上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「恋して音楽に深みを」=長官表彰で辻井さん-文化庁

7月6日17時12分配信 時事通信

 米国のバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さん(20)が6日、文化庁で青木保長官から国際芸術部門の表彰を受けた。同部門の長官表彰は6人目。表彰後、「もっと人生経験を積んで、深みのある音楽をつくっていきたい。恋をしたり本を読んだり、積極的にしていきたい」と抱負を語った。
 辻井さんは「移動のときなど声を掛けてくださってうれしいが、優勝の重みも感じている。友達と気軽に食事に行けなくなった」と、生活が一変した様子を明かした。音楽で子どもたちに伝えたいことはと聞かれると、「楽しんで聴いたり、演奏したりしてもらいたい。同じ障害を持つ方たちに勇気を与えたい」と答えた。

-----------------------------------------------------------------------------


3年ほど前に辻井さんのコンサートに行って、2005ワルシャワ国際コンクールの演奏CDを買ったのが最近のじまんです(笑)

いやほんと、初めてテレビで見て知ったときはまだ彼が中学生のときだったし、コンサートのときも17歳とかで。
私の中では「少年ピアニストの辻井くん」だったので、「辻井さん(20)」っていうのに驚いちゃったりしました。

まあそんなことはどうでも良くて、この記事を見て、美しい音楽をやる人の言葉はやっぱり美しいな、と思ったって話です。


彼の演奏は、昔よりきっとすごく表現力は増しただろうけれど、ずっと変わらないのは、「少年らしい」ところだと思っています。
ピュアで頼もしい。
彼の闇の世界にはキラキラと無数の星が輝いているはずだ。


きれいごととか言うけれど、希望と勇気はやっぱり大切だと思う今日このごろ。
あまりの目の疲れに会社を欠勤した。
言ってしまおう。あんな会社、行きたくない。
2009年5月9日。
忌野清志郎アオヤマ・ロックンロールショーに行ってきました。

…………半日がかりで。

いやあ、4万2千人来たそうで。
6時間並びました。あんなすごい行列初めて見ましたよ。

駅を出てすぐに誘導係の方が「ファン順路」という看板を持って立ってまして。誘導された先は、公園の広場のような場所。
2009050901

ここで、2時間ほど動かず待機。

で、動き出したと思ったら行列がどこまでも……
2009050902


どこまでも……
2009050903


どこまでも……
2009050904


どこまでも……
2009050905


どこまでも……
2009050906


……どこまで続くねん!!!



ちなみに向こう側の歩道の行列をずっと撮っているのは、行列用の順路が、周辺の道をずーっと行った先で折り返してくる×2回ほど、となっていたせいです。

で、どこまで続くかと思ったらここまで続いていた、青山葬儀場もとい、「アオヤマロックンロールショー」会場。
2009050907
2009050908
2009050909

清志郎のオリジナルキャラクターがでっかいバルーンになって光輝いていました。
並んでいる敷地内には清志郎の名曲たちが大音量で鳴り響きます。
笑ったのは、お花やプレゼントを持参した人用のプレゼント受付で流れていた音楽。RCの『ファンからの贈り物』という曲なんですが、その歌詞がこれです。


贈り物をくれないか あとで楽屋にもってきて
もっとたくさん もっとすてきなものを
彼女にプレゼントするんだから

ファンからの贈り物 どうもありがとう ×3
――あの娘もきっとよろこぶよ

贈り物をもらったら ぼくがあの娘に贈るのさ
つまらないものは ゴミ箱に捨てるぜ



初めて聴いたときも大いに笑った曲だけど、まさかこの場所でかけるとは!
それまで涙ぐんでいたファンたちも、プレゼント受付のテントの前を通るときだけニヤニヤしていました。
なんともいえぬヤラレタ感。粋だ。


式場内も撮影OKだったのですが、あまり高性能の携帯じゃないので雰囲気だけ……
2009050910
紅白の垂れ幕が祭壇をかざっていて、中もぐるぐると順路に沿っていかないと前までたどりつけないほど、人だらけでした。

献花台にお花をそなえて、式場から出てきたところに、いろいろ写真などかざってありました。
2009050911
なぜかこの前に来たときになって、声をあげて泣いてしまいました。

