上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ぼくだけが知っている』のいくつかのシーンや言葉は、日常の中でもふと思い出されることがよくある。

ひとりよがりな想いの押しつけについて考える時は、「プレゼントぼーりょく」という言葉が浮かぶ。
街路樹のイルミネーションを見ると「ちくちくする」と思ってしまう。
友達との関係について考える時には、らいちがいじめっ子に対抗するために少しえげつない脅しの手段を使って、その立会人となった今林くんが言ったことを思い出す。いじめ撃退には成功したけれど割り切れない気持ちになるらいちに、今林くんは、この役目を僕に頼んでくれてかなりうれしかったんだよ、と伝えるのだ。
そして吉野朔実先生の訃報を聞いて、自分でもよくわからない感傷に襲われている中で、らいちたちがかつてのクラスメイトが病気で死んでしまったという知らせを聞いて、現実感のない訃報の受け止め方に迷う回を思い出した。

吉野朔実作品は、『少年は荒野をめざす』も『月下の一群』も衝撃的だったけれど、『ぼくだけが知っている』は不思議なほど私の日常に染みついていて、私が思い入れの一作を選ぶならば、やはりこれなんだろうな、と思う。

吉野朔実作品は、怖い、とずっと思っていた。
『月下の一群』は読んだ時とくに怖かった記憶がある。気付かずに読めば、単なる繊細な男女の群像劇に読めてしまう中に、できれば向き合いたくないもの、自分の中にあるもの、人と人の関係の中にある怖いものを突き付けられるような感覚があった。
それは最初期からずっと、漫画家としてのキャリアを重ね年齢を重ねても、追及の手を緩めることなく、吉野朔実の漫画はさらにダイレクトに怖くあり続けたように思う。
まるで少女のような、人間への厳しさ、人間の体と心を持っている自分への厳しさを抱き続けた人、という印象がある。

私が吉野朔実作品をかじりつくように読んでいたのは十年ほど前の大学生の頃。完全な後追い世代だ。
最近の作品は、あまり読んでいなかった。自分自身が大人になっていくにつれて、その少女のような高潔さや激しさについていけなくなったのかもしれない。

でも、そんな作品を描く人だったからかもしれない。
訃報を聞いた時、ああいう作品を描く人が若くして亡くなってしまうのは、本当につらい、悲しい、と感じた。
直接の知人でない著名人の訃報を聞いて、こんなにすぐに「悲しい!」という言葉が降りてきたのは初めてだった。
「ご病気のため4月20日にご逝去されました」というたった一文で、2週間後の今になってあっけなく告げられたその死の表象は、まるで吉野作品そのもののようで、潔く、悲しかった。

天国で安らかにいられることをお祈りする気持ちは、心からのものだけれど、同時に、死後の世界があるのならばそこでも少女のように厳しいままでいてほしい、と願ってしまう自分がいる。
こんな気持ちの押しつけも、プレゼントぼーりょくだろうか?

あなたの作品を愛しています、とだけお伝えしたい。

  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/288-890ae008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。