上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイドル探訪第2回。

disco_jacket_lrg11.jpg

かのAira Mitsukiを初体験してまいりました。

いや~可愛いかった~!
安っぽい衣装にPerfume完パクリの振り付けだった頃に比べれば断然可愛くおしゃれになりましたね。顔はけっこう、ほっぺが丸くてイモ可愛いんだけど、それが妙に金髪カツラともマッチしておしゃれです。
曲も普通にいい曲ばっかりですね。なんか新しいアルバムは、作曲やゲストボーカルとかもそうそうたる顔ぶれのようです。


しかし、この路線で大ヒットは難しいだろうな~とは思ってしまう…
別に大ヒットしなくても、いい感じでこの路線を続けていってくれたらいいんだけど、所属事務所のデートピアではつい最近80_panも解散に追い込まれてしまったので、どのくらい売れ線を望まれているかが微妙なところ。

おりしもミュージックマガジン8月号でまたまたPerfumeの特集が組まれ、安田謙一氏が「ガールズグループ」について語っている。その中で引用されているのが、レコード・コレクターズ誌86年9月号より、長門芳郎、小西康陽の対談。

以下引用---

長門「一人でデビューさせるにはどうかという歌唱力やルックスが、3人なら様になるみたいなの、あったと思う。」
小西「たわいなさ。」
長門「たわいなさ、だよね。(後略)」

---

Airaもわりとこの「たわいなさ」に属するタイプなんですよね……むしろPerfumeよりそうなんじゃないかと。強く印象に残るものではないけれど、料理しやすいルックスと歌唱力。

あと、曲もちょっとかっこよすぎるんですよね。
あんな歌詞に英語が多くて日本語もほとんど聞き取れない歌、そうとう他の要素にパワーがないかぎりヒットしないよね。

正直、新しくもないし。
今までグウェン・ステファニーとか小西プロデュースのガールポップとかで築きあげられてきた、すでにある「おしゃれさ」なんですよ。とても可愛いし素敵なんだけど、目新しくはないし、野宮真貴より引力あるかっていったら答えは明らかで。

今後Airaが生き残る道は私にはちょっと探せません。誰か見つけてあげてください。サバサバしたいい子っぽかったんで。(笑)

Aira自身が生で電子楽器を奏でるというのはなかなか魅力的だったけれど、楽器に注意が行き過ぎちゃってポージングのおしゃれさが保ててなかったのはおしいところ。あれがもうちょっと様になれば、いい感じだと思うな。
一番様になってたのはパッド型の電子パーカッションかな。あの時はちゃんと前を見て歌えてた。ワンマンライブではちゃんとドラムセット型のやつでやるんだって。性格に合っているのか、女の子にしてはかなり思い切りよくバシバシ叩いていたのが良かった。
Aira Mitsuki公式サイトでもドラムを叩いてるPVがストリーミング中。
http://www.airamitsuki.com/top.html


もっと楽器を自分でがんがん扱うようになって、ミュージシャン然とした人になっていけば生き残りも望めるかもしれない・・・などと考えつつ。



そうそう、CHIX CHICKSは8月にニュー「シングルDVD」発売だそうですね!
それに伴うイベントもきっとあるだろうと、今から楽しみです。
50-1.jpg
ジャケットを見るに、おしゃれでかわいいけどどうやらもうテクノ路線ではなさそう?
私が見れなかった緋子さんは療養のため脱退してしまったそうで(一時的な体調不良じゃなかったんだね…)、ほんとに色々スリリングなグループです。
http://www.chixchicks.com/index.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/75-36e7d697
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。