上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミュージカル『1789 バスティーユの恋人たち』
・小池ロナン×ねねオランプ×凰稀マリー
・小池ロナン×さやかオランプ×花總マリー
・加藤ロナン×さやかオランプ×凰稀マリー
の組み合わせで観てきました。

まず、フランス発のミュージカルなので、日本人が書いた「フランス革命」からはあまり感じてこなかったことが所々にあったなあ、と。

今まで教科書などで読んでいたフランス革命では、民衆が武装蜂起したことの方が印象に残っている。しかし、今回の舞台ではその前に「虐殺」という言葉が数回はっきりと示されている。視覚的にも、丸腰の市民たちを複数の軍人が銃で狙うシーンが繰り返される。
そうか、この歴史が「フランス革命」という言葉で残っているのは、市民が武器を取り立ち上がったからなのだ、と。そうしなければこの歴史は、フランス軍による市民虐殺事件として名を残していたのかもしれないんだ、と思った。
しかし暴力はさらなる暴力を生み、ロベスピエールは政敵やかつての仲間までも次々とギロチン送りにする独裁者となっていくという、次の歴史もある。互いに殺しあう戦いはやはり悲惨なものだとは思う。
それでも、決して屈しない、どんなに大きな権力が攻撃してきても、自分が虐げられて良いとは絶対に思っていないフランス市民の力強い姿には、感動せずにはいられない。この精神性は少なくとも現代の日本人にはかなり乏しいと思う。

小池ロナン版では、冒頭のシーンでもすでに「そうか!これがフランスの人たちの強さか!農村の人々でもこんなに誇り高い!」と思ったのだけれど、加藤ロナン版では冒頭シーンがすごくあっさりしててちょっと驚いた。
それは2人の演技プランの違いによるもので、どちらが良いかは人によって好みが分かれると思う。2人のロナンは、驚くほどに全く別の人物に仕上がっていた。
歴史ものという性格もあって行間の多い物語だから、演技によって人物像が大きく左右されるのだろうけれど、ここまで違うロナンをダブルキャストでそれぞれに作り上げた2人の役者は、本当にすごいと思う。この2者を見比べられたこと自体が、とてもエキサイティングな演劇体験だった。

加藤ロナンは、ロベスピエールたちと出会った当初からしばらくは、彼らから聞いた自由、平等、権利といった言葉をそのまま、覚えたての言葉を使いたがる子どものように話している。彼がその意味を、本当に自分の実感の中で理解するのは、一幕の終わりだと思う。

一方小池ロナンは、ロベスピエールたちから自由と平等、人の権利について聞かされた時、きっと「それは自分が元々知っていたものだ」と感じただろう。
哲学とは「人間がどう生きるべきか」という学問だと聞いた時、彼は「それならあんたたちインテリよりも俺の方が知っているかもしれないぜ」と答える。加藤ロナンはこれを、気の良さそうな素朴な調子で話す。
小池ロナンの場合、この言葉に、彼が農村で作物や家畜を育て、村の人々や家族と助け合い、貧しさや自然の困難を乗り越える中で学んできたことに強い誇りを持っている、確信を持って「人間がどう生きるべきか知っている」と話している、と感じさせる。
小池ロナンはロベスピエールたちと初めて会った次のシーンでは、すでに権利も自由も平等も、自分の言葉にしている。彼は元々それを農村の暮らしの中で知っていた。そこに明確な言葉が与えられた瞬間は、きっとヘレンケラーが「水」を理解した瞬間のような衝撃と感動があったに違いない。

きっと革命に身を投じた貧しい平民たちの中には、加藤ロナンのような青年も、小池ロナンのような青年もいただろう。どちらの立場から描かれることも意味があると思う。
しかし、小池徹平でなかったら、農村に暮らす学問を知らない貧しい人々の中に確固たる哲学があることを、ここまで明確に示してくれただろうか…と思うと私は涙が出る。

現代の政治や運動に置き換えても、どうしても中心は、学ぶことのできる環境にあったインテリ層が多くなってしまうという問題はある。
反差別、反貧困を叫んでも、その真ん中にいる人たちの偏りは否めない。本当に貧しく、学ぶことのできない環境にあった人がその中心にいることは少ない。
私自身、その問題を丁寧に扱うことができず、後から指摘されて後悔した苦い経験がある。
だから、ロナンがロベスピエールたちを責めるシーンは自分自身にも鋭く刺さる。

二幕の初め、ダントンが皆に「シトワイヤン(市民)!」と呼びかけるシーンで、なぜか私は一瞬、自分にも呼びかけられたように錯覚して、はっとしたのだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/289-eed1d853
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。