その先のテントのところで、しゃがみこんで一人でわんわん泣きました。
今となっては、なぜあんなに泣けたのかわからない気がするし、それが当然のことのようにも思える。わたしにとってそんなに彼が大きな人だったと、自分でも自覚していなかったのです。


初めてショックを受けたのは、『FULL OF TEARS/涙あふれて』だった。

涙あふれて 歌ったら
きっとみんなは 喜ぶだろう
だけどあの娘は 僕が泣くのを
とても嫌がるのさ

この歌詞に、負けた、と思った。
いや、負けたというよりは、この言葉にはかなわないと思ったのか。
こんなすごい言葉を私は書けない。びっくりした。


『雪どけ』にも強く感化された。

君の優しさは
言葉では 言葉では 軽い
ぼくの したこと
ユーモアに ユーモアに してしまう


こんな言葉を生み出す人に会いたくなって、初めてライブに行ったのが2006年の夏、日比谷野音。
最高に楽しかった。そして、大きな愛に包まれているのを感じた。
一番後ろの立見席にいたのに、そこまでしっかり、会場全体を、彼の愛が包んでいた。
こんな人がいるんだ。

2007年の夏は、友達を誘った。でも、ライブは中止になった。清志郎が喉頭がんに侵されたため。

そして、2008年、復活の武道館。
「愛し合ってるかい?」
この言葉に、はっきりと応えられなかった。
もっとちゃんと、向き合わなければ。愛し合わなければ。また胸に大きなものを残した。


最近になって、人と傷つけあってしまったり、苦しいことがあって、また彼の曲を聴きなおしていた。
アルバム『シングルマン』。
『やさしさ』『ぼくはぼくの為に』『ヒッピーに捧ぐ』『うわの空』『甲州街道はもう秋なのさ』
やさしさを、ひとのためと自分のためを、たくさん間違った私に、突き刺さるようだった。

ちょうどそういうときに、彼の訃報が届いて、一番必要としているときに私は置いていかれた、と思った。



でも、違った。
この日、よくわかった。

彼は死んでいない。
私は今までいつかきっと会えると勝手に思い込んでいたとおり、これからも思っていていい。
いつか、私はきっと彼に会える。

みんなの心の中に生きているなんていう、小さい話じゃない。

彼は、音楽そのものになった。
詩になった。
言葉になった。
LOVE & PEACEになった。
世界になった。

生きている。

彼の同年代の友人たちがまだまだ若さと老いをもてあます迷いの中の人生を歩んでいる。
そんな中で、彼だけはもう、そんなものに、なれてしまう。
これはすごいことだ。
彼じゃなきゃ、そんなふうにはなれなかったんだから。


いつか、私はきっと彼に会える。
そこまで辿りつける日が、いつか必ず来る。

見えない未来に夢をいだき、今を生きる。そんな生き方をしよう。そう思っている。

ずっと夢を見て いまもみてる。
ずっと夢見させてくれてありがとう。

2009年は私の人生の、大切な年のひとつになる。
ヒーローは死なない、というお約束がある。

ヒーローはみんなのピンチに必ず助けに来てくれる。
どんなに追い詰められても最後にはドンデン返しで生き残る、死なない。


そう、例えるならヒーローだ。
それも、たくさんの人にとって、「自分にとって特別な、大好きなヒーローなんだ」と思われるような素敵なヒーローだ。

子供たちはみんな、ヒーローの言葉にしびれた。
自分ではうまく伝えられない気持ちを言ってくれる。過激に見えるけど、ほんとは底抜けにやさしい、ユーモアのある言葉で言ってくれる。
気付かなかったことを、さりげなくさりげなく、教えてくれる。

ふだんはちょっとシャイでおとなしいはにかみ顔だけど、戦うときには目がらんらんと、体も光り輝いて、遠くにいてもそのやさしさで包んでくれるほどに最強だった。



そんなヒーローが死んだ。


そんな馬鹿な。
彼が死ぬわけないじゃないか。
彼がこの世界にもういないなんて、嘘に決まってるじゃないか。



ヒーローと一緒に私も死んだ気がする。
生き返るまで、時間がかかる。
受け止められたら、生き返れるのだろうか?



