知っている人は本当に今さらながら、ウエンツ瑛士さんが、ファンクラブ会員になってしまうほど好きなわたくしです。最近行われたWaTのツアーも、日比谷野音ファイナルに行ってきたりしました。

そんな中で昨日、今日アップされたウエンツ瑛士さんのブログに、なんともいえない酸っぱいものがこみ上げてくるというか……どうしても自分の状況に重ねてしまって、たまらない気持ちになってしまったんですよ。

ウエンツ瑛士ブログ

以下、転載


2008.06.14

~(略)~

ツアーをやれた事、非常に感謝してます。来られた方、残念ながら来られなかった方、皆さんありがとうございました!
~(略)~
今回のツアー、はっきり言って上手くいかなかったと思ってます。
楽しいモノに出来なかったと思ってます。

そんな気持ちの中、『みんなのおかげで最高に盛り上がったー』、『またやりたいですー』なんて安易に書けませんでした。
満足してると思われたくもなかったですし。

ただ、感謝してる気持ちはあったのでそれだけはすぐに書くべきだったと反省しております。

~(以下略)~

2008.06.15

すみませんでした。

色々な書き込みありがとうございます。全部読ませていただきました。
~(略)~
そんな中、今回の書き込みの内容で多くの方を不快な気持ちにさせてしまって申し訳ありませんでした。

自分の中で処理するべき事、皆さんに伝えるべき事がしっかり見えてなかったように思います。
~(略)~
決して楽しくなかったり、面白くなかったりした訳じゃなく『自分の中での合格点になかなか辿り着けなく、すごく悔しかった』
~(略)~
合格点にならなかった事や上手くいかない部分があった事も全部、100%出し切った上での自分の今の実力だと痛感しています。

これからも二人力を合わせて、日々精進していきたいと思います。




以上、ブログより抜粋。

全部載せるのは問題かと思ってちょこちょこ略したけどあんま意味なかったかな…;ほとんどのっけた気がする…
あんまり人の言ったこととか書いたこと編集するの好きじゃないんだ、誤解が生じるから…
でもURLだけ載せてると、このブログしばらくすると消えるからさ;;



しかしまあ、アイドルにしておくには正直すぎる彼だと思います。

実は、私もライブに参加して、本当に楽しかったんだけれど、正直なところ「もっとやれると思ってた」っていう気持ちもあった。
過去のライブDVDを見て、すごいスピードで成長してきた2人を見てきて、今だったらもっと、音楽的にも成長している姿を見られることを期待していて。
もちろん、まだまだアーティストというレベルを期待すべきではないのはわかっていたんですけど…(将来的には確実に期待しているんですけどね、アーティストとして)

だから、彼がまだ満足していないと知って、「ああ、モチベーション落ちたわけじゃないんだ」「やっぱり誠実に頑張ろうとしている人なんだ」ってわかって、逆に安心したんですよね。


でも、ファンにとっては聞きたくない言葉だったっていう部分もあるんじゃないかと心配したし、心配どおりのコメントも寄せられていた。
これがロックバンドのメンバーのブログだったらもうちょっと違う反応だったかもしれないと思うけど。


しかしね、これ、なんというか、わかるんだよ。
「楽しいライブでした、でもまだ満足はしてません」とか、そういう言葉で言ってしまったら、本当の気持ちじゃないんだよね。
自分の気持ちを吐露したくなってしまったのは、弱さかもしれないけれど、そのくらい人間味があるほうがいい。だってまだ22の若者ですよ。

よく「芸能人なんてテレビで見せてるのと裏での姿は違う」とか、「本当はどういう人間かわからない」と言う人もいるけれど、
やっぱり私、「本気じゃない人」は振る舞いや表現にどっか「本気じゃなさ」が表れるし、「本気でやってる人」は、それがちゃんと本人が気付かないところでも表れるもんだと思うんだ。

その上で私は「本気の人」を応援するのが好き。その人に、才能のあるか否かは、そんなに問題じゃない。本物の「本気」以上の才能なんてない。


私の言う「本気」の意味は、わからない人にはわからない言葉だと思うけれど。


WaTはいつも「本気」だけれど、「本気で音楽と向き合う」というよりは、「本気で音楽を追いかけている」状況なんだと思う。なかなかたどり着けなくてもどかしいだろう。
そのうえ、アイドルとして、タレントとして、いろんな制限もあるだろう。操り人形にならないように必死なのかもしれない。


成功者に見えるけれど、きっとまだまだもどかしい状況で、確実なものも少ないと思う。
そういうところが、他のアイドルやアーティストと違うところで、魅力のひとつでもあると思う。


やっぱり私は、錯覚しているのかもしれない。
同い年の彼らに、自分のうまくいかない状況を重ねてしまうのかもしれない。

やりたいことは見えているのに、そのための努力だけをしたいのに、たくさんの他の大切なことがあって、それらを捨てるわけにはいかない。
本当にやるべきことは、今やっているこれじゃないんじゃないか、という気持ちがいつもある。
それでもなんとか、精一杯希望を保っているんだ。

私の今のこの状況は、彼らと同じなんじゃないかと。
だから、「大丈夫だよ、君らはちゃんとやってるよ!」っていう言葉は、自分に向けての言葉でもあるんだ。


将来っていつ?
何歳までに達成できるの?
不安は正直いっぱいあるけれど、でも、自分の仕事が何か、自分がどっから呼ばれているのかはわかっているから、なんとか貫ける。


「大丈夫大丈夫、もうすぐきっと、全部うまく回るときがくる」
そうやってWaTを応援しながら、今日も自分を励ましている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/33-df27b636