上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼっけえ、きょうてえ ぼっけえ、きょうてえ
岩井 志麻子 (2002/07)
角川書店

この商品の詳細を見る



美人で人柄の良い大好きな先輩がお仕事で岡山に行ってしまいます。さみしいわ・・・。
そんな時期にちょうど読んでました。岡山の怖い話4連発、岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ』。

読んでて「怖い、怖い、眠れない」っていうほど怖いわけではないのですが、
なんというか、人間の奥底にこういうゾッとするものが潜んでいるのかな…みたいな怖さがあります。

あとから思い出しても顔をしかめたくなる・・・ゾッとする。

しかしホラーといえどこれは文学ですね!文章の質が高い!
それでもってとにかく面白いんですよ。「うわあやだあ…」と思いながらも先を読みたくなっちゃうほどに。


そんなに怖くないから、独りで真夜中じっくり味わうことをおすすめしますよ。・・・けっけっけ・・・w

しかし・・・岡山っていいところなのかなあ。個人的には行ってみたいけれど…。
転勤する先輩にはあまり読んでほしくないかも;;







すいません勢いで書いた恥ずかしい話を消しました
ぐああああ;
スポンサーサイト

コメント

なんだか幸せそうでなによりですな(*´∀`*)

岩井志麻子は、作者のインパクトがやたら強いよね…。
転勤祝いには向いてなさそうだw
>鹿子たん

ごめんわすれてくれ!!

志麻子ねー; 作品読む前に作者が面白すぎるってどうよwみたいな・・・
岡山はきっといいところだよ!!

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/8-1a54ed48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。