いつかあなたに会えると、なぜかほんとに信じていた。
夢の中の夢のような話なのに、ほんとに信じてた。


ずっと夢を見て安心してた……


忌野清志郎が死んだなんて、嘘だろ
そろそろ書かないと忘れるので(笑)

サマソニ08、東京1日目に参戦してまいりましたので、レポりたいと思います。


会場到着がちょうど9時ごろ。9時じゃ遅いんですかね…!?
Perfumeファンの人の多くはもっと早くから並んだりして頑張ったらしいです。
でも無事フェス限定のPerfumeグッズ(キャップとTシャツ)ゲットできました。帽子好きの私にはたまりません。普段からかぶって歩きますw

しかしグッズ売り場わかりにくくて探しまくって汗かいた上に、売り場に並ぶ列もハンパない;;
オープニング・アクトでDANCE STAGEのTHE CHEF COOKS MEを見ようと思っていたのですが、結局グッズ買い終えたら11時近くなっていました……もうとっくに終わっとる;




で、ちょっと腹ごなしをして、11時ちょっと過ぎ頃、Perfumeの出るDANCE STAGEを覗いたところ…

え!?なんでこんなに人いんの?(゜ω゜;)

始まるの12時半で、真ん中辺りまで人が埋まってるって;
10時のオープニング・アクトの後は何もなかったはずなのに。

12時頃登場したMCの人がまず言ったことには・・・
「人が入りすぎて、今本当に危険な状況なので、絶対に押さないで」
だと・・・笑
いやいや、「本当に危険な状況」になる前に、入場規制ってかけるもんじゃないの?;;とか思いつつ。
その頃には真ん中辺にいる私のところまで全員スタンダップで詰め詰め状態。後ろなんてどうなってるのかさっぱりわからない。
でもこのまま自分の位置でみんな飛び跳ねたりしてれば、なんとかなるかな……と思いましたが、

そんなことあるわけないですよね・・・

ライブはモッシュしてなんぼだと思ってる人もいるんでしょうけど……まあ、そういう人はいつも前の方で騒いでる分にはそんなに問題ないと思いますが、将棋倒しが前から後ろまで続く危険性さえありそうなこの状況でそれは無理ってもんだって;

でもまあ、あちこちで小さい将棋倒しが起こった程度で、大きな怪我人も出ずに済んだみたいです。気分が悪くなっちゃった人はいたみたいだけど、周りの人がちゃんと助けてあげたみたいでよかった;
どうやらあまりに危険なので1曲カットになったらしいけど。
今回ばかりはモッシュした人が悪いというより、最初に人入れすぎたミスではないかなあ;

・・・まあサマソニの運営は甘いので有名らしく、全然改善されないとの話なので、運営に苦情言うより自分がかしこくなる方が得策だと上級者の方に言われました。
たぶんそのとおりなんだろね;w 来年も参戦できたらもっとかしこく立ち回ろうw

そんなわけでPerfumeはチラっと見えた瞬間が何度かあった程度・・・まあ音に乗ってひたすらぐちゃぐちゃに飛び跳ねるのもいい経験・・・?w終わった頃には体中、靴の中まで汗でびっしょびしょでした。ホント死ぬかとおもた・・・・・・

あ~ちゃんが「撮影は禁止ですからね!」とキッパリ言い放ったかっこよさと、のっちが「周りの人敵じゃないですからね!仲間ですからね!」と呼びかけたピュアさに感激したのは収穫のひとつかな?


で、そのあとのDANCE STAGEのYELLも見ようと思ってたんですが、もうDANCE STAGEに居続けることさえ辛いかんじだったのでRiver Side Gardenに退却。




River Side Gardenはキャンプ村に隣接して、海が見えるスポットに作られた小さな野外ステージ。
ここが隠れ家的で超ステキ。
野外だけど海風が吹いてけっこう涼しいし、アンビエントとかナチュラル系の気持ちい音楽をやる日本人アーティストがいっぱい出てきて。しかもそれが意外なほどに超ハイレベルな演奏。
ほんと数える程度しか人集まってないのにw
近くの野外Barのおっさんがけっこういいかんじの人だったし、そこのからあげがめっちゃ美味。他にもモヒートが売ってるお店もあって、ミントとライムが涼しげで最高。
芝生の上なので、靴も脱いじゃってくつろいでました。

