上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
(2006/06)
乙一

商品詳細を見る


あーい久々の読書日記です。
乙一です。

実はこれ、小池徹平さんの映画を見る前に予習で『傷』を読むために買いまして…
で、最初『傷』だけ読んで、「ああ、乙一こんなもんか」と思って放置してたんですが、売っちゃおうと思って全部読んでみたら、『傷』以外ほとんど面白かった!(笑)

なんだ、乙一けっこういいじゃん!と思いましたよ。(何様)
一番渾身の作!ってかんじなのは、『マリアの指』。印象も一番強いんじゃないかな。
他の作品に比べて全体に暗くて淡々と進む話だけれど、その中で、主人公の少年の変態っぷりが異臭を放つかのようです(笑)
殺されたマリアよりも、殺人の容疑者たちよりも、真犯人よりも、主人公が一番変!だと私思うんですが!
でも彼の変態っぽさがなかったらきっともっとつまんない話だったと思うんだ。これは乙一、乗り移ったかな?

でも私が個人的に好きなのは『手を握る泥棒の話』『ウソカノ』だったりして……
乙一さん、「泣かせ」で有名らしいですが、泣かせない作品の方が話もしっかり組み立てられててすっきりまとまってるような気がするんだけど……
『ウソカノ』は微妙に泣けるかもだけど(笑) 人が死ぬとか奇跡が起こるとかの話より、よっぽど『ウソカノ』いい話だと思うよ、まじでまじで……

ところでなんで『傷』がだめだったのかと言いますと……
人の傷を自分に移して癒すって、やっちゃいけないことだと思うんですよ、私は。そのへんに主人公たちが気付かないまま話が終わっちゃってるのが、どうにも腑に落ちなかった。
この子供たちはこれからちゃんとした道を歩いていけるのか、それが見えないまま作者は彼らを生み出しといて放り出していいの?ってさ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/37-a7fc92e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。