく更新してみたりします。


餓死する犬を展示 これがアート? バルガス コスタリカビエンナーレ/千の骨
ちょっと前から一部、とくに愛犬家の間で話題になっていた署名運動なのですが、上記のブログが、英語サイトの訳も載っていたり、署名の主旨もきちんと伝えていて、私の調べられる範囲ではわかりやすいものだったで紹介させてもらいました。

コスタリカのギジェルモ・アバクク・バルガスという「自称アーティスト」が、ある犬を、故意に餌を与えずに餓死させて、その死んでいく様を「アート」として「展示」した、というニュース。
署名はバルガスがホンジュラス中央アメリカ・ビエンナーレ2008に自国代表として選ばれたことに対し、ボイコットしようというものです。

署名はこちら

これが「動物虐待アートを禁止する署名」とかだったら、また面倒な話になっていたところなので、署名の内容を考えた方はなかなか賢い!とちょっと感動してました。
ヘタすると剥製やら、もっと言うと動物園、水族館なんかにも飛び火する可能性ありますからね。
署名の発起人が愛犬家かはわかりませんが、ともすると過激になりやすい動物愛護の感情をうまく逃がした点でもエライと思います。


で、その「動物虐待アート」の定義という難しい問題をうまく避けた署名運動でありますが、それについてまた別に、考えさせらる記事もありました。
Realtokyo/column/Outoftokyo/179.犬と鼠

ここで紹介されているチン↑ポムの『スーパー☆ラット』という作品ですが、まあ、殺して剥製にするのは、飢えでじわじわ弱って死んでいく動物を「展示」するのとは全然違うとは思いますよ。
そういったことも含め、バルガスの方は全く「作品」とは思えないのですが、チン↑ポムの方は「作品」として捉えられるものなので、確かにチン↑ポムの方が優れているのかもしれません。

ただまあ、チン↑ポムの作品が芸術的にさほど優れているとも私には思えなかったのですが……
おそらく、出来上がったその剥製のピカチュウよりも、その捕獲の様子を捉えたDVD映像の方が面白いんだろうな、と思いました。

剥製に彩色してピカチュウにしたその作品には、都会の鼠、したたかで生存本能の過剰な「スーパーラット」の「スーパーラット」たりうるところが全く失われていて、なんかがっかりする。
何か前にあったんだよね、ネットで、ハムスターの画像に色塗って、ピカチュウっていうやつ。
あれが先にあるからなあ。っていうか誰でも考えるか、そんなこと。

何より、作者が奇をてらってる感が作品に表れちゃっているところが面白くないんですよ。
何だかわからない、不思議な感覚がない。人がなんがしか手を加えた、という部分がやたら強い。
作品の主張よりも作者の自己主張が強いといったらいいのかな。

で、このサイトの記事の、犬の写真と鼠の写真をもう1度見比べてみると、これが、犬の写真の方が印象に残るし、迫力がある。畏怖に近い感情を起こさせるところがある。
いうなれば、芸術性が高いともいえる。
これは、決してバルガスの方がチン↑ポムより芸術性において優れているということではありません(まあバルガスはたぶんただのラリッた男なんだろうけれど)。

結局、生き物の生や死のそのままの姿に勝る芸術なんてないという、けっこう当たり前の真理に当たってしまうわけです。

これを語るともっといろんな話が入り組んできちゃうんだけど、やっぱり、「死」すら殺してしまっているチン↑ポムの作品は、生き物本来の面白さを完全に面白くなくして出してきたようにしか思えないんですよね……
でも、それが逆に狙いなのかな??
だとしても、そんなに意味的な部分で狙った作品ってやっぱり面白くないと思うし。



ところで、Real tokyoの方に、犬を餓死させたのはデマ、みたいな記事が載ってますが、その辺の判断はご自身でよろしくお願いします。

なんかいろいろ話反れたような……まあ、いいか、タミフル中だし(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/24-21ac3949