でもそこに着くまでがかなり迷って、13時の大橋トリオは最後の1曲くらいしか聴けなかった……;
とにかく会場の案内が少なくて、ほとんど簡略化された地図を頼りに歩かなきゃならない。しかも途中でスタッフの人に行き方聴いたら、「えーっと、どう行ったらいいんでしょうね???」みたいなwwwオイwww

で、結局疲れたので次のリトルキヨシトミニマム!gnk!が終わるまでそこでくつろぎました。
ちなみに1日目はマイナーな名前が多かったけれど、2日目はキマグレンや二階堂和美なんかも出てたらしい。キマグレンのときはさすがにあそこももうちょっと人入ったかしら?




で、ちょっと回復してきたので髭(HiGE)を見にISLAND STAGEへ。

いやあ、髭、ウエンツ瑛士の映画の主題歌の人という認識しかなかったんですが(『キャプテントキオ』、映画は微妙?と思ったけど泉谷しげるとサントラがとてもいい)
いやあ、髭いいね!髭!
ライブで聴いてくると、めっちゃロックなのに、なんか胸に迫るものがあるくらい熱くてよかったですよ。


しかし正直Microも見てみたい。後ろ髪ひかれつつ退却・・・
BEACH STAGEに向かいました。

……BEACH STAGEもちょっと探しちゃったよ。会場に続く道への入り口にアーチがかけてあって、それ、すぐ側にあったんだけど、なんかオサレにロゴがいじってあって「BEACH STAGE」が読みにくいっつうの;企業ブースとかも多いので、埋もれちゃって、わかりにくい。




Microは、なんか、思ってたよりふつうでした(笑)
レゲエ好きにはたまらないのかもしれないけれど、堅実ないい演奏をしてる感じ?『おせん』の主題歌とか聴いて、もっとクレイジーなのを期待してしまってました;


で、今から行けばTHE KILLSがギリギリ見れるんじゃないかと思い立つ。
ホントだったらそのままMARINE STAGEへ向かうつもりだったんですけどね。KILLSはメッセ側だから遠いんですよ。

でもがんばって歩いてSONIC STAGEへ。よおし、KILLS最初から聴けるぞ、……と思ったら。

機材トラブルで遅れますって……

結構20分くらい待ったんですが、MARINE STAGEでのPanic at the discoの時間が迫っていたため、退散。




マリン側までバスで移動して、ちょっとISLAND STAGEのJOHNNY FOREIGNERを覗く。
女の子かわいいなあ。全体的にキャンキャンしてて盛り上がってかわいく楽しくクレイジーな感じでした。




で、MARINE STAGE、とうとうPanic at the discoです。今回Perfumeの次にお目当てにしてました。

最初後ろの方にいたんだけど、盛り上がり足りなくなってやっぱり前方へ移動。っていっても全体からしたらかなり後ろだと思いますが。
千葉マリンスタジアムはさすがにでかくて、ステージの上には大画面。そこに映るは、ブレンドン・ウーリーの美貌。(笑)

いやあ、全然Panic at the discoのビジュアルなんてノーマークでしたよ。MYSPACEで聴いてきただけだもん(笑)。ハンサムだねえ、あの人。びっくりしたわ。若干わたしの好きな動物ウエンツ瑛士くんに似てる感じがして、良かった(←なにがwww)

ライブもめちゃくちゃよかった~。なんていい曲を書くんだろうねー、あの人たち。ブレンドンの声もすごいけど、全員が歌えてハモリも素晴らしいあたり、はっぴいえんどやシュガーベイブのようなかっこよさを勝手に感じました。
最近日本にはあまりそういう形体のバンドないですね。あっても超マイナーだったりしてね。




そのあとまたメッセに戻り、骨付き肉とビールを地べたに座って食うという、原始人のような食事をしてから、THE FRATELLISを聴きました。
いいねえ、すっごい盛り上がる。超かっこよかったです。CDこんど借りてこよう。




