説明もなくいきなり、ボンと載せてしまったので、ちょっと書きます。


Perfume小説は、最初は遊び半分、自己満足のためだけに始めたものでした。それが、いつの間にかとても大事な作品になったので、ここに載せることにしました。
始めたきっかけは、『GAME』というアルバムが本当にコンセプト的に面白く、色々な解釈ができるCDで、その中で「2期制の連続アニメ番組」という解釈を思いついたのが、自分の中で盛り上がり、実現したくなったことです。


最初は、上に述べたまでのつもりでミクシィで書き始め、「これファン仲間のみなさんなら喜んでくれるかもなあ」、という気持ちでファン同士のコミュニティで宣伝して、読んでもらっていました。
今まで作品や表現を褒められることは仲間うちで多少あったけれど、作品を「喜んでもらえる」ということはなかなか無い経験だったので、思いがけずその感動を(ほぼ)初めて経験することになったのでした。


さて、ここからはとっても個人的な話になりますが、
4月から社会人デビューをして、初めて正社員として働き始めたのですが、そこがあまりにひどいブラック会社でして……まあ、最初のうちはそれを強く感じるようなことも少なかったのですが、6、7月頃になると激務薄給の現状が顕著になってきて、体調は崩すしで、ひどい状況になっていました。
会社に通うことがもう限界と感じることも多くなり、電車の中で学生を見ては羨んでしまっていました。

そんな中で、この一連の作品を書くことは、本当に楽しくて、これが自分の生きがいなんだと強く実感できました。休憩と称してトイレに携帯を持ち込み、隙を見ては書くというほど、これだけにただ夢中でした。

人は不本意な環境にあってはじめて自分の生きる糧を知ることがあるんだなあ、と思いました。
遊びで始めたはずのこの作品が、私は本当に小説を書くために生きてるんだ、ということを教えてくれました。


私が小説を書くということがどういうことなのか――自分自身の書きたいことと、ひとに向けて届けたいこと。
そういうことを、この作品を通して知ることができました。


9月からは新しい、環境の良い職場で小さいながら記事を書く仕事をできることになりました。
それでも、こうやって教えられた小説への思いをなくすことはないだろうな、と確信的に思っています。


しっかし……やっぱり、Perfumeと同じ時代に生きててよかった~^^

Perfume小説 ・ 『 GAME~Perfect Sence/Perfect Sphere 』を読む
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/85-f2c55c98