上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これはちょっと興奮した。
Perfume×SCANDALジェンガトーク。

SCANDALをはじめてテレビで見たとき、「ポストPerfumeになるのはテクノアイドルじゃなく、こういう方向から出てくる人たちなんじゃないか」と思ったので、MusicJapanで共演してけっこういい感じで話しているのを見るだけでも、かなり盛り上がる気持ちがあったんだけど。
まさか本当に仲良しになってくれていたとは~、超可愛い~vv(ただのミーハー)

誌面で本人たちも言っているように、両者には似たところが色々とあると思う。
ここではあえて、本人たちが言わなかった共通点をあげてみると…


・まじめ
というか、きまじめというか、くそまじめというか…。
「オリジナリティー」とか、「自分なりの何かを」とかっていうことよりもまず与えられたものを、とにかくストイックに取り組む感じ。
SCANDALも、Perfumeみたいに「そこまでやるか!」と笑っちゃうくらいの感じになればもっと魅力が出てくる気がする。滑稽なものにこそやっぱり魅力があるということに気づいたらさらに強い。Perfumeの強さはそこだな、と。自分らで自分らの「そこまでやるか!」なまじめさを笑い飛ばすまでになれるか。

・生々しい
動画での盛り上がりが最高潮に達してた時期のPerfumeは、かなり生々しかった。今はそれを飛び越えてプロフェッショナルの域に達してしまったけれど、落っこちそうなほど狭い店内の特設ステージで、やたら全力で完成度の高いダンスを見せる女の子たちは、ほんとになんかすごかった。
SCANDALの生々しさに関しては以前も語ってるけれど10月25日、SCANDAL・お台場メディアージュ、当時のPerfumeに通じるものがあると思う。

・「本物orニセモノ論」が展開されるパターン
アイドルかアーティストか?とかね…!ジャンルとか「本物の音楽かどうか(意味不明)」とか、どっちもいろいろ言われるタイプだよなー。どうでもいいですけどねそんなことは(笑)

・「夜もヒッパレ」系グループ
今さらその名前…!と自分でも思うけど、本当にこれがいまだに好きなんだと思う私。
自分らの曲以外で、「なんかショー的なステージをやらせよう」ってなったときに、しっかりそこで面白いものが出来る人たちが好きなのだ。最近夢中な CHIX CHICKSもその類に当てはまるだろう。
Perfumeはアクターズ仕込みなので、実は歌もけっこうちゃんと歌えるし、今あの番組があって出演してたら相当面白いこと出来たと思う。 SCANDALはバンドver.アレンジでだいたい何でもできるし、たまに踊って歌わせてみてもけっこうしっかり出来るんだと思う。

・しかし結局、多幸感
テレビに出ている彼女たちはどちらも、いわゆる「バラドル」みたいに、笑いを取ろうとするわけじゃない。
トークでの自己主張もあんまり強くない。
しかしなんか楽しい。「みんなでこういうことやって、誰々がこんなことやって超笑ったー」とかいう話をキャッキャ語るだけでもう十分。
この多幸感はどっから来るんだろうか? いい子たちだから? 可愛いから? 面白いから?
もうこれについては、言葉で理由をつけることにこだわらなくてもいいんじゃないか。
考えるな、感じろ!ってか?

ということで、多幸感たっぷり、さすがやってくれたTVBros。

12/26号

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sanpoapril.blog104.fc2.com/tb.php/99-3bff43bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。