上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、ただただ私がWaTの歌詞について語りたいという自己満企画、後編です。
前編も読みたいという物好きな方はこちらをご覧ください(^ー^)


◆『自転車』作詞作曲:WaT
5thシングル『ボクラノLove Story』のカップリング。
この歌詞は、本当に好きすぎて語りだすと止まりません。曲も三拍子で素晴らしいメロディー。リンク先の歌詞サイトで試聴できるのでぜひ聴いてみてください!

静かに冷えて白く凍る道
かじかむ手ハンドル握りしめ
自転車走らせていつもの角を曲がれば

家の前で一人待つ君
少しよろめいて二人乗り
こんな日常がずっと続くような気がした


冒頭、寒そうな冬の風景から始まって、ハンドルを握る手にクローズアップし、その次にやっと自転車に乗っているという全貌が見えてくる。さらに、そこから角を曲がることで、「君」が待っているという新しい景色が展開する。ここまでですでに見事。
そして、「少しよろめいて二人乗り」。この一文は、本当にこれだけで十分なくらい。このフレーズそのまま使って短歌作りたいくらいですよ。

この美しすぎる最初の情景描写から始まって、しかしこの曲は、別れを目前にした切ない2人の青春を切り取っていきます。

君と過ごしてきた日々が
いつか思い出に変わるなら
あのとき僕はもっと君に想いを伝えたかった
過ぎた日は今でも胸の奥でひそかに息をして
耳をすまして片隅の声に振り向けば
そっと君が笑う


(略)

思い出はいつも少しだけの後悔と切なさを
歓びと同じだけ重ねたまま伝えようとしている
君が笑っていたあの夕暮れ自転車帰り道
こごえる手繋いだ時の君の温もりは
きっと忘れないよ


この曲のリリースと同時期に、WaTの活動一時休止とソロ活動期間に入ることが発表されたことは、関連があるかないかわかりませんが、個人的にはとてもドラマチックだなーと感じております。

◆『reStart』作詞作曲:WaT
はい、きました。これもほんとめちゃくちゃいい曲。
ソロを経て、WaT活動再開と同時に発表されたベストアルバムに、一曲だけ収録された新曲です。
小池さんはこの曲を、「また2人に戻ってこれからもがんばっていこう」という内容の曲と説明しています。

駆け上がる 歩道橋足音に
白く 滲む 息を 重ね
思い出は 色褪せることもなく
時は止まったまま


(略)

どれだけの思い出を並べるより
またこうして君と過ごせれば
止まった時も動き出すさ
これから生きる時間の話をしよう
一瞬を 積み重ね
時代は創られていくから


言葉の表現力は、ソロ以前に比べ格段に上がっていると思います。
そして「また2人でがんばっていこう」というテーマでこういう歌詞が出てきちゃう2人の関係がアツイです。
そしてこの曲の2番サビの情景描写は、表現力の向上をさらに強く感じさせるものになっています。

街角に鳴り響くクラクション誰かの声
交差点人波追い越せば
広がる視界 過ぎゆく世界


これがまた、メロディーも広がりを感じさせる展開に差し掛かったところでこの歌詞なので、聴いているこっちまで視界がぱあっと開けていくような感覚に包まれるのです。

◆『花咲けば』作詞作曲:WaT
2008年リリースのシングル『時を越えて~Fantastic World~』のカップリング曲です。
注目すべきは、歌詞中で「君」と呼んでいる存在が何者なのか、というところ。

どんな時でも君は
穏やかな眼差しで
出会いも別れも涙も
そっと見守ってきた


(略)

きっといつか また逢えたら
その時はもっと笑えるだろう
君が咲いて 風が 少し
暖かくなる頃に
巡りめぐる 季節の中
僕らは時に立ち止まって
ささやかでも 君に こころ
奪われる


お気づきでしょうか。この「君」は、花のことなのですね。
また、花になぞらえながら、人の優しさとか、大切にしたいもの、大切にしたい人などを表しているのかもしれません。
さて、作詞の力がついてくると同時に、WaTの歌詞は文語風の表現が増えていき、まるで青葉城恋唄のような古風な情緒を醸し出していくようになります。

小さな花片はいつも
儚げに揺れて
密やかに囁けば
幸せまたひとつ


(略)

振り返れば 懐かしさに
彩られた時はいつも
君が咲いて 胸に 残る
温もりを分けてくれた


歌詞だけ見ると落ち着いた穏やかな感じですが、曲は意外にロックテイストで鋭いメロディーで、ファンの間ではカップリングながら人気の高い一曲なのです。

◆『青春の輝き』作詞作曲:WaT
これはね、本当に名曲です。歌詞も曲も、ここまでくれば専業の作詞家・作曲家と比べても遜色ないレベルだと思えた楽曲。2008年10月発売のシングル『36℃』に収録されていますが、同年5月のライブツアーで未発表新曲としてすでに演奏されていました。

変わるもの変わらないもの
今の僕には分からないけど

同じ時を分かち合えるなら
心に刻まれた場面
忘れられるわけないじゃん
君も同じ
気持ちなはず
青春が放つ輝きを


このサビなんですが、「同じ時を」から「忘れられるわけ」までが、二分音符を中心とした、長く一語一語置いていくようなリズムになっている。そこで得意の少し古風な言葉遣いを駆使しながら、メロディーの収束地点で、リズムが細かい刻みになると同時に「ないじゃん」と突然若者言葉を使う。これが本当に、歌詞と曲のバランスが素晴らしくて。
その歌詞と曲のマッチングがあるからこそ、その後の「君も同じ気持ちなはず」がぐっと心にしみてくる。

2番サビも当然同じ構成なのですが、その内容がまたいい。

大丈夫と言い聞かせながら
心に湧き上がる感情を
抑えられるわけないじゃん
胸にひとつ
きらめく星
青春がくれた輝きを


あと2番のメロもいい…!と語りたいところですが、歌詞全部書いちゃう勢いになりそうなので自重しておきます。
歌詞サイトでチェックしてみてください。ちょっとだけ試聴もできます。

◆『24/7~もう一度~』作詞:WaT 作曲:大隈知宇
2010年発売のシングル曲。作曲に珍しくWaT以外の作曲家さんが入っているけれど、正直この頃のWaTが曲も書いていたら、もっとひねった構成やメロディーになってたんじゃないかという気がしています。でも、歌詞にはやっぱりWaTらしさが出ています。

誰かを想うのに ○と×があって
僕らの答えは 涙の跡だよ
夜空を見上げてた

僕の知らない誰かと 過ごすだろう君の日々が
それも愛しく想えるように 大人になるから


WaTが大人なラブソングに挑戦する、という企画のシングルだったのですが、その曲中で「大人になるから」って言っちゃうあたりが等身大なWaTらしさ。でもやっぱりこのフレーズがファンにも人気だったようです。

夜を越えて 僕は悲しみを ポケットの奥に握って
ここからまた 二人歩き出そう 思いの彼方で


やっぱり企画意図に沿って無理に大人ぶるよりは、「ポケットの奥に握って」とか、WaTらしい言葉が出てくるのがいいなあ、と思ったりします。

さてさて。前編に続いて10曲紹介させていただきました。
本当は『卒業TIME』や『あの日』も入れようかかなり迷ったんですが、この場は内容よりも言葉の表現の面白さで(好みですが)選んでみました。
はい、自己満終了!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/273-1f08be89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。