画像-0201

こちら、私が大学の文芸部で、卒業間際の今年2月に企画・編集させてもらった「詩の本」
『トゥットゥルトゥルトゥル~言葉の壁』 です。

私が企画者としてテーマを設定し、部内に原稿募集をかけて、集まった作品を1冊の本にまとめた、といったものです。もちろん私も作品を書いてます。
本来ほとんど部内にしか配る機会のないものなのですが、原稿を提出してくれたみなさんが、企画者の意図を超えて実に独創的にぶっとんでくれ、非常に面白い本になったので、外部にも興味を持ってくれる方がもしいるのなら、ぜひお配りしたいと思いました。


大まかな内容:

この本は、言葉をもっと、深く、オモシロクしてみよう!という企画者のあつくるしい思いから生まれました。
自分が小説や詩を書くとき、どうやって言葉を選び出し、積み重ねて文にしているのか考えていただこうと、すべての作品のおわりに「作法」をつけてもらいました。
発想の源になったアイテム・シチュエーションなど「材料」と、その構成の仕方・展開のさせ方を示す
……つまりは、作品の【レシピ】です。


・わたしのすべて 木村コオル 
 〔一見ウェブブラウザ?隠された詩・メッセージとは……〕
・ハンマースホイの部屋 空木まゆみ・佐藤ベイブ
 〔4枚の絵と4つの詩。2人の作者の意図がどう絡み合うか〕
・わたしの字 わたしの言葉 夕森りら
 〔手書きの文字の持つ特殊性、危険と強さ〕

・座談会録 2008年流行語大賞・候補語を批評してみよう
 〔言葉を捉えなおす、まじめでゆるいガールズトーク?〕

・月満ちて 四隣静まり 夜半の花 志田崎さんず
 〔物語の背景には、いつも音がある。混乱が快感となる視覚効果〕
・廃墟の詩 遠野大輔
 〔森を彷徨いながら、詩を読むような感覚〕
・7stories 佐藤ベイブ
 〔どれだけほら話ができるか挑戦しました〕



私は、佐藤ベイブというPNで合作含め2作書いております。
といっても、いつもの詩とはだいぶ感じが違うというか、思考実験にちかいようなものなので、変な作品であることをご容赦ください(笑)

他のみんなの作品も、「これは詩?」と思うようなものが多いと思います。むしろそういうものを募集したような部分もあったので……読者に「詩ってなんなのか」と悩ませるものになっていたら幸いです。

希望の方はメールにてご連絡ください。
uchu_ken6@yahoo.co.jp

基本的には無料ですが、郵送するにあたり、送料だけご負担お願いしようかと思ってます。
送料や振込先はメールくださった方にまた詳しく連絡するつもりですが、おそらく定形外郵便で100~200円前後でお送りすることになると思います。

ちなみに残り冊数は20冊程度です。
まあ、全部はけることはないと思います(笑)。ず~っと後になって連絡くれても、もしかしたらまだ残りがあるかもしれないと思ってます。
……なんていって、なくなっちゃったらゴメンナサイ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/62-cac53feb