で、FRATELLSのあとは、MOUNTAIN STAGEのSEX PISTOLSに走りました。

やべー!!やべー!!!あれは怪物だ!!!
やっぱ大御所の実力は伊達じゃなかったっすね。
ジョニー・ロットンとかめちゃくちゃ見た目変なオヤジなのに、かっこよすぎるだろ。圧倒的な迫力。正直、今回私の中ではベスト・パフォーマンスでした。
もうジョニー・ロットンが声出すだけで、あれだけでかいMOUNTAIN STAGEの会場の温度が一気にあがるっていうか。次から次へと、引き寄せられるように、前に出て行く人たちが私の横を通り抜けて行くのが面白かった。




でもPAUL WELLERもやっぱ見たかったので、後ろ髪惹かれつつSONIC STAGEへ。
やっぱりSEX PISTOLSの呪いが効きすぎててちょっと薄く感じてしまい、もったいなかったですが、超ダンディーでかっこよかったです。ビジュアルがもっと見たかった。かっこいいおっさんってちょっと鳥肌モノだよね。若造にはない人生の重みがダンディーすぎ。

そこで、今急いで行ったらまだ間に合うかもしれない、と、走ってバスに飛び乗り、MARINE STAGEへ。




THE PLODIGYです。
あれもやばい盛り上がりだった!もうみんなヒューヒュー、キャーキャー叫びまくり、踊りまくり。
シャウトの声が、なんかテンションあがりすぎるの。これも今度CD借りて(ry

2回目のアンコールがかかったけれど、さすがに2回は無いようで、盛大にマリンスタジアムの花火が打ちあがって終了。

で、もう係員のアナウンスも駅への道だとか帰る人用になってるところなのですが、私は人波を途中
からはずれて、またあのRiver Side Gardenへ。




実は、ナイトプログラム以外で一番遅くに開演するのは、リバー・サイドだったりして。もう全プログラム終了したあと、21時半からの、WHY SHEEP?

これがまた癒し系でよかった~。夜景とロウソクの灯りとオーガニックな雰囲気の演奏が、夢心地。
途中急にポリリズムの一部分がループしてスリリングなDJサウンドになっていったのもまたおもろかったです。
でもちょっと体が冷えてきたので、1時間くらいでその場を後にしました。




ほんとは深夜プログラムのpez'mokuもめっちゃ見たかったんだけど、それを見るとどう見積もっても終電逃すし、オールナイトで頑張るほど体力も気力も残っていなかったので、泣く泣く帰りました;
なんでpez'mokuが深夜なんだろうね??メインプログラムで全然イケルでしょう。やっぱ深夜の方にも目玉が必用だったのかな?


そんな感じで、まあタップリ楽しんできましたよ、サマソニ。
所々運営への不満がちりばめられておりますが、それ差し引いてもお腹いっぱいです。もうちょっとだけ頑張ればいいだけなのにね、サマソニ。

いつかライジングサンも行ってみたいなあ。日の出を見るのに憧れるなあ…
気がついた頃には気分は完全に夏でした。

WARPWARP
(2001/02/07)
JUDY AND MARY

商品詳細を見る


というわけで夏が来れば聴きたくなるアルバムその1。

『Rainbow Devils Land』でロックに幕が開け、
『Brand New Wave Upper Ground』、『ラッキープール』ど真ん中の夏曲で気持ちよくなって、
間には『PEACE』、『あたしをみつけて』夏の宵の、幻想と夕闇のセンチメンタル、
『LOLLIPOP』、『Sugar cane train』の糖度高めかつ胸に痛いJ・A・M18番「甘苦」ナンバー、
ここまでだけでも完璧だけど、さらに
『カメレオンルミィ』、『motto』で思いっきり弾けるのも忘れずに、
最後は『ガールフレンド』から『ひとつだけ』で、熱くて切ない夏の風が吹きぬけて、お別れ。

解散と同時に発売されたこのアルバムには、「さよなら」の空気が爽やかに吹いている。鮮やかにきらめいている。
夏発売でもなく、そんなコンセプトでもなかったはずのこのアルバムだけど、JUDY AND MARYの「さよなら」は、きっと「夏」に似ていたんだろう。
<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。