観ると必ずオザキ8されると話題の映画「X-ミッション」、観てしまいました。
観終わってすぐは、いや~私はそんなにハマらなかったなあ、と思ったんですよ。
ところどころツッコミ入れたくなったし、おかしいと思ったし、そんなにオザキ8されなかったよ、と。

でも1日経って、ふと。
いやツッコミ入れたいと思ったところは確かにおかしかったけど、まずもっと前提の部分がおかしかったから…!基本的なベースがまず色々…!
ということにやっと気付き、私もまんまとオザキ8されていたということが判明してきました。

まずこの映画、エクストリーム・スポーツというやつが話の軸になっています。
エクストリーム・スポーツってあれです。ものすごい高い崖をバイクとか自転車で走ったり、わざわざ落ちたら死ぬよっていうところで死ぬような危ないことをやってのけるっていう、時々「世界のビックリ映像」の番組とかでやってるやつです。
だいたいああいう映像を見る時、我々凡人は
「なんでわざわざ危ないことするのかわからない~死ぬよ~やめなよ~」
っていう気持ちになるものですよね。

なぜ彼らはそれでも挑戦するのか。それはオザキ8のためだったのです。オザキ8、それは自然と一体になるための8つの修練である。

はい、↑これが映画の全編を通してすべての基本となっています。
細かいところにツッコミ入れたらキリがないような映画なんですが、この前提に対してツッコミを入れることを、ある時点から忘れます。そうなればあなたももうオザキ8の手の内です。

死ぬよ~っていうチャレンジをするのがオザキ8なので、けっこう人が死ぬんですが、なんか別にチャレンジをしてる時じゃない時もけっこう死にます。
最初のうちはエクストリーム・スポーツをやってて死ぬことの方が「いらんことやって死んだ!」と思うのに、いつの間にかエクストリーム・スポーツじゃない時に死ぬ方が、「え、このいらないシーンで死ぬん…?」って思えてくるからもうすでにオザキ8されてます。

ちなみにオザキ8という修練は、オノ・オザキという日本人が仏教思想に基づいて提唱したらしいのですが、オノ・オザキはどっちが苗字かわからないこの名前の時点で笑わせてきますけど、死に方で2回笑わせてきます。
人は1回しか死ねないのに、死に方で2回笑わせられるなんてオノ・オザキくらいなものです。さすが自然への敬意が違います。

あと自然と一体になるとか、自然への返礼をするとかめっちゃ言うわりに、あんまり環境に良いことをやってる感じもしないです。
自然への返礼もそこまで環境保護のために良いことなのかよくわかんない感じで終わります。
エコでロハスな感じのシーンよりパリピがズンチャズンチャ踊ってるシーンの方が多いです。

後半はえっそんな展開?そんな展開!?あれれれ~!?ってなるんですけど、その前にそもそもの前提が何言ってるのか私理解してなかったんだった…っていうことに気づくのに、私は1日かかりました。

そんな感じで、私これ正直、別に観なくてもいい映画だと思います。
良い映画はいっぱいありますよ。他の映画をもっと観ましょう。
でも一度観てしまったら、絶対もう一回なんらかの形で観ようと思っている自分がいることが怖いです。できればレンタルビデオで友達と一緒に観たいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/287-14595cc1